♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
柴犬のミルクの朝と夜中の咳がいまいち取れないので、ミルクの食生活を変えてみました。。

夫 「やっぱドッグフードだけってのが駄目なんじゃない?店長は犬は一生ドッグフードだけを食べさせていって下さい!とか言ってたけどさぁ。。。なんか違うよね。」

p1010707.jpg

心配になって友達に教えて貰ったワンコご飯レシピサイトを参考にし、高たんぱく低カロリー手作り料理を加えてみました。

(写真は有機大豆を茹でてミキサーでペーストした物と、ほうれん草、人参、鳥ソボロ、いずれも味付け無し。)

するとたった二日で前より元気一杯、咳をする回数もいきなり収まったのだ!

今まで食べてたドッグフードの成分って一体何・・?

場面は変わって、我が家の人間のご飯は?というと最近高カロリー気味だ。^^;

台湾に来た当初は、ほとんど日本で作っていた和食系の料理ばかりだったのに、最近台湾料理や中華料理が多く目立ち始めた。慣れかね~、やはり炒め物は楽でもあるから。


姑の台湾家庭料理を見よう見真似で覚えたけど、やってみたら台湾菜はそんなに難しくはない。
ただ、豚バラ煮込みや、鶏をまるごと一匹使う料理になるとちょっと手間と勇気(鶏の顔がこっち向いとる!)がいる。でも和食のように下ごしらえにかなりの時間をかけることもないので、時間とコツさえつかめばOKさ!

脂っこい料理は美味しいけど、次の日はあっさりした和食の根野菜メニューにしたり、健康バランスを考えなきゃいけないのがちょっとメンド臭いんですけどね。

そんな台湾料理というよりも、中華料理内の範囲で夫から100点をようやく頂いた品がこの3つ。(あくまでうちの家族の舌好みだが)

レバ韮炒め(豚の肝臓)チャーハンチンジャオロース

これ、日本でもある3品だけど、台湾人に「うん!いける!」といわれるまでが長かった~!

(そうそう、台湾ではレバー=牛ではなく、=豚の肝臓です。基本牛レバーは食べない)

「日本はレバーと言えば牛だよ。新鮮な生レバーにごま油に塩と葱かけると最高!」

と言ったら台湾人皆に ぐえ~気持ち悪い~と言われた事もあった。苦笑 

でも豚のレバーもやはり臭みがあるのに。
牛の臭みを取るのに同じように牛乳や氷水やら片栗粉を色々使い最初に一気に油で炒めました。
豚だと牛より幾分優しい味なり、レバー嫌いでもいけるかも。

p1010478.jpg

モヤシと韮のセットも市場に行けば必ず20(70円)元くらいのセットで売ってるので便利。

一応我が家はピン子ママが選んだ店から買った新鮮黒豚レバーを使用。

日本人はレバー苦手な方も多いと思いますが、台湾でレバーが苦手な人をあまり見かけたことがない。台湾の人は内臓系ほんとに好きだもんな。

「豚肝粥」 (レバーと白菜、生姜、米をスープで煮込んで塩コショウで味付け)なんて台湾男性は皆好物なんではないでしょうか。

チャーハンといえば、台北にある小籠包店のチャーハンはとても美味ですが、ちょっと脂が気になるけど、あんな美味しいチャーハン食べたら日本のそこらの中華料理屋には入れない。

たくさんの中華料理を食べてみて、当初は、早速味を真似て我が家でも作ってみたことがある。


新婚私 「ね、これ何点くらい?」
新婚夫 「う~ん・・68点くらい?いや67点?」 

毎回食わず嫌い王に評価を頂いている私である。


夫Hはmy favorite を食す時は「米が水っぽい」「塩が足りない」「もっとこうしたほうが。。」と姑譲りの批評がはいるのだ。汗
前に「僕は何でも気にせず食べるから大丈夫~」と言っていたのは、なんだったのかい。ヾ(ーー )ォィ 確かに姑ピン子ママの作るチャーハンは絶品だけども・・・

それから悔しいので、3~4日に一回はチャーハンの練習。

(夫さぞ迷惑)そう、私は油よりもしつこいのだ。笑

だから 「うん!100点!」 と言われたときは嬉しかった・・・・。

それまで多分30回以上作ったかもしれない。相手も根負けしたかもしれないけど・・・苦笑 
こういうの、台湾人の奥さんが日本人の夫に一生懸命、肉じゃがを作っている光景と似ているわ。

p1010659-02.jpg

「え~台湾人にチャーハンなんて怖くて作れないよ~。」

と友人に言われた事もあるが、びびっていては嫁はやっていけない。
ネタとして相手の国の好物料理も覚えなきゃね。チャーハンは材料入れる順位、火力、あとは塩梅さえ合えばまあまあなチャーハンが出来る。

レバニラ炒めやチンジャオロースを炒める際には、私の大好きな李錦記の貝柱オイスターソースを使うのと、チャーハンに新鮮な黒豚のラード、手製の大蒜醤油を使うこと。

p1010076.jpg

この貝柱オイスターソース、味が非常にいい仕上がり。台湾でも一本190元~するので日本だと1000円以上いってしまうかもしれない。
大根の煮込み料理にも使えるので和風もOK。親戚にお土産にあげると非常に喜ばれる。

ついでに書いておくと、お土産でもう一つよく持参するのが ほんだしの素 干貝風味。これも味云々より、珍しがられて面白いと友人に好評。いくらまだ日本より安いと言っても、本物の貝柱・干貝を使うと食費が悲鳴を上げるので、助かってます。

なんだかんだ書いているうちに日記が長くなってしまいました。^^;

関連記事
2006.11.12 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。