♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
夫Hが大好きな食べ物として挙げるもの

それは、猪肝粥。(豚レバーのお粥)

*ブタ=「猪」

焼肉や鳥の唐揚げ、牛肉麺と同じくらい彼が愛してやまない一品。


日本でレバーと言うと、牛も豚も気持ち悪いと言って食べらない人も多いですが、
内臓を使った料理が多いここ、台湾は好きな人が多いです。

幸い私は苦手ではなく、台湾の豚レバーもこちらでよく購入します。

豚レバーは牛よりも味は淡白で料理しやすいですよ。

中華料理、台湾料理は覚えられる内に覚えとこう!なのでいろいろと勉強してきましたが、今日はチープで簡単な猪肝粥・豚レバーのお粥をご紹介したいと思います。

用意するのは豚のレバー(必ず新鮮なものをつかって!)、白菜、中華セロリ、香菜、塩こしょう、鶏がらスープorコンソメスープ。


まず、私なりのレバーの臭みを取る方法です。

なるだけ食べやすい大きさに切ったレバーから出た血をよく洗って綺麗にし、塩を入れた冷水に浸けこんで冷蔵庫で暫く放置します。

p1010113.jpg

その後さらに冷たい牛乳を注ぎいれさらに暫く浸け置きです。

最後にもう一度冷水で洗っておきます。

(お粥が濁るのを防ぐためでもあるんですが)

p1010115.jpg

こんな感じに血もあらかた抜けました。


次に細く切った白生姜を、ごま油少々をいれた鍋で炒ります。
炒る事で生姜の持つ独特な香りをスープに移すためです。

p1010110_20080414143141.jpg

そして炒った生姜めがけて、スープを注ぎ入れます。

私の場合は薄い鶏がらスープを入れていますが、なければ簡単にコンソメでも良し、豚の骨スープでもよし・・・・・。

p1010114.jpg

その後、細かく切った小白菜(白菜の小さいバージョン)と中華セロリを入れました。もちろんお野菜もそれぞれの家庭のお好みで変わると思いますが、ここではピン子ママから教わった通り、台湾家庭風にしています。

それから茶碗二杯分のご飯を加え煮込み、煮立ったところでレバーをいれ火を止めます。

p1010117.jpg

濁りを防ぐため、最後にレバーをいれ、余熱で火を通す感じで仕上げます。

これは途中で出来上がったご飯を入れる簡単方法なので、粥というよりむしろ雑炊だね。w

味付けですが、スープ以外は塩少々のみ。レバーに塩味が十分付いているので抑え目にします。

味が足りない時には、台湾の「味の素」とも言われる「味精」をほーんの少し入れるのもOKですが、アレルギー持ちの方や添加物が嫌いな方は入れないほうがいいですね。

中国の及第粥にこういう粥があると聞いた事がありますが、その粥の中には豚レバーの他にも、魚や肉団子等、なんでも入っているらしいですよ。

p1010120.jpg

私の好みで香菜を散らしましたが、日本ならお葱をいれるでしょうね。

台湾人はスープや麺等に胡椒も結構使うので、最後の仕上げにダ○ショーの塩コショウをかなり振りました。^^; 

こうすると夫Hの家庭の味に近くなるみたい。

トータル時間も30分掛かりません。簡単でお腹が膨れるので夜食にもOKではないでしょうか。
関連記事
2007.04.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/156-7dff683d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。