♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
すくすくと育つ我が家のミルクちゃん。(毎回こう書いている気がする。笑)

p1010371.jpg   777-01.jpg


長生きして欲しいので、そんなに生き急いで大きくなって欲しくないのが飼い主の微妙な気持ちだが。
  

今年になってやっとペットショップより血統書を受取ったのだけど、その血統書に記載されている誕生日が前に聞いた7月21日ではなくて、8月4日となっていた。

誕生が半月も違うとなれば、投薬や注射する時期も変わってくる・・・。

『うわ~、また?もし誕生日がこの日だとしたら、この子まだ5ヶ月じゃん?!怪しくない??』

この証明書作るのに、200元払っていたし、ちょっと腹立たしさもあった。

真相を確かめたくなった私達は、その血統書に記載されていた親柴のブリーダーさんの元に訪ねた。

実はその犬舎、過去に一度見に行ったこともある(過去日記)台湾でも有名な柴犬専門ブリーダーさん。
一度面識があるので話は早い。
それにもし血統書が本物なら、ミルクも母親に会えるかもしれない。

郊外の山中にある日本犬ブリーダー犬舎を持つは年配の女性老闆に訳を話し、血統書を見せるなり笑ってこういった。

『違う!これは偽物だよ。違う違う、うちのじゃない、あるわけがない。』

あまりにもはっきり言うので深く聞いてみた。

『うちの犬は直接ペットショップには入れていない。そもそももここに記載されている「輝美号」なんて(母犬の名前)犬、うちにはいないよ。私は全部の犬と名前を把握してるから。』

飼い始めてすぐに数々の病気を発見したことも告げると、

『うちは生まれてから全部予防注射もしているし、フィラリア対策もちゃんとしている。健康面で気を使ってるからそんな状態で相手に渡すなんて事ありえないね!』


おそらく、ペットショップオーナー独自でうまくやって犬を欄繁殖しているか、繁殖ビジネス目的の民家が産まれた犬をショップにまとめて安く売っているんだろう、と老闆は言う。


結局、この血統書に書かれた犬は、所有者の私とミルクの名前以外は全部偽物だったことが判明した。

あちらにしても、このように勝手に自分の犬舎の名前を書かれることは不愉快極まりないという事で、是非この血統書をコピーさせてくれと頼まれた。

勝手に人の名前を証書に印刷するってよく考えたら凄いことだ。^^;

ただ、この血統書には私の日本名がガッチリ書かれているので、裁判ざたになった時はこっちに迷惑がかからないように念を押しておいたが。


今のところ告訴はしないが、一応電話で相手には警告しておく!とオーナーは強気。タノモシイ

ミルクとは関係ない犬舎だったけど、、老闆にドッグフードのお土産を沢山頂きました♪

可愛い我が家のペットとなった以上、出生の出所なんて本当はどうでもいいのが正直なところ。

結局ミルクの母親も生まれも何もかもわからず終いだった。

でも、ミルクよ案ずるなかれ、ここには貴方の新しいママもパパもいるのだ^^。



↓よく看るとありえない箇所がある血統書^^;
 

関連記事
2007.01.30 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。