♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
DSC_1633.jpg


思い立ったが吉日と、夫から突然のツーリングのお誘い。

なんと、バイクで陽明山のいつもの温泉まで行こうと言うのだ。

というのも、恒例の家族バーベキューが中止になり、急遽中秋節の予定が空いてしまい、
山の気候も涼しくなったし・・・と夫がツーリングを提案してきたというわけだった。

もともとバイクで台湾一周計画を立てているので、予行の遠出には丁度よい。

しかし250CCとは言え、バイクだと車と違い、所用時間は倍かかってしまう。
そういう訳で、朝4時に起床、5時前には出発というちょっとハードなスタートとなった。

日記の続きはここをクリックしてね
スポンサーサイト
2010.09.24 / Top↑
DSC_0832.jpg



林口の朝市で、まだ元気に跳ねている蝦が一籠200元(600円ほど)で売られていたので購入した。

海鮮類は港まで買いに行くのが一番だけど、朝市で手軽に手に入ることもある。
ちなみに朝市は朝8時~9時が一番賑やか。
その日は中秋節だったからか、特別売られる食材も豊富だった。

新鮮な蝦は殻つきのまま茹でるとぷりぷり感があって美味なのだ。

台湾の蝦料理といえば、まっさきに思い浮かべるのが鹽酥蝦(塩酥蝦)
日本語で言うなら、『蝦のピリ辛炒め』というところか。

殻を外さずにそのまま炒める超簡単料理で、ダレにでも気軽に作ることが出来るので
美味しい蝦が手に入った時は一度試して欲しい。


材料
   蝦     300g 
   油     大匙2~3
   刻んだ大蒜 一かけ
   刻んだ葱  大匙1
   赤唐辛子  一本
   塩     小匙1
   胡椒    少々  
   酒     大匙1
   
①殻を剥かずに蝦をよく洗う。
②熱した中華なべ・フライパンに油を注ぎ、葱と大蒜をいれて香りを出す。
③蝦と切った唐辛子を入れて炒める。
④塩コショウを加え、鍋に沿って酒を回しいれて出来上がり。



ピリリ塩辛い味はビールにピッタリだけど、いちいち殻を外して食べるので
どうしても手がベタベタになってしまう。

そんなで若い女性や気取った集まりには向かない食べ方だけど、
台湾に遊びに来た時、無礼講の親しい仲間内で集まる時には、
そんなこと気にせずにガツガツいってほしい一品。

2010.09.23 / Top↑
この前知り合いになったばかりの台湾女性とおしゃべりしていたら、

「リーチャって中文の喋り方が可愛いね☆」
と唐突に言われて面食らってしまった。

さらに続けて

「まるで麻衣(台湾で人気がある日本人の芸能人女性)みたいよ!」

ちなみに佐藤麻衣ちゃん7777.jpg


こんな30代後半の熟女を捕まえて、しかも喋り方が可愛いなんて生まれて初めて。笑)


私 「ええ!でも私、普段日本語で喋る時はもうオバサンまる出しだよ~。苦笑)」

なんか気恥ずかしくてそう答えたが、
彼女曰くどうやら台湾で中国語を喋る日本人女性が時々そういう可愛い喋り方に聞こえるらしい

小姐「発音かな? でも日本人の喋る中国語って凄く可愛く聞こえるんだよ~。」


若い世代なら喜ぶかもしれないけど、私のような年代では
意識してないのにぶりっ子に聞こえたらなんかなあ。^^;


今までそんなこと全く意識もせず、6年間も暢気にこれで喋ってきたもんだから
台湾7年目を目の前にして、いい意味で新たな壁にぶつかったと思えばいいのか。

もしこれが逆に「リーチャの喋り方って台湾のオバサンみたいだね☆」と言われたら言われたで
必死で直すかもしれないけど。苦笑)


そういえばこの前、喋り方について家でもこんなことがあった。




日記の続きはここをクリックしてね
2010.09.21 / Top↑
先週の土曜日。

台風上陸前、日本からの友人のアテンドを途中で抜け出し、
夜から夫の会社のバーベキューに呼ばれていたので参加しました。

(台風前日、台北は余裕でバーベキューが出来るレベルでした)

普段なら、相手も自分も気を使いすぎるパーティや食事会には不安があるのであまり参加しない方なのですが、
日本の友人とお酒を交わしていた効果も相成って、そのままミルクと夫と合流して会社に突撃!

でも、そんな不安はどこへやら、

40人近い人がワイワイガヤガヤしていたバーベキュー会場に着くや否や、
日本語のできる社員さんが飛んできて、面白い自己紹介から始まり、
夫の同僚の親日でお洒落な奥さんをはじめ、子供達、オバサンものっすごい歓迎
「食べて食べて!」と色んなものをご馳走に成り、ビールで乾杯・・・・

結果的に台湾に住んで今までで一番楽しかったバーベキュー大会となりました!

色んな話で盛り上がり、本当に最高に楽しかったです。

その中でも一際目立つ、
小栗旬の顎を削って、おぼこさ少々を+、そして優しくかわいくしたような
それこそ、日本でいたら非常にモテるだろう若いイケメン男性君。

今風のファッションに身を包んで、所謂チャラい感じだったので、これは軽い子だろうなあ~と思いきや、
私に初めて会うなり、日本語で

台湾小栗 「はじめまして、私は◎◎と申します。どうぞ宜しくお願いいたします。」

と、たどたどしいながらも、綺麗な発音でご挨拶してもらいました。
よくよく聞くと、以前中国大陸にある日本企業で日本人と一緒に働いてたとのこと。

この見た目と礼儀よさのギャップに、ぐっときましたね。笑

台湾小栗「実は、僕はそこの日本人上司から、あだ名をつけてもらったんです!」

張り切って嬉しそうにそう言うイケメン小栗君。

私 「へーえ、どんなあだ名ですか?」


台湾小栗 「はいっ、えっ~と、

       ヨコレンぽーです!゚(*´∀`*)。」

リーチャ 「 ヨコレンポ・・・・?
       あっ!もしかしてヨコレンボ=横恋慕?

台湾小栗 「ハハハ、そうです、前にあなたのご主人にそれを言ったら、
      『それって多分あまりよくない意味だと思うよw
      って言われて初めて気づきましたね。笑)(´`" )」


彼は今までその意味を知らずに、仕事で日本人に会うと喜んでそのあだ名を披露していたらしい。^^;
どんだけ純粋なんだ!笑)

思うに、多分中国で日本人上司がよく行っていた飲み屋でお気に入りのおネーチャンがいたのに、
みんなイケメン小栗君の方へいっちゃったんじゃないか
??とアテ推量したら、
案の定その通りでした。苦笑)


まあ、確かに母性本能をくすぐるほどの可愛い男の子なので、そう言ってしまう気持ちもわかる。^^;
その台湾小栗君、若いのに残念ながら(笑)独身ではなく既婚者で来週には二人目が生まれるそう。

最後も、

台湾小栗 「今日はお会いできて嬉しかったです!ま、また、お会いできることを楽しみにしています!」

とたどたどしいながらも、きっちり挨拶をしてから帰っていく、とても爽やかな好青年でした。
彼と同じ年で、一体どれだけの人が同じようにちゃんと挨拶できるでしょうかね。

やっぱり世界中何処でも、挨拶は大事だと思います。

悪い意味でも見た目と中身のギャップに驚かされる人が多い中、ちょっと光ってたな。

そりゃあ前の上司に嫉妬されるのもうなづけますわ。w
2010.09.20 / Top↑
大分前ですけど、自宅周辺を散歩中、夕方の空が綺麗だったので撮りました。



DSC_1485.jpg 
空のグラデーションが綺麗です。


201007300000

この薄い色の絶妙なコントラストに癒されます。


 DSC_1488_20100918103153.jpg

一見怖そうで、面白い雲が多いです。




私が台湾の好きな所の一つは、空や雲が近いところ。
この国は基本的田舎がおおいので全景が見渡せる場所が多いのです。

というか、割と高度のある場所に住んでいるからかもしれませんが
段々年を重ねて、そういうのが非常にぐっと来たりします。

30代後半に差し掛かった女ならではの心情なのでしょうか。笑

台北の喧騒も最高に楽しいんだけど、なかなか目線が上にいかないものです。

特に台北市内はどこも興味をそそるお店だらけだし。 

普段なら気にも留めないことを小さな幸せにする・・・・

心に余裕がないときは出来ません。

だから、家に帰宅して空を見上げる余裕があるのはいいことなんだと思っています。

随分と気候も涼しくなってきたし、
いろんな意味で前向き・アクティブに動いていこうと思います。


<台風情報:9/18現在>

19日午前8時ごろ、位置は石垣島周辺、台湾は暴風域内に入る予定。
20日午前3時ごろ、中心は台湾を横断し台湾海峡に抜けるが、以前暴風域内の恐れ。
        
2010.09.18 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。