♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
親族と来賓者、そしてお焼香のみで来たの方もすべて終わり、いよいよ出棺です。

親族が法師に祭壇裏に呼ばれ、祭壇裏にある部屋の真ん中に置かれたアマーのお棺を中心に、一列の輪になって念仏を唱えながら周囲をぐるぐる周ります。

そして左右二手に分かれて跪いて、白色の手ぬぐいを縛ったアーコン側の代表者がトンカチをもってお棺の四方に釘をあてる仕草をします。

長男(伯父)が最後にお棺に近寄り、別れを告げて、法師の親族との対話が台湾語で始まりました。


法師 「アマーは貴方達に幸せな時間を与えてくれましたか?ウーボー?(有没有)」
親族 「ウーア!(有a!)」

法師 「アマーは貴方達に対していい人生を与えてくれましたか?ウボー?」
親族 「ウーア!(有a!)」


対話が終わり、いよいよお棺をリムジンに載せるわけですが、最後の最後に親族皆で台湾語の別れの言葉を叫びました。
そして火葬場へ移動です。

先頭にあるのはアマーの名前を背負った、花をたくさん付けた車です。
次にお棺が乗るリムジン、その次に楽器演奏しながら走る黄色い花だらけの車。(たまに台湾でみかける賑やかなアレです) その次に私達親族がバスで追いかけます。

火葬場につくと、葬式にいい日取りだった為か、狭い間隔で沢山の遺影が並び、大声で念仏を唱える僧達と親族がズラリ並んでいます。

そ、そんなに大声で経を唱えなくとももいいのに、、、というほどに大音量。まるで、さながら坊さん同士の戦いのようにも見えました。^^;

宗派も沢山ある台湾、それぞれ譲り合って休憩を取りながら、読経が終わるのを待っていたようです。

しかしびっくりしたのは、若くして亡くなられた方の遺影が多かったこと。事故が多いと聞いていましたが、これにはちょっとショックを受けました。

お棺を火葬に入れる瞬間も酉年の者は見てはいけないと言われ、私達は背中を向けることになりました。これも前回書いたように、その時間の時沖の(時間の生肖)関係だと思います。

p1010680.jpg
伯父が前もって皆に見せてくれた特注の骨壷。(もちろん空)、アマーの写真、名前等が刻まれています。大理石よりももっとレベルの高い石だとか。


お骨拾いの為に伯父達を残して、火葬を終えた親類は葬式用の法衣を脱ぎ、右手首のリボンを解き、アーコンの家に戻って食事会です。

家に入る前に、おそらく除霊のためだと思うのですが、お札を燃やして、バケツの中の水にその札を放りこんだ「浄水」で親族みんなが腕まで清めなければいけません。伯父さんは頭まで清めていましたよ。これって、いわゆる日本の「清め塩」と同じ行為だと思っていいと思います。

葬儀が終わってほっとしたのか、アーコンも87歳ですが、ガンガン酒を飲んでワイワイと楽しんでおりました。

後になって聞いたことですが、アマーは実は童養媳 (トンヤンシー)だったようです。

童養媳とは、中国の家庭で昔は比較的よく行われていた風習の一種で、 貧困を理由に子供を育てる事が難しくなった家庭が、娘がまだ幼女の頃に、男の子のいる裕福な家庭へ養女として出し、年頃になるとその家庭の息子の嫁になるという女性のことです。

(家族同士の結婚では?と思ってしまうが、小さいころに実家庭の戸籍ごと新しい家庭へ移すため、戸籍上では問題は無い)
福建省では未だこういう風習がある地域があるらしいです。当時は、一家の息子が幼児のうちに将来の嫁を(言い方は悪いが)「買う」という形で行われており、男の子が多い家庭では面倒な結婚費用も節約できる、家事や仕事など家の人手としても助かることから、昔の人には一挙両得といった印象を持たれていたようです。

epsn0005_20080414235649.jpg
初めて祭壇の前に現れたアーコン


童養媳の問題は置いておいておいても、そう考えるとアマーは幼少の時分からアーコンと共に約80年近くも一緒に過ごしていることになる。

80年・・・。


私達夫婦が80年共にいると110歳以上まで生きねばなりませんが、
たった3年でさえも、まともに暮らせなくなっている夫婦がいる現代人が聴くと、まさに気の遠くなるような時間です。

だから、残されたものの悲しみも深く、深く。。。。。 

今回台湾の葬式にトータルに参加し、頭に巡ったいろんな思いがありました。

それは人生の最後、あの世に送る最後の儀式というのは結婚の何倍も大事なのだ、ということです。

われわれ女性にとっては結婚が「終身大事」というけども、人間にとって最後の葬儀こそが、正に終身の大事なんではないかとも。

最初は火葬まで一ヶ月以上もあるのを「奇怪ねへ」だと思ったけど、
それを身をもって経験してみれば、実はその見送るまでの長い期間に、残された遺族はゆっくりと時間をかけて心を癒すことができ、悲しみの深さも段々調整できる・・・・そんな時間でもあったと思います。

確かによく考えてみれば、大事な家族やパートナーが亡くなり、亡くなったことも信じられないまま、たった3~4日間で灰になってしまうのは、なんと遣る瀬無いものではありませんか。


最後 姑ピン子ママに

「私達の時はこんなことしないで!もう超快速1週間でヨロシクね!お墓は引き出しタイプの簡単なやつでいいから!」

と頼まれましたが^^;、ほんと、あの世へ行っても節約&クイックリーなのねん。^^;

やっぱり「葬儀」って一生に本当に一度のこと。

結婚なんて何度もできるけど葬式は絶対にやり直しがきかないのだ。ピン子ママにそう言われても長男の嫁としてちゃんと挙げるつもりだ。

逆に自分の親が亡くなった時もこの伯父のように、ちゃんと準備してあげられるのだろうかと、 色々考えてしまいました。 (正味それほどお金があるだろうかとか)


そういえば、台湾は身内の葬儀があると、会社から数日~6日間の公休が貰えます。(勤める会社から会場へ奠儀(香典)と敬輓のお花が届きます)

だから台湾では親族もあせることなく、十分見送ることができるのですね。

海外にすんでいる家族は参加できなかったものの この日は黒い服を着て喪に服したといっていました。

今回のアマーの葬儀、日本人嫁の私にとっても非常にいい経験になったと思います。

長くなってしまいましたが読んでくださってありがとうございました。


注:こういった写真に不快感を示される方もいるかもしれませんが、参加できなかった国外の家族、日本の家族が見れるようにとの意向で載せたことをご了承ください。写真は全て家族了解済みの上で撮られたものであり、こういった長寿で亡くなられた葬儀の場合は撮影はOKで皆さん撮っていました。


にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
関連記事
2007.06.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/172-14f179c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。