♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先週は外で、朝早くから多くの爆竹が鳴り響いていました。

というのも、旧正月明けで商店や企業が初営業の開工拝拝店会社の前でお供え物を置き、線香を焚いて財神を迎える儀式)をしていたからです。

開工拝拝の後には、必ず爆竹を鳴らしますが、この長串鞭炮鞭炮串 と言われる爆竹、普通の爆竹とは違って、長く爆竹が連なって付いています。

一旦火を付けると下から上まで、連続で長いもので40秒程バンバババババッっとあの轟くような音が鳴り響くのです。
 
昨日も台北市の復興南路の道路を通ったら爆竹だらけ。煙で真っ白でした。



初めて目にしたときは、おお~中国映画でよく観たあの爆竹だ~!!

と少々の感動の感がありましたが、こう毎年至る所で鳴ってると耳を塞ぐのに忙しい。

多くの企業は、この開工と初出勤を同じ日にしますが、別々に分けているところもまだまだあります。

先週、家族で経営している会社の開工拝拝が行われたので、夫婦で手伝いに行きました。

陰暦表、または占いで会社にとって良い時間を調べて行われるのですが、毎回朝の5時半から始まるので、4時半に目をこじ開けて会社まで向かいます。

ここでまず準備するのは、神棚へのお供え物です。(拝拝の写真は撮ってはいけないようです)
たくさんのお菓子や果物、おつまみ、お茶等の飲み物を供えます。

朝早く会社の拝拝に来てもらった従業員とその家族一同が、まず一本づつお線香をもちお祈りします。
拝拝には人数が沢山いればいるほどご利益があるらしいので、こういった新年の開工拝拝には従業員のその家族も一緒にやってきます。

この日は50人名程いたでしょうか。

神棚前で拝拝した後、みなの線香を集め、会社の入口や各営業部に線香を置いていきます。工場に至っては、すべての機械に線香を一本ずつ供え、無人始動させるのです。

bakutiku.jpg


最後はお決まりの鞭炮でシメ。(写真上)

朝早く周囲には住宅もないので、気持ちいいくらい広範囲に鳴り響いてました。

寝ている人はきっと目が醒めてしまうでしょうね。笑

この爆竹串は長ければ長いほど、会社が長く繁栄するという意味があるので、開工の際はできるだけ長いものを使う企業が多いですね。

さすがにミルクは音の凄さにびっくりしていましたが。

その後、紙銭を燃やし終われば、従業員と家族の皆さんが一つの部屋に集まって新年のご挨拶をし乾杯です。

ここで振舞われる菓子や果物、飲み物は私とピン子が用意し準備。
毎年恒例の嫁の仕事となります。

早朝は(朝7時)本音を言えばコーヒーとパンで談笑したい所ですが、ここでは開工儀式のお供えものを食べることになります。

住み込みの外国人労働者も起き出して、新年の挨拶とともにお茶やコーラで乾杯し、卓に盛られたお菓子やつまみ、果物をバクバク食べました。

若い子も沢山いるのに、こんなに朝早くからよく集まるよな~~と思っていたんですが、やっぱりコレのためでもあります。^^

来た人全員に渡される紅包。   *紅包=赤い包みに入った祝い金

例え数ヶ月の赤ちゃんでも、経営者の奥さんでも、その家族でも、拝拝に来てくれた場合はちゃんと各自一人分の紅包が渡されるのです。(中身は200~300元ほど)

だから子供が沢山いれば居る程いい訳だ。w

社長が紅包を渡し終わるや否や、誰からともなく帰って行くところが台湾ぽくて面白かった。

関連記事
2007.02.27 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。