FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

kid0037-001_m.jpg



朝、たまたま見ていたNHKで興味深いニュース。
日本は年々国際離婚が増加しており、それに伴い深刻な問題も増えているという話題でした。

日本人と外国人の国際離婚は10年前の二倍、去年は2万組もの人が離婚をしているとコメンテーターは話しますが、離婚数の増加の裏には国際結婚の増加があり、1997年の国際婚姻数が28251人として、2007年になると40272人まで増えてるってことです。

でも婚姻数と離婚までの経緯の長さがわからない離婚数を比べるのはあまり意味ないような気がしますけどね~。ちなみに日本人の男女でどちらが国際結婚が多いかと言うと、圧倒的に日本人男性の方が多いみたいです。女性の四倍だって。

なぜ国際結婚をしたのかを考えてみたんですが、農家等の後継ぎ問題は別にして、自分の場合、ただただ行動と興味範囲、自己キャパシティを広げていったらば自然に、たまたま外国人と恋愛していた・・・という割とあっさりした理由。笑

仕事や趣味で外国人との接触が多かったからかもしれないけど、恋愛における或る種の壁なんていうものは、実際自分のテリトリー内に入ってしまうと何も感じなくなるもんだと思ってますわ。ま、それが後々の問題の引き金にもなるんですけどね・・・。^^;汗

自分が馴染んだ土地だけで行動していたり、何より自国以外は興味がなかったとしたら、もちろん普通の結婚をしているだろな~と思いますが、どちらの結婚でもその時の自分が幸せなら万々歳ってことです。でもね、自分が幸せならいいさ♪と言ってられるうちが花なんだよな~。

自国人同士の婚姻でさえ、離婚になると裁判があーだ、親権がこーだと争うんですから、国際婚姻の離婚はもう大変です。文化、法律、価値観で攻撃しあいます。

その中でも特別困難な事に発展するのが、子供の親権連れ帰り 。


日記の続きはここをクリックしてね
スポンサーサイト



2009.07.15 / Top↑