♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
夫の祖母が4月末に永眠してから一ヶ月が過ぎました。

p1010655.jpg

ようやく先週の金~土曜日の二日間にかけて告別式を含めた葬儀が執り行われました。

台湾は亡くなってから火葬まで1ヶ月も期間がありますが、仏教系の台湾家庭では至って普通の風習です。

それまでの間に故人に面識のあった人たちがゆっくりと最後の別れに訪れます。仏教の考えにおいては、死後何日か毎になると、故人の魂の位(くらい)が上がっていき、順を追って告別式まで讀経を行う為でもあります。

p1010650.jpg
上に位が書かれていて、泰山王の時に火葬して送る。


とはいえ

「そんな長いこと遺体を置いてどうするの??腐るやないの!」

と日本の母親がびっくりしたのも、無理もありません。^^; 日本では亡くなってすぐに葬儀されますから。

アマーは冷蔵タイプのガラス棺から、本人の一番気に入っている服を着せられて、木棺に移されます。
木棺に移ると隙間をすべて埋めるべく、釘で四方八方打ち付けられるので、ご対面することは出来ません。
棺は祭壇の後ろに設置されたスペースに黄色い布で囲まれ、誰にも見えないように告別式まで置かれていました。

img_2531.jpg   p1010653_1.jpg
木棺の中に収められたお札で作った元宝(右)と、棺の上に掛けられた赤い布に貼る蓮の花(左)。 どれも極楽へいくのに困らないため。


宗教や宗派、またそれぞれの家庭によって葬儀の仕方は違うと思いますが、今回は夫である祖父(アーコン)の意見を第一に取り入れて、仏教に基づいた台湾の伝統的な葬儀方法で執り行われました。

私は今までこちらの葬式に出席したことが無かったので、親族として参加することに非常に不安でしたが、すべてが無事に終わってから思ったのは、思っていたよりも、めちゃくちゃ複雑だった!
という感想です。

こちらでは長男や長女、長男の嫁等、それぞれ置かれる立場によって葬儀の役割が分かれており、その都度覚えることが多くて大変。

それは告別式の前に行われた、故人の息子達と娘達が代表となって別々に行った法事から始まります。私はアマーの次女であるピンコママ側の息子嫁ですから、叔母さん達で行っていた法事に参加したのです。

この法事の段階から、喪に服する服装に着替えるわけですが、台湾伝統的な葬儀方法では、白い頭巾を頭に付け、白い服の上から麻布で出来た服を身に纏い、白い靴に白い靴下をまといます。(又故人との関係によって服装が変わる)

untitled_20080414181018.jpg:写真は参考資料

祖父(アーコン)と義理の伯父達が話し合った結果、夏なので、着るものについては、そこまでしなくても良いということになり、上下を黒い服(暑いのでTシャツ、ポロシャツ等と黒ズボン)で纏め、その上から中国式の黒い法衣を纏うことにしました。

img_2527.jpg    img_25279.jpg

この他に法事、葬儀でしてはならない服装、格好を義父から聞きました。

目出度い象徴とされる 赤いもの は身に付けてはならず、髪が長い者はちゃんと纏めねばならない。

踵が少しでも高い靴は履いてはならず、黒い靴でも革靴はNGになる。(白いスニーカーはOKらしい)
いとこ達は夜市やスーパーで100元で買った(^^;)巧夫靴、いわゆる太極拳用の黒い靴を履いていました。


息子である伯父さんやその長男は、葬儀まで髭を剃ってはいけないようで、皆さんロマンスグレーのお髭をながーく伸ばしていました。伯父さん達、剃らないほうがずっと男前に見えたけど。

そして身内は皆、右手首に青のリボンを通した硬貨をくくりつけます。(長男の家系は白いリボンになります)
そして右腕に喪家を表す意味の喪章として小さく切った麻布を安全ピンでとり付けるのです。

img_2532.jpg


さて叔母さん達が行う法事の朝、お寺の住職と讀経の女性5人、そして演奏者1人がやってきました。
このメンバーと共に朝11時から晩1時まで30分から1時間の休憩を挟みながら何度も何度もお経を読み上げるのです。

演奏者??何を演奏するの?とお思いの方もいるかと思います。
仏教音楽をお聞きになられている方だと大体知っていると思いますが、読経に合わせてオルガンを弾き、楽器を鳴らすためなのです。

日本人が見ると、しめやかに行われるはずの行事でも、音だけ聞くと何かにぎやかに聞こえてきて葬儀の法事には見えないでしょう。^^;

身内でお経をずっと読み上げるだけ・・・といっても、ただ読むだけではありません。

僧の指示で、共に立ちあがったり又座ったり、線香を持って読経したり、膝まずいたり、お辞儀したり・・・・・・・・、百数十回も同じ動作を繰り返しました。 普段から腰の悪い義父は体の調子を悪くしてしまい、「私達の時はこんなことはさせないから」とちょっとブツブツ言っておりました・・・^^;。

img_2533.jpg

お昼は台湾料理のケータリングでアーコン家の裏ガレージに、簡易的円卓テーブルを作ってもらい住職や親族とともに食事をとります。

お坊さんは全員素食だと思っていたけど、この葬式担当のお坊さんは違うのか、バリバリ生臭ものを食べてましたねえ。^^;いいのかしら?

昼食が終われば、また長い讀経と「問いかけ」が始まります。

アマーは生前も台湾語しか喋れなかった為、中国語での葬儀では故人が聴き取れないと言う事で、全て台湾語のみで行われていました。

台湾語がわからない外国人には結構大変です。

儀式の途中、僧から座っている私達に対して台湾語で

「アマーはあなた達に幸せを与えてくれましたか?」

等の語りかけがあるのですが、遺族がそれに合わせて台湾語で返答する箇所がかなりありました。台湾語のできない私はしょうがなく口パクです。

お経は日本と同じ内容の「阿弥陀仏経典」だったのですが、それも故人がわからないということで、漢字を全て台湾語に変えて読むため、南無阿弥陀仏経を覚えている私が読んでも目で追うだけで精一杯。

それに、全てのお経が全て台湾語に充てることは出来ず、いくつかの漢字が仏教界で独自に造られた台湾語読みになっていました。これには台湾語に流暢な義父でも読めない字があって参ったよ!と後で話していました。

故人の子供達が男女に分かれてそれぞれ行うこの法事、詳しいことはまだよく理解していないのですが、私が参加した法事の時は、娘がが故人である母親に最後の食事を食べさせてあげるという儀式があって、豚、鳥、魚と共に別に12菜を作ってお供えしていました。

そして娘の法事は、泣かない長男達に代わって感情のままに激しく泣いてもいいという意味があるようで、最後に叔母さん達はお棺の周りでずっと泣いていました。

逆に娘のいない家庭では、泣く人をわざわざ雇う場合があるそうです。(そういえば知人でこういうバイト経験のある人がいました。^^’)

義父 「男はあまり泣いてはいけないというか、昔はそういう風習があった。それに台湾人は何かにつけて感情のままの人が多かったが、今では公にも泣かない人が増えてきたからね。」


法事の役割とはいえ、姑が号泣しているのを見ると、声をかけて慰めずにいられない。

嫁姑のわだかまりの気持ちさえも、この葬儀とともに溶けていくような気がした。


続く~

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

関連記事
2007.05.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/168-ab2a0862
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。