♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
占いでも有名な台湾。

それでもこちらで占ってもらった回数は計2回だけ。

それも士林夜市の占い横丁でだから、本格的というよりもアットホームな人生相談に近かったかも。

夫Hは過去に元彼女が「占い」に嵌ってしまっての、すったもんだ修羅場があったそうので、それ以来占いというものが大嫌い。人生は自ら切り開くべし。として、一切占いも、心理テストでさえも何も頼らないそうだ。

一方、たくさんの女性の例に漏れず、私は占い好きだ。

結婚する前までも、実は色んな有名な方に見てもらったことがある。

          占いと結婚


しかし以前一度ある占い師に見てもらってから、好きだった「占い」というものが、とても嫌になった経験があるのだ。


これは結婚する前に出会った占い師の話。

その占い師(自称:予知能力もあると言っていた)、それまでまあまあ当たっていて、結構頼っていたのだけど、最後の方はもう思い出したくもないほど嫌な人に変わってしまった。

当時、国際結婚の決断が迫ってきて不安もあったのでお願いししたのだけど、
いきなり、
「結婚はやめたほうがいい!」と言われた。
その後のメールでも
「すぐに離婚して不幸になる!旦那さんは仕事もせず、貴方に頼りブラブラします。女性と絶対的相性があわないので貴方は無理です。何があってもしらないですよ!」 

から、

「この相手の家はおかしいです。ちょっと変どころか、おかしい。この方たちは、最初はいいことをいいますが、後で貴方を働きにいけ!と言って来ますよ!お金も持ってないし、はっきりいって辞めた方がいいですよ!」

とぼろくそだった。

ここまで相談者の不安を煽る占い師も珍しい。

しかし!

その直後に私がその占い師から言われた方向と全く逆へといいように話が進んだのだ。

それで高い料金でぼろくそにいわれて、疑問に思った私は(というより気分を悪くされたのでお返しに)何度かお世話になった意味合いも込めて、丁寧にそれらを報告するメールをした。


そうしたらなんと、私が送ってから即効で

私の占いは絶対です!あとで離婚して泣いて相談に来ても、あなたなんてもう見てあげませんから!! あなたは本当にすごく失礼な人です!」


と彼女のプライド自尊心を傷つけたのか、彼女からものすごい怒りのメールをもらった。

(じゃあ今までの料金10数万円を返せ~~!って感じですが。汗)


いつもは

「以来が多すぎて、毎日忙しく占いの返信メールもままならず、申し訳ありません。。。」

と自分のHPでいってるくせに、こういう文句メールの返信は、なんとスピーディにくるんだよな。^^;


そんな毒ついた文面は見たくないので、あとのメールはそのまま削除したけど、その後も3通くらい着ました。苦笑


占い師っていう職業は、占い能力が100%ではなく、カウンセリング能力も入らなければやっていけないと思う。

正直、その占い師E子さん彼女にはその仕事は向いてないと確信した。


だって自分のことを とてつもなく凄い占術師兼予知能力者だと思ってるんですから・・・・・。


来月結婚する為のマリッジブルーになって人が、どのようにすればうまくいくのか占ってもらっただけなのに、いきなり「不幸になるとか絶対離婚する」なんて相手に言ってさ、下手にかき回そうとしてる彼女のほうがよっぽど失礼やで。


おかげさまで彼女が言った話とは、本当に逆のいい方向へ人生がうまく流れて行っている。

いまだにどこかで「私はすごい」といわんばかりに占っていらっしゃる彼女を思い出すだけで、胸くそが悪くなる。

まあそれ以来、本格的に占ってもらうことは懲りてしまい、夜市で簡単に遊び感覚で占うか、ネットで気軽に一人占いをするほうがお気に入り。たま~に鏡リュウジさんの魔法のお告げの本をぱらぱらめくっている程度。^^;



そんな自分の占い遍歴の中でも、こ、これはすごい!と思った人が二人います。


一人目は今から6年くらい前のこと。

とある飲み屋で知人が連れていた某出版会社に勤めるAさん30代。

彼はとにかく色んな物が視えるらしくて、広告業界でも評判でその時隣り合わせた私も気軽に見てもらったことがある。

「なんだかね~、あなたの今好きな人(当時)は悪いけど、貴方のことは女としてというよりいい友達くらいにしか思ってない。彼はいい人なんだけどね・・・。でもね、貴方が29歳になった時に、あなたは絶対にめちゃくちゃ幸せな結婚をするよ!!幸せな結婚できるから!!今いろいろ辛くても頑張って!!」

とAさんに勇気づけられた。当時私は24歳。


すかさず

 「ね、それは玉の輿?(ワクワク)」

と聞いてみたが(笑)

 「ん~そこまで僕はわかんないよ~」だって。

それにしても、今考えても29歳で結婚というのは、当たっている!



二人目はもっとすごい。

今から2年以上前のこと。

またまた将来に不安があった私は、「結婚できるかどうか」を東京に住むある女性占い師に占ってもらったのだ。

そのころはまだ、悪いけど「台湾」なんて国には全く興味がなく、欧米路線ばかり目が言っていた頃。その占い師の彼女が言ったこと。

「ん・・・・・今から二年後くらい後かなあ。たぶんね、あなた結婚してるよ。今の人(当時付き合っていた)じゃなくて。う~ん・・・なんかね、日本以外だと思う、これは日本じゃないね、どっか(外国に)行くんじゃない?」

当時は英語を勉強していたので

「もしかしてアメリカ人とか白人の方と結婚ですか?(ワクワク)」

と期待を込めて聞いてみた。

「いや、白人とかじゃないね・・・・なんか日本人っぽいけど、髪も黒いイメージだし、なんとなく。。。。そのお相手にくっついてどっかいくんじゃない?」 



「(すかさず)じゃあ、アメリカ方向ですか?(ワクワク)」

とまたまた期待を込めて聞いてみたが、

「ん~なんか そっちとは逆の方向の気がするんだよね~」


当時は国際結婚で台湾人と結婚するなんてこと、想像すらできなかったが、人間ってどこでどう人生がカーブを描くのかわかりません。


だって、彼女の占い通りの結果になってますからね。^^;


結婚後の人生は二人で努力して作る物。運命を他人に決めさせちゃいけない。


男である夫は常にこう言うが、自分で人生を建設していくには、女の私はまだまだ頼りなく、こうして第三者のアドバイスを聞きたくなるのである。

関連記事
2004.11.29 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。