♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSC_2345.jpg



お蔭様でその後の手術の経過もすこぶる良いです。

ミルクの大嫌いなエリザベスカラー(中文:頭套)を首にしっかり巻いての日々ですが、

切開幅は予定通り3ミリで、必要以上に切る必要がなかったため、
さほど飼い主も緊張せず暮らしております。

ほんと、担当医がいい先生で安心でした。

林教授は、当初英国ケンブリッジ大学の獣医学博士号と台湾大学獣医学士、
しかも現台大教授でテレビや雑誌(犬のね)によく登場する台湾でも名高い獣眼科医だったんですが、

こちらでよくいる「私は●●だ!」の教授様ではなく
超謙虚&低姿勢でさらに地味。

診察も非常に丁寧で時間をかけてくれるし、
毎回嫌がらずこれでもかというほど長く説明してくれて非常に好印象でした。

ミルクばかりいい先生に出会って羨ましいすわ。

処方された目薬は毎日表を書かねばならないほどの量と回数なんですが
とにもかくにも、術後のケアと経過が何より大事。
朝から夜中まで相変わらず看病しております。

んで、気になる写真の半分ですが、
ミルクや柴犬の顔を見慣れている方にとっては若干ショッキングな画像かもしれないのでdouga_kaomoji59.gif
とりあえず、心の準備をしてから下のクリックお願いしますね。

日記の続きはここをクリックしてね
スポンサーサイト
2010.11.30 / Top↑

 20101126-05.jpg 

手術当日です。

既に9割がた右目が見えないため、
家具や物にぶつかりバランスが取れないながらもミルクは元気。
そりゃそうだ、わかってないんだもの。

前日は飼い主の方が初めての全身麻酔にびびってしまい、
何かあったときの為に沢山写真を撮りました。
(やっぱり考えてしまいますよね)


日記の続きはここをクリックしてね
2010.11.29 / Top↑
DSC_2221.jpg

今日、台北市内の「遠見動物病院(眼科センター)」にミルクを連れて行ってきました。
師範大学と文化大学語学センターがある和平東路に位置していたので、
久しぶりに和平東路を歩くとすごく懐かしい感じがしました。

さて、こちらの病院は台湾大学獣医眼科の教授で
動物眼科の権威である林中天医師が診察している病院ということで紹介してもらいましたが
林医師は平日の午後のみということでした。

でも他の医師も在籍しており、もちろんきちんと診てくれます。
日曜日も診察しているって飼い主にはとても有難いことですね。

DSC_2226.jpg

検査は倒像鏡とかいうものやスリットランプ、
眼圧検査、ドライイ検査などもしてもらい、(検査料:初診により半額、1500元)
結果、白内障が進行した為にブドウ膜炎を起こしたことと、
右目がドライアイ気味(おそらく前の点眼薬のせい)で中期~後期の白内障という診断。
気になる正常に見える左目の方はというと、

(現時点では)全くの正常、むしろいい状態でした。ホッ・・・

色んな薬を点眼しながら、診察所要時間はかれこれ1時間前後にも及び、
ミルクも目ばかり触られて診察台の隅っこに逃げまくり、それを引き寄せ、逃げてのくり返し。

医師が可愛いお姉さんだったので、
声を聞いただけでおびえて逃げてしまう、かかりつけの医師よりも抵抗が少なかったです。^^;

こちらの医師も忍耐強く丁寧に診察してくれました。

結果、白内障のために水晶体から白濁が漏れて炎症を起こしている為
ほおっておくと色々他にも感染する可能性があると聞かされました。

やはり手術は早いほうがいいと言われました。

術法は、最新の方法、
所謂超音波での水晶体吸引での手術を薦められました。

3ミリ程度だけ切開し中の白い濁りを吸い取って綺麗にするのだそうです。
この方法だと傷口もかなり小さく、日帰りが出来るとのこと。

ただ遠方から来ている事と結構な高額の為、すぐ答えが出せず、
とりあえずミルクの検査データの控えを書いてもらって(写真)渡していただきました。


DSC_2228.jpg

白内障による炎症を起こしているので
炎症止めの点眼薬が処方されました。
こちらは前と比べてミルクが痛がらないので、点眼しやすかったです。


DSC_2214.jpg

昨日の晩の時点で右の白濁(左目はフラッシュの反射)がかなり目立つようになって来ました。

先週にくらべて随分と右目は開くようになりましたが、点眼のせいもあって、太陽光がまぶしいみたいで、
家ではカーテンを締め切って、常に暗めにしています。


DSC_2210.jpg

気休めかもしれないですが、
ここ数日は身体、特に「目」にいいと言われる栄養素材をご飯に加えています。

今日は地元のさつまいも&さつま芋の皮を刻んだものと、
ほうれん草と卵黄、豚肉が少々、キャベツの微塵切りにご飯。

昨日はブロッコリーとほうれん草、牛肉、黄色人参でした。


DSC_2213.jpg

「食べていいよ!」
といっても、
「これ、ほんとに食べていいの?いいの?」
と何度も私の顔を伺うミルク。

そりゃあ前までフード&テキトー夜ご飯だったのが、
最近いきなり「豪華色々お手作り晩御飯」になったんだもの、疑うよね。笑)
ほんとごめんね。。。

とりあえず、一緒に頑張ろうミルク!



**病気についての色々なアドバイスメールを頂き感謝しています。
 本当にありがとうございました。
2010.11.15 / Top↑
DSC_2206.jpg


先週、夕方から突然片目を閉じてしまい、
全く開けようとしないので、かかりつけの病院にすぐ連れて行きました。

結果は「ブドウ膜炎」

こするなり、何らかが原因でばい菌が入ってしまったとのことですが、

それよりも、ショックだったのは、それと共に
白内障が発症してしまったことです。

実は1年以上も前に、ミルクの右目がたま~に光の反射で緑色に見えることがあり、
念のためを思って病院で見てもらったことがあったのです。

「今の段階では、視診で白内障の疑いがある・ないはいえません。
 ないかもしれないし、あるかもしれない。
 心配なら眼科専門の大学病院で精密検査に行かれたほうが良いですね。」

と、かかりつけの病院では目専用の検査機械がないために、
動物眼科で著名な医師(台北の台湾大学動物病院など)を紹介してくださいました。


でも、引越しの忙しさや家庭の色々に加え、
白内障の目の白濁も見られず、
元気一杯に走り回ったり、目も毎日いつもどおり真っ黒だったので
きっと大丈夫だろう、まだいいだろうと油断していました。

目の病は着実にやってきていたのですね。



医師曰く、4歳くらいだと遺伝性だろうとのことでした。

ブドウ膜炎によって、早くなってしまったのかもしれません。
右目があまり見えていないようです。


最近は先天性によって、
1歳未満のワンコが白内障発症することは珍しくないんだと言います。

白内障予備軍だったから、ブドウ炎に感染して早く発症することもあると知りました。

いろんなことに知識不足でした、
早めに行っていればと、物凄く後悔しています。
すごく悪い事をしてしまったと思います。

もともと親がはっきりしていないのに加えて、
身体の丈夫なコではなかったので、
最初はすごく気をつけていたはずでした。

過去あれがいけなかったんじゃないか、
手作りごはんをサボったからいけなかったのか、
シャンプーが目に入ったのではとか、
本当に色々と夫婦で悩みました。


でもとりあえず今過去の事を悩んでも仕方が無い、
これからの事を考えていかないと。

まだ若いので、前向きに、手術可能なら手術の方向で考えています。

二日ほどでブドウ糖膜炎も治癒したので、
明日(日曜日やってる病院が結構あって助かりました・・)
台北の眼科に白内障の検査に行ってこようと思います。


結果はどうでるか・・・・・。
ちょっと怖いですが、試練と思って受け入れて頑張っていくしかない。

DSC_2119.jpg

元気をちょっと取り戻したミルク、左目がまだ正常なので、ボール遊びは出来ます。
でも感染症の治癒後、右目は白濁が始まっており、視界がぼやけているようで
時々つまずいてしまいます。


ミルクはまだ4歳です。

手術が可能なら、治療してまだまだ光の中で元気に走り回って欲しい。

もう片方の目が悪くならないうちに・・・。



実はミルクの白内障がまだ発症する少し前、
至上最高の夫婦喧嘩をしてしまい、

正直もう日本に帰ろう・・・と本気で思いました。

でもミルクの病気に引き止められるかのように、
家族の一員であるミルクの為にも、
夫婦でしっかり向き合って頑張っていかないとと思いなおしました。



DSC_1465_20101114012734.jpg

キラキラ輝いていた頃のミルク。
この頃に戻れますように・・・・。



*もし目にいい食事についてのアドバイスがありましたら、
ご教授いただけると大変嬉しいです。どうぞ宜しくお願いいたします。

2010.11.14 / Top↑
日本国内のデパートの売り上げ低迷が続く中、
台湾では、国内18店舗もある三越や、SOGO(実質ライセンスのみ使用)が
毎年これでもかというほどのセールを行いにぎわっています。
その中でも三越は、この前の周年セールで

100億元を超える業績(約300億円)を記録したそうです。
島国台湾の消費力、凄いものがあります。

そんな日系デパートの売り上げ競争が激しい台湾で、
数年前から待ちに待たされ、
ユニクロ効果もあって半ば鳴り物入り状態でオープンしたのが統一阪急。

2364967079.jpg
~オープンセレモニー時の様子~


高雄の阪急には一度行ったことがあり、結構値段も高くて客入りも少ないと思っていましたが
さすが台北人というか、オープン当初はユニクロに行列が出来て入場2時間待ちだったりと、
何処もかしこも人人人だらけで本当に凄かったです。
しかもオープンに並んだユニクロ行列は6800人

私なんて見ただけでもう入る気力をなくしましたから。

その統一阪急が開幕して一ヶ月経ちますが、阪急デパートの売り上げ業績が
当初の業績目標だった7億元をゆうに超えた10億元を突破したようです。

ちなみにこの統一阪急、台湾ユニクロの当月の営利は2億元越え。
台湾も例年に比べて早く寒くなったので、バイク乗りも多いし
ユニクロのフリースやヒートテック系、ダウンなどこれから更に人気がでそう。
ウホウホだね。

以前テレビで建築家の安藤忠雄さんが
「景気が悪い悪いってみないってるけどな、景気が悪いところがあれば、世界のどこかには景気のいい場所は必ずある。 そこへいったらいいんや!」
と言ってたのを思い出します。
台湾は決して景気がいいとは言えませんが、
よりワイドに、そしてもっと単純に考えろという事なのかもしれません。

私も景気がよければ阪急で思い切り買い物したいわ。w


ところで話は飛びますが、
安藤忠雄さんの設計した家、いいですよねえ。
最終的にはああいう家に住むのが夫婦の夢です。


2010.11.04 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。