♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
この前桃園県(今更ですが、台湾北西にある国際空港のある県)にも有名な漁港があると聞いて、
魚市場に行って見ました。

近かったこともあってすぐに台湾海峡側の漁港、竹圍漁港に到着です。

gyokou4.jpg


石碑に書かれた 満載而歸man3dai4er2guei』とは、大量に魚を積んで家に帰ってくるという意味がある成語。

ちなみにバーゲンで沢山買いこんでる女性の形容にも使います。^^


見渡す限り、「寂れた」という言葉がなんとも似合う漁港です。人もまばらで野良犬も多いし。

gyokou6_1.jpg


ずっと先に見えている建物に、海鮮市場があります。

市場もこの前訪れた台北県の北海岸よりも人が少なく、ごちゃごちゃしててかなりローカルな雰囲気。

界隈にある小吃店の名物・魚丸湯に入りましたが、種類が10種類以上もあり味も美味しかったです。

(魚丸湯=つみれ団子。さまざまな種類がある)

店主さんが犬好きだと言うので、おいでおいで!と一緒に連れていたミルクも店に入れました。^^;

台湾のこういうとこ、大好きさ!


gyokou1.jpg



日が暮れるのが早くて、帰る頃にはすっかり真っ暗。

船上では、漁業の男性が片付けをしながらとっても威勢のいい台湾語で会話しています。

どこの国でも海の男は活気があるわ。

見わたすほど、演歌のカラオケビデオのバックにありそうな場所です。笑


gyokou3.jpg


結局ここで買ったものは・・・・

中サイズの烏賊 二杯 170元 (600円ほど)
蝦 一斤(600g)180元 (600円ほど)
蛤(これは塩辛い種類の蛤、名前は忘れました!笑)一斤 170元 (600円ほど)

ろくな説明を聞かずに買ってしまうのは私の悪いところ、次回はちゃんと聞かねば。

今回はクーラーBOXを持っていないので魚は控えることにしました。


新鮮な烏賊が手に入ったので、初めて烏賊飯に挑戦。

採れ立ての為か圧力鍋を使わずとも箸で綺麗に切れるほど柔らかくなりましたよ。

夫の口にも合ったらしく、台湾人も烏賊飯は受け入れてくれるっ^^と発見。

写真はちょっと見た目が悪いですけど・・・苦笑

ikameshi.jpg



しかし、ミルクのガン目が気になる・・・・・・^^;

関連記事
2007.02.11 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。