♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
この前の週末、天気も良かったので夫から私へ運転チェンジ。

大道路には行かず、新居の近くでウロウロと練習運転すること10分。

座席の間から顔を出していたミルクが突然


お・お・お・おえっ!おえっ!オオオ、オエっ!


えずきだした。汗)

*犬もえずくのです


「何か変なものでも拾い食いしたのでは!?」

慌て焦って車から降ろすと、吐くどころかケロリとしている。


じゃあ・・・ともう一度ミルクを車に乗せようとすると、
何故か車には乗りたくないご様子・・・・。


夫 『reachiaはブレーキ何度も踏みこんでたから、きっと車酔いしたんだよ・・。プっ!』


夫に笑われしぶしぶ運転席を降りると、ミルクは何事もなかったように車に乗り込み、
夫が運転しだすと、ミルクはさきほどのようにオエ~っとえずくことはありませんでした。

あ~自信なくすわ~~~!(- -;)

スポンサーサイト
2010.03.31 / Top↑
今月初頭に話題になったお話で、古くて申し訳ない・・。


ここ数年、世界各地で災害が相次ぐと同時に、
あちらこちらで寄付金集めの話を聞くようになりましたよね。

寄付といえば、PCで出来るワンクリック募金という便利なものがあります、
あれはスポンサーが変わって寄付してくれるというものですが、
過去を遡って思い出せば、誰でも一度は募金箱に寄付した経験があるのではないでしょうか。

ボランティアに力を入れるセレブのニュースも最近多いので、
それに影響を受けて慈善活動に興味を持つ事もあると思います。

これが各国政府や大企業になると、まるで競うかのように、
どの企業(国)がどれだけの寄付金を出したか
大人の事情でいつの間にか争点が「寄付金を受け取る被災地について」ではなくなり、
出した方の金額と知名度が先行してしまう時もあります。


今月始め、ビジネス雑誌『フォーブス』がアジア地区で48人の【慈善活動のヒーロー】を選出しました。
ヒーローリストには国際的に活躍する企業家やスター等いかにもな著名人が名を連ねていましたが、
その中でただ一人、

全く無名の台湾女性の名前があったのです。







日記の続きはここをクリックしてね
2010.03.30 / Top↑
shinnrin.jpg



先週末は台湾も強風で、恐ろしいほど黄砂が吹き荒れました。
ベランダも頭も砂だらけ・・・。うかつに窓も開けれやしない。汗)

丁度その黄砂が吹く直前、新居観察に行って来たのですが(はい、まだ出来てません^^;)
その地域でお気に入りの散歩場所を見つけました。(上の写真)

日記の続きはここをクリックしてね
2010.03.25 / Top↑
最近見た台湾ドラマのこと。

非常~~~~にシリアスな場面にも関わらず、
思わず お腹抱えて大笑いしたシーンがありまして。

台湾語ドラマって時々、オーバーだったり、そのシーンのあとで、そうくるか?!と突っ込む展開が多いんですが、これは今まで見た中でダントツかも。

問題のシーンは民視テレビの台湾語ドラマ『夜市人生』からなんですが、
日本の動画サイトでも話題になってました

悪い意味じゃなく「台湾面白い~!」といういい意味でですが。

とりあえず、百聞は一見にしかず、まずは見てください。↓↓↓↓↓↓




マイコーよ、どこまで飛んでいく..・・・。^^;

台湾人の方がこれを面白く編集し、
日本のニコ○コ動画に投稿して火がついたみたいです。



その後、更にトリビアと一緒に合わせて編集されてますね・・・。
(シリアスなのに大笑いしてしまいました)


ちなみにびゅ~~んと飛ばされている役者さん、

前の台湾ドラマ「娘家」でも殺される役でした・・・(´・д・`)o。

ほんまにお疲れ様です・・・。でもこれをきっかけに知名度アップに繋がったりしてね。^^;

2010.03.20 / Top↑
katta01.jpg


しみじみ日記の後にさらっと冷静な日記ですが・・・。


実は最近、引越し前だからか買い物が多いのです。

引越し前はどの家庭も当たり前なんですけど、

家の場合、お皿とかインテリアとか可愛らしいものじゃなく、
どっちかというと男らしく、マニアっぽいものが多いかもしれません。

それに我が家は二人ともシブチンなんで年に一度くらいしか多くお金を使いません。笑)


だから「今日出かけた先で一目ぼれしたので即買いしちゃいましたぁ♪」はしたくても出来ないのですね。^^;

嗚呼、かわいらしい日記が書きたい!(というかとっくに年齢制限越えてますね)

話は変わりますが、
どこでもそうだと思いますが、購入するにあたって高いものは前日までにお互いに申請が必要なのですが、
一定価格以上の生活電化用品になると、
これでもかと何度も他店と価格を比較、機能を比較し、店の方にアドバイスを求め、
自分が求めるものに合っているかを夫婦で話し合ってから更に他店と比較。

そして現品を見た後、再度店員に値段交渉して購入です。

結構店員さんにうざがられてます。苦笑)

日記の続きはここをクリックしてね
2010.03.16 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。