♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今大阪にいます。

実は父が月曜日に他界しまして、

本日初七日を終えた所です。


「親の死に目には会えないかもしれないよ」

国際結婚をして台湾に住み始める前、誰かにそう言われたことがありましたが、
やはりか、間に合いませんでした。

脳内出血で右半身不随になってから18年、
さらに去年の暮れに末期がんを患い、
人口肛門になってから、不自由の中での
さらなる不自由な状況を強いられていた父でした。

精神的にもかなりのものだったと思います。


私も覚悟はしていたものの、
やはり娘としてその場に立ち会えなかったのは残念でなりません。

危篤時に母が
意識が朦朧としている父に

「reachiaが帰ってくるって!がんばって!」

と言い、父も、
そして医師や看護師のみなさんも祈り

「娘さんが台湾から帰ってくるまでなんとか・・・」

とがんばってくれたようですが、
父は昼過ぎに息を引き取ったそうです。



自分には若い頃の父親との確執があり、
大人になっても
それを引きずっていたのですが、

やはり相手が死んでしまうと
そんなことなどもうどうでもよいのです。

むしろ、
何故元気な時にああしてあげなかったんだろう、
どうしてもっと早くに日本に帰ってこなかったのだろうと思います。


帰国後、棺に納められた父と対面した時は、
春に最後に会ったときから更に10数キロ痩せたんじゃないかと思うほど

細く、そして小さかったです。


葬儀は故人の兼ねてからの遺志により、「家族葬」で身内だけで静かに済ませ、
その後、遠い親戚や友人や大学時代の旧友の方々に知らせる形をとりました。


後から台湾から葬儀にかけつけた夫Hも
空港から北摂周辺までタクシーで飛ばし、
1時間はかかる距離なのに
運転手さんが葬式に間に合うようにと
大急ぎで走ってくれたらしく

出棺の3分前に到着し、
無事父の最期の顔を見ることが出来ました。


私は死に目に立ち会えなかった分、
小さく小さくなった父を自分の膝に乗せて
一緒に家に帰ることができました。


今までいくつかの葬儀に出席してきましたが、
やはり自分の親の葬儀というのは こたえますね。

長年にわたり身体が不自由な父だったので
死してようやく楽になったことでしょう。


今頃父は空の上で飛び回っているかと思います。

でも久しぶりの自由な身体なので

天国で無茶してないと良いですがね^^。

父よ安らかに。




##もうしばらくブログが覗けそうにないので、
コメ返しとコメント欄を放置状態にしてしまいますが
今しばらくお待ちください・・。



スポンサーサイト
2009.08.29 / Top↑
naisou.jpg


残暑お見舞い申し上げます。

あっという間に8月も下旬ですが、台湾ではまだまだ日差しが痛いほどの猛暑です。
ほんと極端な天気・・・

陰暦では丁度この前7月・鬼月に入ったばかり。

*鬼月についてはこちらの日記参照  

夏前だったか、引っ越します宣言してからずいぶん経ってしまったわけですが、
引越しに向けて着々に進んでいるように見えて、実は当の引越し先はまだまだ上の写真のようにコンクリート打ちっぱなしの汚い状態。 (驚きました?)

ここから色々と壁を壊したりして手を加えていくわけですが、
以前日本へ帰国する度に「住宅公園」でモデルルームを見学していたので、どうしても頭では日本と比べてしまいます。こればっかりはしょうがないね。

日本の住宅は、隅々まで考えられた日本の家つくり・デザインで、どれもこれもが納得のいくものばかりで、いつも夫婦でいいなあ~とため息をついていましたっけ。

いいものを見すぎると高い理想と要求ばかりが募るので後が辛いのです。^^; 

さてさて、そんな私達が待望にしてるお引越し、
実は住民票の移動だけはとっくのとうに完了しております。

ただ内装デザイナーとの話し合いにかれこれ二ヶ月かかっており、
身体の移動はまだまだ先の話、引越しはずいぶん先になりそうです。


日記の続きはここをクリックしてね
2009.08.23 / Top↑
sensha01.jpg


思うに・・・・・

結婚してから一番お金が掛かってるのが、夫と車とバイクの保養費諸々だと思う。

車に関していたく綺麗好きな夫、

車についたほんのチョビッとの傷も酷く嫌うので毎回傷がつくたび塗装屋に走る。
(塗装は1000~2000元と安いけどね・・)

車が少し汚れたのを嫌がって、毎週土日は実家に行って洗車していたんですが
いっつも5時間以上洗車にかけるので、待っている嫁(私だ)は姑との話をどうやって続けよう・・と毎回心の底から疲れまくりでね。^^;

最近は洗車屋さんに行ってもらうようにはしているけど、店選びもこれまたうるさくって、

台湾は洗車屋なんて街中至る所にあるのに、料金が妥当でサービスよく、車をソフトに優しく丁寧に扱い、且つ隅々まで綺麗にしてくれる店でないと駄目らしく、ここ!と決めた洗車屋でしか車を洗わない。

そんな車にウルサイ夫に伴って、彼のお気に入りの桃園の洗車屋さんに、この日ミルクと一緒にやってきたわけです。

普通は、夫の洗車になんかついていかない場合が多いけど、ここの洗車屋さんは待っているお客さんの相手をしてくれるかわいいコ達がいるんでそのコ達に会いにやってきました♪


日記の続きはここをクリックしてね
2009.08.21 / Top↑
更新を怠っているのにちょくちょくこちらを覗きに来てくれた皆さん、どうもありがとう

あれからあっという間にお盆も過ぎ、再び暑い日々がやってきました。

台風被害の後、台湾ではインフルが再流行しだして、私も体調を整えて風邪だけは引かないように気をつけなければと思ってます。

そうそう、ここ北部は台風の被害がほとんどなかったんですが、今後何かあった時の為に準備をしておくのはいいかなと思ってから、マイブームというか、勝手に注目しているのが缶詰。(瓶詰めを含む)

台湾にも「ん?」と思う怪しそ~な缶詰から、「あ、コレ日本のと似てる!」的な缶詰まで色々あって探すのは主婦的に楽しいんですが、缶詰ってそもそも中にどんなものが入ってるのか判らない怖さみたいなものがあって、昔は買うことをためらってたことも。

でも今は好奇心で色々買って台湾缶詰を試食してる最中です。

同じ種類でも香辛料臭くて、日本人の好みに合わなかったりするので実際食べてみないとわからなかったり、後悔することもありましたが、新たにコレいける!と思う品に会えると嬉しくなったりします。

缶詰って我が家では大体「お粥DAY」(脂っこいものや贅沢なものを食べた次の日は大体お粥にしている我が家w)に缶詰や瓶詰をお粥と一緒に食します。

アラフォーに片足つっこんでから、たまに台湾料理のフルコースや焼肉なんて食べると次の日ほとんど食欲がなくなるので、そんな時お粥がちょうどいいのです。

で、最近ちょっとはまってるのがこの缶詰。

 menchin01.jpg


これは台湾料理の店にいっても、大体おいてある「麺筋」

麺筋っていうのは、この缶詰の上には湯葉のうま煮と書いてありますが、中国生麩とも呼ばれていますね。

醤油と砂糖ベースの味は甘辛くて日本人好み。台湾のスーパーにいっても「麺筋」缶詰が沢山売られているし、他にピーナッツと一緒に煮込んだのもあります。

menchin02.jpg


私は特にこの青葉の缶詰が「きつねうどん」のお揚げの味っぽくて、かなりお気に入りなんですよ。

白いご飯にも合うので重宝しとります。これをうどんの上に載っけてみたい今日このごろです。


さて次もお粥DAYの時によく夫が食べる瓶詰めなんですが、こちらは台湾中のスーパーでどこでも目にするくらいポピュラー。

kyu-ri.jpg


「台湾キューリのピクルス」って感じです。

最近台湾のキュウリが数減っているそうなので、これもいつかは値上げかしら?
ちなみにこれに使われているキューリ、
普通の胡瓜よりも実の太い、どっちかといえば「瓜」ぽい種類です。

kyu-ri04.jpg


このメーカーのは味付けが甘いので、日本の漬物を脳裏に意識しながら食べると恐らくびっくりすると思います。笑) もちろん沢山のメーカーと種類があるので、他にも色んなお味があると思うのですが、いかんせん台湾は何でも甘いもんが多いですわ。

でも甘辛い田舎の味が好きな私には丁度良かったりしますが。^^

缶詰の続きはまた今度☆


2009.08.21 / Top↑
少し前まで台湾メディアも「酒井法子事件」や「押尾学事件」のニュースをチョクチョク流していましたが、当然というか今は自国の台風被害のニュース一色。

先週まで桃園は全くと言っていいほど雨が降らなかったので、今回の台風でダムの水が戻ればいいな~程度に思っていましたが、水にあえぐ皆の希望を超越した酷いありさまです。
豪雨や台風被害って年々恐ろしいほど威力を増してる気がします。

台風襲来後一日で台湾桃園のダムはすでに許容量を超え、逆にあまりの濁流に水の濁りが心配され、またもや停水の危機。><

679255598.jpg
台風時の桃園のダム・恐ろしい爆水の傍で記念撮影する人も


でも北部なんてまだいい方で、この台風の影響で東部や南部一部で栽培していた果物が全滅。
折れて倒れたバナナの木(一から育てなおし)や熟す前に落ちてしまった文旦や釈迦・グァバ、割れたスイカ、メロン・・・・・。
台風は右側が強風、台風の南側には湿った風が吹くために、台風の南に位置する地域は大雨になりやすいと言います。
よく台風が直撃する台湾は、かなりの割合で南部に水害が集中するんですが、今回も南部各地で浸水が相次ぎ、一番酷かったのは台湾の東南部、「屏東県」。

2725152241.jpg
近くの川が氾濫し橋が崩れて一部の村が浸水した屏東


屏東県の総雨量はこの数日でなんと、2000ミリを超える豪雨。

02.gif


これを受けてニュースではここ50年来、史上最悪の水害だと報道しています。
その他南部各地でも1400~1800ミリの豪雨で、これによる行方不明者、犠牲者も少なくなく、なんとも言えない思いです。早く水が引きますように・・・。

追記:8/11

台東県の温泉地ではビルが崩壊、高雄県の山間部の村では川の氾濫により数百人以上が行方不明か・・・?と、次々酷いニュースが流れました。
数百人規模の行方不明者が出た地域は、川と池の間にある小さな村だったので、豪雨による川と池の氾濫で一瞬で村が呑まれたらしいです。

悲しみが金で癒されるものではないだろうけど、これを受けて報道番組等で寄付を募り、自国民の為に有名人や企業家が寄付をして数億元集まりました。(自国がこんな状態なのに外国へ言ってまた馬鹿な事をしてる人もいますが)

災害に対する安全対策を主に山間部の更なる発展が望まれますが、悲しいかな、どんな大統領になっても、今の台湾山間部で台風による災害対策の決定打はないような気がします。
山や自然と闘うようなものじゃないですかね・・・。人間がどんどん自然を犠牲に壊していくなら別ですが。

日本も台風9号で豪雨の中、次は大きな地震があったようで心配です。
もう台風が来ませんように!


2009.08.09 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。