FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

台湾なのに、信じられないほど寒くなっていた先週でしたが、
ここ数日、気温が普通並みで嬉しいです。

旧正月はこのままの温度で行って欲しいものです。

旧正月といえば、前日の大晦日、「除夕」には家族揃って年菜といわれる食事を頂くのが毎年の恒例・・・・

というのは、この時期いっつも私がここで書いていること。

「年菜」は家族揃って食べる一年を締めくくる料理で、家族で大体6皿+1スープが基本ですね。

客家、外省、原住民などの多民族がいる台湾、年菜も年代や家によって全然違うので、あの家がこうだから
台湾は全てこうなのだというものでもなく、もちろん家で作る人もいれば、外で食べる人、ホテルや有名レストランで予約して持ち帰る人それぞれだけど。

最近は、いい食材で作る豪勢な有名ホテルやシェフの「お持ち帰り年菜」が大好評で、こういうのを聴くと、日本の「おせち」宅配サービスを思い出します。

年が明けると、これまた豪勢な「春節菜」、正月の中華料理+酒が待ってるので、+酒で太ること必須なんですけどね。

うちは今までは旧暦の大晦日は夫の実家で必ず食べているんだけど、今年はちょっと異変があった。


仕事中の義弟から、家に電話があり、

「大哥(お兄さん)、大嫂(義姉さん)大変なんだ、ちょっと助けて~!!!」

となんだか焦っている様子。


日記の続きはここをクリックしてね
スポンサーサイト



2011.01.20 / Top↑
台湾のアイドルグループS.H.ESelinaこと任家萱が、
中国大陸でロケ中、爆破ミスによる事故大火傷を負ったのは去年の秋のことです。

その彼女が本日無事退院、他の二人のメンバーと共にテレビの前に元気な姿を見せました。



当時、すぐさま取って返した台湾の空港から一番近い病院、林口長康医院に担ぎ込まれた時は、
身体の54%に火傷を負い、そのうち41%が3度の熱傷ということで、かなり危険な状態だったと言います。
3度の熱傷のうち、ほとんどは両足で、次に腰、残りの部分は2度の熱傷ということでしたが、
そして歌手としても、女性にとっても大事な場所、顔までも火傷の被害に遭いました。
一時は命の危険があり、結婚前だったフィアンセは泣き崩れ、皆が「なぜこんなことに・・・」
と悲しみに包まれていました。

実はね、ある訳があって、あまりこの子達が好きではなかったんです。
こんなこと言うのもあれだけど・・・
でも、今回こんなことになり、色々と話やニュースを聞いているうちに、
彼女達への印象や考えが180度変わりました。

被害に遭ったselina本人は、逆に訪れた友人や家族を励ますかのように元気で
見舞いに訪れた人の前では、弱音や泣き言は一度も吐かなかったといいます。
思ったより早くの退院でしたが、一先ずは良かったです。
顔も思っていたより、凄く綺麗でとても安心しました。

事故後、初めて姿を現すこと、そしてメンバー3人揃っての記者会見ということで、
マスコミが押し寄せたんですが、退院したばかりなので、
感染してはいけないと全員がマスク着用義務があったようです。


「みなさんありがとう、皆さんに心配をかけてしまってすみませんでした。
     今日やっと帰れることが出来ました。」


会見では、入院が長かったからか、少し細くなった声でしたが、しっかりとした話口調です。

熱傷の部位が広く、移植できる皮膚が少なかった為、頭皮を3回に分けて移植したので短髪のまま、
衣服も術部を覆うピッタリとしたものでしたが、沢山食べて4キロ太った健康的な顔が印象的でした。

セリナ「お父さんありがとう、しんどかったでしょう・・・!(泣きそうになる)」
父親 「がんばれ、がんばれ!泣かない、泣かないで。深呼吸して。」

セリ 「お母さんありがとう、お母さんも凄く辛かった。今テレビの前でこれを見ていると思います。
    お母さん愛してます。」
父  「ママは家で豚脚麺線(トン足そうめん)を作ってますよ!笑)」
セリ 「妹もありがとう、彼女も最近しんどかったと思います。あと、阿中(婚約者)もありがとう。」

その他医師や仕事仲間、スタッフやファンの人に向けて感謝を述べ、会見後は足早に帰路につきました。

同じ女性として見ても、彼女の本心はきっと辛いに違いないし、色んな複雑な思いがあるだろうに、
みんなの前に元気な姿を見せた、とても勇気ある会見でした。

SHEのメンバーも会見でいうように、まだリハビリと通院が必要なことから、
これからの道のりこそが長いと思いますが、私も同じ女性として、応援したいと思います。

2011.01.20 / Top↑