FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

DSC_1363.jpg



ようやく、家の内装工事がスタート!

それで週末、夫婦で現場チェックに出向いたのだけど、思ったよりかなり作業が進んでいたのには驚いた。天候に邪魔されなければ、台湾の旧正月に間に合う可能性も無きにしも非ずか・・・。

がしかし!

壁を壊す作業の雑さ、散らかり放題の弁当箱やペットボトル、その辺に転がるガラス片、
お菓子の箱、飲みかけのジュース、ビンランの紙・・・うぁぁ^^;。

何この乱雑さは。(; ̄Д ̄)

我慢できず掃除のおばちゃんになって、ゴミ広い。
壊した壁が汚いなどとあーだこーだブツブツ愚痴ってたら、

「でも、こっちじゃこれで普通だよ。」

と夫に言われ、ハァ~~~とため息で我に返った。

ふと部屋の奥を見ると、上の写真のように洗面所となる場所に白いドアが付けられてあった。
中にはコンクリ床の上に直接ドカンと便器が設置されていて、まるで囚人部屋のよう。

なんで洗面所が一番最初に???
ドアもすぐ壊れそうな素材で、丸ノブだし、ちゃんと閉まらないし、しかもサイズ合ってない。

それにどことなーく公衆便所臭いけど??w

「こんなのオーダーしてないよね?!」

訳を聞くべく、早速デザイナーの黄さんに電話。

「ハハハ、ああ、あれはね、作業員用の簡易トイレですよ~。作業員にその辺で用を足されたら困るので
 一番先に作るんです。トイレの配管が出来ているので、外じゃなく家の中に作ったんです。
 もちろん後でちゃんとチェンジしますよ。」


な~んだ、簡易トイレだったのか。知らなかった、それなら安心だ。
ドアは作業員の皆さんのプライバシーの為なのね。

でも、ちょっとまてよ?
もしかして新しいのを取り付けてからも、
現場の作業員の方が必要なら使われちゃうってこと?

用を足すのは自然な行為なのでしょうがない、でもとりあえず綺麗に、そして詰まらせないように
つかって欲しいと願うばかりだ。

でも噂では内装完了後は大抵ハウスクリーニングが入り、綺麗にしてくれるらしい。

じゃあハウスクリーニングの人がトイレにいきたくなったら、やっぱりうちの新しいトイレで勝手に用を足すのだろうか・・、その後はまた掃除してくれるの?それとも適当にやられて私が再度掃除?
あ~トイレ一つで新築なのに新築じゃない気がしてくる。

考えだすとエンドレスになるのでやめておこ・・・。

2009.10.19 / Top↑
今日いつも通っている病院に血液検査の結果を聞きに行くと、あるホルモンの数値だけが高すぎるといわれました。

その高くなる原因は、「ストレス」だそうで。

かなりリラックスして心情もいい時に採血したのに、その数値ということは
今年の5月~7月頃は特にひどかったのかも?

医師曰く、そのホルモン値が高いと排卵を妨げるんだとか。

ここ最近、自宅でマットを敷き簡単なヨガを始めたんですが、ストレスって元から断たないと駄目なんだな~っとつくづく思います。本当の意味のリラックスってどうやって手に入れるのか。ある意味独身に戻らないとあかんかもしれませぬ。苦笑





ところで、さっそく「通訳募集」の件に移りますが、
タイトル通り、半日だけ通訳が出来る方を探しております。


通訳をやってくださる方が見つかりました!
ありがとうございました!!





場所:台北市中山付近(確定次第お知らせ)

日時:10月28日
      時間は昼過ぎから。(3~4時間程度)

仕事内容:タバコ関係

仕事内容:中国語と日本語の通訳(中級レベル~) 

報酬:1万円より。基本日本円で支払いしますが台湾元でも可能です。
(専業の方・経験・経歴を考慮して報酬額は交渉OK。しかし上限はあります)

台湾人・日本人問いません。

が、敬語や礼儀など、最低限の社会マナーをお持ちの方が望ましいです。

実は私の親戚筋からの紹介なんですが、いつも通訳で同行される大学教授が用事でこれず、
急遽通訳の方を探されています。
御依頼者はしっかりした身元の経営者(年配の方)ですのでご安心して
お仕事をしてもらえるかと思います。

ご興味のある方はお手数ですが、お名前、職歴、経歴、日本語中国語レベルをお書き添えの上、
こちらまでメールください。


よろしくおねがいします。

2009.10.17 / Top↑
kuruma01.jpg
桃園八徳市



昨日は夫の車検で車メーカーへ出向きました。

朝11時の予約で、

「2時間程で終わるだろうから、それからどこか行こうか。」

という夫の言葉を信じてワクワクしていたものの、で結局気がついたら夜の7時

8時間もその場所で待つはめに・・・。 (辺りをウーロウロしてすごしました)

既に10年近く乗っている車なので、あらゆる箇所にガタが来ていて交換部品が多く、長い待ち時間以外に思わぬ出費にイライラ。^^;

「しょうがないよ、それに修理して乗るほうが新車買うより全然安いじゃない。」

そう夫になだめられつつ、寿司と刺身をおごってもらい、とりあえず機嫌が戻りましたが、
でもガタが来るのは車だけではないんですよね。

夏を過ぎたあたりからなんですが、どうも身体の方も調子が悪くて。><

夫も同じような事言ってたし、今年の前半は色んな事に遭遇したので疲れが溜まってるのかも。
いけることなら、海外旅行でも行ってのんびりしたいです。

車の話に戻りまして、

8時間もショールームにいたwので、雑誌を読んでいるうちに色々知ったのですが、

台湾国内の今年の車両販売数が、アメリカの例の打撃を受けた不景気から前半はかなり落ち込んでいたものの、今年の夏頃から販売数が増加し、去年の今頃に比べて少し上回っているそうです。


日記の続きはここをクリックしてね
2009.10.12 / Top↑
milkrain1.jpg



前の台風のせいか、とっても涼しい台湾。
あの台風は直撃しなかったものの、二日間ずっと雨。
ミルクの散歩も大変でした。(雨でも散歩なのだ。)

でも、あれ以来気温も一気に下がったことだし、このまま涼しい気温で冬まで行ってくれるかな。

9月は涼しくなったなと思ったら、突然夏に舞い戻ったかのような温度になった日が結構ありましたね。
涼しくなったと思えば、突然夏の気温に戻る事を「秋老虎」と呼ぶんですが、
いわゆる『残暑が厳しい』と同じ意味です。

上空で西南の季節風が台湾を南下して、代わって東北からの冷たい季節風の影響を受け、一旦気温が落ちるものの、北東の勢力は西南風に比べ弱く、季節風同士の抑圧もあって、陸地では暑い夏の日差しに戻るんだそうです。

10月の今はその老虎も何処か遠くへ走り去った感じ。

ミルクの寝姿もすっかり秋冬バージョン、この頃は猫のようにちっこく丸くなって寝ています。



ところで上のミルクの写真、


なんだか泥棒ルックみたいな格好ですが、


日記の続きはここをクリックしてね
2009.10.09 / Top↑
omiya.jpg


今日はちょっと個人的な日記。

というのも、この前遊びに来てくれた友人達から日本のお土産をこんなに沢山頂いたのです。

なのでこの場をお借りしてどうしても御礼が言いたくて。

会えただけでも嬉しいのに、わざわざ持ってきて頂けて嬉しかったなあ^^。

しかもほとんどが、「あ、あれこの前買って帰ればよかった!」
と欲しいと思っていたものばかりでびっくり。(ビビっと信号がいったのかも?)

その上地元にしかない隠れた名産なども頂きまして、
クー太郎さん、まるちゃん、どうもありがとう~~~~~~!


siroscake.jpg


そうそう、ブログ友達のsiroさんは、遠くからお手製のお菓子まで持参してくれて・・・

(買ってきたお菓子のように素晴らしいですが、
  実は全部手作りのお菓子なんですよ~♪スゴイ!)

ブログ仲間のsiroさんは(←クリックでブログに飛びます^^)北海道にお住まいで、お菓子作りに関してプロ並、いえいえ、プロの腕を持つお方。

いつもブログで美味しそうな手作りのお菓子や食材をUpされていて、
指を加えながら羨ましそうにみている私なのです。^^;

あまりに美味しそうなので、いつも

『うわ~美味しそう~!!siroさんのお菓子が食べたい!!』

と言っていた私のわがままで、なんと台湾旅行の前日に作って台湾まで持ってきてくれました。ウルウル・・・

cake.jpg


夫なんて

『うそ!これ買ってきたのじゃないの!?手作りなの!?めちゃくちゃ美味しいじゃん!!』

と絶賛の嵐・・・。このお菓子達、あまりにも美味しくて勿体無いので一日一袋ずつ食べていたんですが、1週間半でとうとう無くなってしまいました。ほんまに美味しかった! 


siroさんゴチでした!^^ 


手作りのお菓子で思い出しましたが、

日本は食材もさることながら、調理の技術レベルも高いからか、
台湾で人気のあるお菓子・ケーキ屋の殆どが日本で修行・勉強後開いている店が多いんですよね。

たまに台北市中山まで美味しいロールケーキを買いに行くんですが、そこの店長も、

 『京都のケーキ屋でロールケーキを食べてものすごく感動したんです。
  それで台湾でこの味を是非紹介したいと思って京都で修行してこの店をオープンしました。』

といっていました。(師範大学の裏の店も、フランスや代官山でケーキの勉強しているし)

一時期、美味しいケーキ屋に行く度に、店長に生クリームはどこのを使っているのかを聴いて回ったことがあったのですが、店の人の答えはほとんど、『海外からの輸入』。

台湾には美味しい生クリームが全然ないから。」

どこの店の台湾人店長も口を揃えて言っていたのが印象的でした。

ほんと、生クリームはいいのがなくてねえ。。。。

台湾でお菓子を作ろうと思っても、材料がなかったり、店が凄く遠くにあったり、
なかなか希望の食材がなかったりして探すのに苦労するのです。


美味しい牛乳が作れる牧場があるんだから、バターも生クリームも作ればいいのに・・・と素人の私は考えてしまうけれど、やっぱり温度や技術の面で出来ないのかな?

日本に帰る度に美味しい生クリームのケーキやお菓子が恋しくなって、
デパ地下ではついつい余計にケーキを買ってしまう私。

だからこうして日本の美味しいものやお菓子が手に入ると、
飛び上がるくらい嬉しくなってしまうのです。



2009.10.05 / Top↑