♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
~続き~

『 50年前から現在に至って豊かになった先進国の中で、日本は88位で、アメリカでさえも10位以内に入っていない。
 これら一般的「富める国」は半世紀にも及ぶ経済発展の中で何が間違っていたのか?
 それは、多くの先進国が20世紀後半、GDPの成長を最優先してきたからだ。
 GDPは人間の幸福を追求する手段であって、目的ではない。
 日本は過去30年間にGDPは7倍になったが、幸福度は停滞したままだ。

 富と幸福の関係についてグラフにしてみると、所得(横軸)が一定の状況を超えると「買う」ことによって得られる幸福度(縦軸)の伸びが段々と減少する。これは、人類の物質的豊かさに対する適応速度が速過ぎるためだろう。一旦現状に「適応」してしまうと、その物質がもたらす幸福度は大幅に減少する。
 台湾はまさに国家発展の十字路に立たされている。私達台湾の将来の行く先は何処だろう?富裕で尚且幸せなブータンか?それとも泥沼に陥り、快速的に富を得ると同時に幸福にはなれない日本だろうか?』(原文参考)


日本がいい意味?でも悪い意味で引き合いに出されていますが、日本は 「富める不幸せな国」の代表格なのかもしれません。

私はここで言われる一定以上の裕福・金持ちにはなったことがない!のでw、心理上少々のやっかみが出るのは否めませんが、 『金で幸せは買えない』というのが学論上でも示されたってことでしょうね^^;。

確かに日本は物質的なものに溢れ返って、物の本質よりも、いかに利害の一致不一致のバランスを取るか必死になっている所があるやかも。

これは台湾もしかり・・・・・

物質的満足感=精神的満足感、だけど≠幸福感。

お金を出せばなんでも手に入り、便利な生活、美味しい食事・・・。あるテレビ番組では「これは1億でした」「5000万円で購入しました。」なーんて桁違いの買い物をしているセレブを見かけては、いざ我こそ!とどの様にしたらお金持ちになれるかと日々奮闘してしまう。

かく言う私も 「貴女の夢は何ー?」なんて聞かれたら すかさず

『ブランド店に出向いて「右から左まで全部!」という買い物することかも♪』

なんて言ってしまいそうですよ。笑

「富」に囲まれた事がないので、ある意味は お金=幸せ の定義があるのかもしれません。
 
そりゃあ「愛はお金で買えない」ともいいます。

「若いと誰もが心配するけれど~♪愛があるから大丈夫なの~」という歌を聞いて(古ッ)

『だ・か・ら、心配なんだ!!』と年長者が言うように、やはり多少でもお金がないと愛(結婚)は続きませんからね。 笑) 人はパンのみで生きるべからず、しかしながら愛のみでは生活できない。

結局、長年代そういう風に思わざるを得ない社会になっていたって事でしょうか。

海外に出ると日本は他国から裕福に見られている場面に多く出くわします。それを心地よく受け入れるか(苦笑)、複雑だと感じるかは人それぞれ。

そんな日本でも、ヨーロッパを真似てスウェーデンを初めとする北欧のように消費税が最高25%になったり、ランキング第一位のデンマークのように所得税が50~70%になっても、誰かが掲げるような理想を現実に形作ることはなかなか難しいと思います。

それに、そんなことしたら国民に思い切り反対されるだけでしょう^^;
(基本的に自分の国の政治家も全く信用してないのが本音。)

教育も福祉も公的補助もしっかりして公立は大学までタダ、環境も万全、学歴より知識重視の平等感覚、老後も心配はないというデンマークは凄い。
高所得のデンマークで周りを見渡してみるとブランド物で飾っている人も殆どおらず、高級外車も少ないといいます。皆さん満たされているから?

きっと彼らの価値観も考え方もまた違うのだろう。


以前学校のクラスメートに若いのに紳士で、振る舞いも素敵な台湾系スウェーデン人男性がいました。スウェーデン育ちだからか、社会に対する考え方も新鮮でした。彼の話すスウェーデンについての話を、スウェーデンチョコを食べながらビックリして遠い遠い別世界の話のように聴いていたのを思い出します。苦笑  

でもスウェーデンの人種差別はかなりヒドイらしいですがね・・・・・^^;

替わってランキング99位だった韓国。

それもなんとなくわかる気が。傍から見ても韓国は日本を上回る自殺大国になっています。近年有名人の自殺も相次いでいる事から、一般人の目には煌びやかに見える芸能人でさえも、日々の仕事や生活に疲れ幸福度を感じる余裕がないのかもしれません。

香港と並んで63位の台湾、中華圏が日本よりも幸福度が上なのはちょっと驚きましたが、もともと中華圏では金銭に対する価値感が日本のそれとくらべても全く違うのも要因だと思います。

こちらでは「お金=幸福の象徴」として成り立ち、旧正月前後にはお金に関する縁起言葉が飛び交いますし、貯金だけに頼らず、主婦でも投資に力を入れているくらいです。金を稼ぐためには乳飲み子を姑に預けてまでも働きにでます。
ここでは日本人が考えるような 「お金=汚いもの、口にしにくい話題」 の図式はありません。

幸せって何なんでしょう?

ここで明石屋さんまのCMフレーズを思い出してしまう私は、やぱり幸せなんでしょうか。苦笑


世間での物事の経験度、認知度、環境によって幸福度って人それぞれ違ってくるとは思いますが、私も台湾に住み始め、人とはまた違った環境下で結婚してこそ、ちっぽけな事でも幸福感がを感じて満足する事もある・・。

無理やりな結論としては、富に満たされずとも、やはり家族の愛に勝るものはなし。
これに子供がいたらもっと幸せ感に包まれそうだけど~

今回はまじめな堅い話でしたね。読んでいただきありがとうございます。
関連記事
2007.02.14 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。