FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

旧正月前後はやたらパイナップルケーキを貰う機会が増えました。

パイナップルは中文で『鳳梨』(フォンリー)といいますが、台湾語ではong5-lai5(オン・ライ)と読みます。台湾語の発音が慶び事が来ることを表す『旺來』(ワンライ)と似ていることから、縁起を担いで正月などのめでたい時や会社はじめ等、お供え物として使われることが多いです。その関係でこの時期はパイナップルケーキの贈答が頻繁にされるということかな。

このブログでたま~に紹介している台湾のパイナップルケーキですが(あれ?一度だけかな?)、
台湾にはほんと沢山のメーカーが存在し、個人の好みもありどれが一番か甲乙つけがいものがあります。

でも、ここ最近いくつか自分の中でヒットするパイナップルケーキに出会いました。

その一つ目がこれ。

今回正月前にも実家に寄ったら、ピンコママから

「友達に貰ったんだけど、これ凄く美味しいのよ!」

とパイナップルケーキをお裾分けしてもらったもの。

paina01.jpg


お世辞にもセンスのいいパッケージとはいえません^^;。
それに、見るからに観光用専門のパイナップルケーキといった感じで、姑に美味しいと言われても、あんまり味には期待してませんでした。


日記の続きはここをクリックしてね
スポンサーサイト



2010.02.24 / Top↑