♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
現夫である台湾男性と付き合いだした頃から

「国際結婚」という言葉に敏感になった。

しかし日本でいうところの国際結婚のイメージは、青い瞳に金髪で英語圏の異性・・というイメージが強いのではなかろうか。

というのも、実際に『reachiaは外国人と付き合っている』と友人達に知れ渡ると、

相手とは英語で喋ってるのか、アメリカ人かそれともヨーロッパ系なのか、

いきなり聞かれたことがあったからだ。

これは日本人独特の先入観と、白人に対する憧れの強さからきているのかもしれない。

しかし、調べてみると日本人が結婚する外国人は意外というか、

やはりアジア圏やその周辺国同士が多そうだ。


私自身も外国籍の男性と付き合ってみて思うのは、

やっぱり同系種族のほうがなんか落ち着くなあ~としみじみすることだろうか。

これは遺伝子的に刷り込まれたアジア民族の相性度なのかもしれない。

特に台湾人は日本人と思考が似ているところもあるし。

独身時代の自分といえば、優秀なバリキャリでは断じてなかったものの、

朝から晩遅くまで仕事に降り回され、結婚なんて当分はしたくない、遊んでいたい・・・というありきたりの独女だった。

だから、外国人と付き合ってる騒動から、あれよあれよと、あっという間に結婚したときは周りの友人が驚いたのなんの。

しかも相手は外国人でもアジア人の台湾人と来た。

さらに、出会いはインターネット上ってこともあってか

皆が口々に 『あんたのカレ、大丈夫・・・・?』と心配したものだ。

出逢ってからほとんど「勢い」だったかもしれないが、

相手に会うために飛行機で往復すること年数回。

お互いが30過ぎだった事もあってか、あっというまにプロポーズされ、

そのままビッグウェーブにのみこまれたように結婚してしまったのだ。


只でさえ今まで普通の人生を歩んでなかった私は

「やっぱりあんたは最後まで普通じゃあないよな。」

と友人に口々にいわしめたそうだが。苦笑

台湾にいると、初めて会った台湾人や他の外国人に

二人の結婚の馴れ初めを圧倒的な割合で聞かれる。

なんてことなく正直に 『インタ-ネットでメル友から始まりました』 なんて答えると

「え~~~ネットで~~!!」

とびっくりされる事が多かった。

でもね、聞いたところによると 国際結婚って結構インターネットで出会い結婚というカップルの割合が多いんです。

ちなみに私が彼と知り合ったきっかけは たんぽぽ組 という 日本・台湾交流掲示板のHP。(現在はありません)

アメリカがテロを受けた報復にイラク戦争を始めたまさにその日、CNNを見ながら、眠れない私はインターネットをカチャカチャさわっていたんだ。


丁度「流星花園」のF4が好きで台湾に興味が出てきた頃だったので、サーチエンジンで「台湾」「友達作り」と入力したら、突然飛んだページがちょうど今の夫Hの日本語メッセージだったのだ。

流暢で尚且つちょっぴり変な日本語を操る彼に興味がわいて、すぐにメール。

相手も私に興味を示し、送った次の日にはすぐに返信がきた。

人はこういうのを運命の赤い糸だと言うが、

出会いがインターネットの場合だと、運命の糸ってのは一体何色なんだろうね?笑


それからはトントン拍子。

良き運勢の波に乗ったのかもしれないし、障害がないというのも、

神様からのOKが出ていたってことなのかもしれない。


しかし ネットで出会って結婚したことは いまだ日本の両親に言っていない.....。 苦笑

いくら自分の親とはいえ、やはり日本の親はまだまだ保守的なのよ。

結果幸せだから 知られてもどーってことないんだけど^^; 。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ランキング参加中です♪こちらでは台湾情報が満載!
関連記事
2004.09.20 / Top↑
TrackBackURL
→http://realworldtaiwan.blog45.fc2.com/tb.php/1-54450098
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。