FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

日本を応援している国は沢山ありますが、
前回の台湾からのメッセージ、結構メディアで取り上げられてますね。

ネットでは、「ここまで親日だとは」と驚いて言ってますが、
親日という薄い言葉で片付けられるものではないと思います

台湾は、おそらく、一番慈愛にあふれた国で、
いい意味でも、悪い意味でも、日本のことを一番わかっている国じゃないのかと思います。

イチ日本人として、今まで頭の中にあった価値観や意識が100%変わりました。

既に被災地で一生懸命努力している人からすれば、
「頑張って」という言葉をかけられると、これ以上?と辛く感じることがあるだろうし、
あなたのために祈ってますと言われても、どうせ人事だろうと感じる時があると思います。
でも、それしか言えない時もあるし、
それが海外からだと余計に純粋な「頑張って」に聴こえるのはなぜでしょう。



これは台湾から日本への応援ソングとして、台湾人が日本語で歌ってくれています。
オフィシャルな歌よりもシンプルですが凄く良かったのでUPしました。

いくら感動しても、今は被災地にまでは届かないと思うけど、
東北は台湾でも人気がある旅行地ということもあり、
行けるまでに機能が回復したら、
東北の観光地で沢山お金を使って、再度活性化させようという台湾人もいます。

台湾南部では、すでに建設中の原発や燃料廃棄問題での反対運動も起こっています。
助け合いももちろん素晴らしいですが、
それぞれの国はやるべきことがあって、前を見ないといけない。

一方では、大阪のどこぞの議員が【地震がきて本当によかった】と発言したそうです。
橋下知事はいつもこんな程度の低い議員を相手にしているんですね。利権渦巻く大阪ですから・・・。
いくら橋本知事の移転計画や政策を戒めるために、例に出したとはいえ、
同じ大阪出身である私からも謝りたい。嫌な思いにさせて本当にすみません・・。

人としてありえない言葉を吐く人はいますが、非常事態になるほど、人って本性がでるし、
国としても本当の同盟すべき国がどこなのかがわかると感じる今日この頃です。

2011.03.21 / Top↑
連日、東北の被災や福島原発のニュースが流れる台湾。
かなりの速度で新しい情報が入ります。
今まで台湾の何でも流す報道姿勢には疑問があったけど、
こういう自体になるとすごく助かりました。私も勝手ですよね・・。

この一週間、台湾の知人友人から心配と応援の声をもらいました。

正直、安全な場所にいる私が最初にいただくのは勿体無い言葉です。

でも、正直、日本を思う度に心が折れそうだったので、随分救われました。
今すぐ帰って何かしたい、そんな思いにかられながら、とりあえず募金しかできず・・。


「自分たちで何かできることはないか」

そんな同じ思いが台湾でも集まり、チャリティ番組が昨晩放送されました。

4時間枠の「相信希望FIGHT&SMILE)日本賑災募款晚會」と題したチャリティ番組です。

テーマ曲は台湾の人気歌手が日本のために歌った「Believe 相信愛 -愛を信じて-」です。



【歌詞;日本語訳】
*個人的に訳したもので、これがオフィシャルな日本語歌詞ではありません


愛を信じて、希望を信じて、未来を信じよう。
そして、私とあなたを信じましょう

どの川も曲がりくねりながら流れてきた
どの道も茨に満ちていた
悲しみは人を弱くさせ、時に人を成長させる

雨風は折れた心の傷を洗い流す
寒い冬がこなければ どうやって暖かな春を感じることができようか
失ったからこそ 大切なことを学んだ
We have a dream Maybe we lose something
すぐ未来にある風景は きっと変わらず美しい
So I I believe
希望の中に愛がある
明日 新しいページを開くよ 
音符の中にも 勇気が聴こえる
霧から抜け出て 晴れた空の下で会おう
胸に手を当て 命の鼓動を感じよう
強くしっかりと繋がろう
種一つあれば、森一面が甦る
その思い一つで これからの未来を変えよう
逆風に向かって飛んでも、すぐに諦めはしない
あなたが、心の中に居るから

So I I believe
希望の中に愛がある
明日 新しいページを開くよ 
音符の中にも 勇気が聴こえる
霧から抜け出て 晴れた空の下で会おう
胸に手を当て 命の鼓動を感じよう
So I I believe




このチャリティ番組の番宣でメッセージを送る白冰冰さん。
一部日本語だったので載せました。




相信希望FIGHT&SMILE)日本賑災募款会では、シンプルな番組でしたが
4時間で日本円にして20億円以上の義援金が集まりました。

これ、すごい金額なんです・・・。
台湾の現状を知っているだけに、
一般市民が他の国のためにここまで出来るかと言うくらい、
人間の心の深さを感じます。



この番組は、台湾のほとんどのテレビ局で流されており、
馬総統をはじめ、ジュディオングさん、ビビアン・スーさん、他にも沢山、ほぼ全員かと思う程の芸能人が集結し、
日本からは元サッカー選手の中田さんもいらしてくれて、SMAPなど日本の芸能人からのメッセージなども
紹介され、ほんとに沢山の、善意をいただくことができました。


麻衣ちゃんも泣いてましたね。
中田選手も半泣きだったように思います。
感謝や感動というか、もう色んな思いがありすぎて、
私も大泣きしそうで画面が見れませんでした。


台湾ありがとう。本当にありがとう。
世界が繋がった感じがします。
ちっちゃい国だけど、心はでっかい。
これが日本を助ける力に変わりますように。
私たちの愛する日本、
絶対に大丈夫、また絶対にもとに戻れると信じています。
2011.03.18 / Top↑
東北で起きた大地震と大津波による被害は、ここ台湾にもリアルタイムで報道されています。
仙台の知人や関西の実家に確認後に、東北の映像を見てショックで絶句しました。


今回の大震災で被災されてしまった全ての方々や、安否の確認が取れずにいる方々、
そのご家族の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。


数々の情報や報道を目の前にして、自宅でシャワーを浴びているとき、
食事しているとき、生活のふとした瞬間にすごく複雑な心境になります。
自分の国で発生していることだから余計です。きっとみんなそうでしょう。
何をしたらいいのか、国外からでは十分なことができずにイライラするのです。

それでも台湾にいる自分が出来る事は、頑張れという言葉だけじゃなく、
被災地へ義援金を支援すること、そしていざという時の「備え」を学びとることだと思いました。

国内で拡散すべき情報はたくさんあるかと思いますが、
国外でも、災害でたくさんの人が身を持って教えてくれた事を活かしてつなげるべきだと。

一部の災害時秩序を保つ日本人の姿勢は海外で賞賛され、
台湾でも自国民性を見直すきっかけになっていますが、簡単なことではないと思います。

原発に関しても台湾も例外でなく、臨海地区に4個(5個?)保有していますが、
台電により「今回のもの(福島)よりも高い設計性(米国製)」「万が一の際でも情報は絶対に隠蔽しない」
との発表がありました。
しかし情報開示の垂れ流しで、予想以上の混乱が起きる可能性があるのでは?と
なんでも次から次へ杞憂が晴れません。

様々な事象を頭で理解しようとしても、映像で見せられても、
人間は実際自分に降りかかってこないと100%想定できないのが本音だとは思います。
日本ですらそうだった、だからこそ常に慎重さがほしいところです。

距離間や時間経過によって、経験があっても危機感が薄れるのはあります。
被災経験のある自分がいい例です。

世界で一番、地震に対し訓練され準備してきた日本が試される時だと海外ニュースは報じますが、
でも、逆に日本以外の国も同時に試されていると感じています。

先週末、大型地震や直下型の地震が来た場合の非難場所、ペットを誰が持つのか、
連絡手段等を夫婦で話し合い、非常具を揃えリュックに詰めました。
うちはiphoneがないのでちょっと不安ではありますが、スカイプやツイッターがかなり使えることを知りました。
(岩手などお年寄りが多い地区ではネットが十分ではなく、電話だけが連絡手段だということです。)

この大災害と被害を前に、台湾政府は1億数千元の援助や救援を決め、
外交部との連携で発電機や募金など、民間でも様々な支援金が挙がっています。
ありがとう台湾。

戦争や大震災をなんども経験しその度に這い上がってきた日本。
祈るだけでは人は救えない、まず実質的な支援を!ももちろん正論ですが、
この世に見えない何かがあるのだとしたら、祈りは必ず形となって届くと信じてます、

日本の底力も。

行方不明者が一日でも早く見つかるとともに、亡くなった方のご冥福を心よりお祈りいたします。

【台湾からのエール】

「facebookより」
jyayo.jpg

http://www.facebook.com/event.php?eid=170669529650875










【台湾中華民國 赤十字會募金】

http://web.redcross.org.tw/news_001.aspx?pid=P_00000228&insid=6


【日本国内募金まとめ】

http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin

【yahooからの募金(ポイント使用可能)】3/13追加

http://bokin.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html


*募金詐欺にご注意ください。
2011.03.14 / Top↑






3月は別れの季節です。

いつだったか、仲良くしていた日台夫婦のお友達が日本に引っ越した時この曲を聞きました。

今年もまた台湾で苦楽を共にした何人かの友達が帰ってしまいます。

それぞれの本人のこと思えばそれがベストだけども、
本心はやっぱり寂しいなあ。。

そう思いながら、ふとカレンダーを見たら今日は3月9日。

やっぱりそういう節目なんだなと感じました。

台湾を離れることが不本意であれ本意であれ、皆の幸せを願うのみ。

ほら、女は強いから。大丈夫さ!

まあ、日本に帰ればまた会えるし。

そういいながら、心は複雑だったりします。


でもね、仲のいい友達が離れていく一方で、新しい出会いもありました。

春は出会いの季節でもありましたね。


みんな、前に前に進んでいきます。


私も今年はやりたいことが沢山あるので、立ち止まってはいられない!


そんなことを思う3月9日でした。
2011.03.09 / Top↑
とある日の週末、
ピンコママの弟である叔父さんの家の夕食に招待された。

DSC_2659-01.jpg


相変わらず高級でお綺麗なお家ですのう。
でも、一緒に暮らしているおじいちゃんは昔住んでいた台湾の家が恋しいらしく、
今でも時々、突然に中和の生家に戻るんだそうな、寂しいんだろうね。


そのお爺ちゃんと話をしていると、ピンコママが横から口を挟んできた。

「りーちゃ!ほら見てみな!
   叔父さんの家はこんなに綺麗よ!!
   だから、あなたも・・・(くどくど、くどくど×無限大)」



あのさママ、ここってメイドさんがいるでしょうが。
っていうか、比較対照相手のレベル間違ってない?^^;



そんなピンコママをいつものようにスルーしてテーブルに行くと、台湾的食材(写真)が沢山ずら~り。

ここまで用意するの、さぞかし大変だったろうな。私にはせいぜい5品しか無理です、はい。
この様にずらり並ぶ形式だと、台湾家庭それぞれの好みが顕著にわかって面白い。

(あ、これ好きだなー。)
(うあ!肉多っ、どうりで叔母さん太るわけだよ。)

アミ族出身の叔母さんは、肉が大好きだったりするので、肉肉肉のオンパレード。

夫Hとコソーリ愚痴を話ながら、とりあえずSUSHIを頬張る。

最近夫婦で油物が少量しか受けつけない体になってるので台湾料理はちょっぴり辛い。
でも、残すのも嫌なので結構がっつり食べた。

食事が済んだ頃、親戚の集いが好きではない従兄弟数人から別階のカラオケに誘われ、
眠いという夫をその場に残して、ピンコママ達から少しの間、離れることになった。

DSC_2662-01.jpg


カラオケを済ませて2時間後に戻ってくると、丁度「集い」はお開きタイム。

私「ま~たピンコママったら、私の愚痴でも言ってたんじゃないの?」

親戚の集いではその場に居ない人の文句がたまに出るので、夫にそれとなく聞いてみた。

夫「いや、多分りーちゃのことは言ってなかったよ(いや多分て何w)それよりさあ・・

夫の話によると、
その日たまたま上の子どもが風邪で揃って欠席していたある従兄弟夫婦に対して、
伯父の総攻撃が凄かったらしい。
その槍玉に挙げられたのは伯父の息子の奥さん

*伯父は、ピンコママの兄(一家の長男)にあたる。

伯父もーあの嫁は駄目!!
    上の孫の教育が全然なってない!
    しかもオムツや生活費までこっちが出してやってるってのに、
    家事はしない、ご飯も作らん、全部うちの妻(姑)にやらせる!
    ほんと同居なんてするもんじゃない!
    ●●とかメイリン(義妹)とかリーチャみたいに別居して外で生活させた方がよっぽどいい、
    嫁が自立するわ。


しかも伯父は少々傍若無人な上の孫に相当嫌気をさしているらしく、

「上と違って下の孫は本当にかわいい。上の孫は可愛くないしウザイ!」

と、しきりに下の孫だけを褒めていたらしい。(そりゃまだ喋れないから)

聞いてた夫もびっくりするくらいのケチョンケチョンぶりに、見兼ねた従妹がフォローに入ったらしいが、
それでも「嫁がなってない」のオンパレード、又聞きした私もすっごく気の毒に思えてきた。
ピンコママ'sブラザーだけあってやはりというか、手厳しーー!

出来ちゃった結婚とは言え、元はといえば息子が同居を選択し妻はしょうがなく同居って聞いたし、
しかも働く嫁に代わり、上の孫の幼少期を育てたのは甘やかし放題の姑だったような・・?

正直、最初から何でも金出す親も悪いよな。
でもね、やはりというか、最後まで自分の息子のことは責めんのだよ。

息子の方も親に出してもらって当たり前って感じだし。
美人でいい奥さん&ママなのになー。

傍から見ても、うちと違ってお金の心配もなく、子どもに囲まれ、
姑舅と和気藹々でうまくやってると思ってたけど、内情はわからんもんだ。
せっかくビールで上機嫌になった顔が、一気にクールダウンしてしまった。勿体ない。

嫁姑舅の裏事情が見えたそんな複雑な1日でありました。

2011.03.03 / Top↑