FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

shokuji001.jpg




陰暦の新年を迎えてから、大体4日目~5日目(初四~初五)の時期には毎年恒例となった、ピンコママ親戚一家の集まりがある。

うちは義父の方の親戚とはほとんど付き合いがない為、何かにつけて近所に住むピンコの親戚達と食事会をすることが多いのだ。

夫H曰く、これは基本的に「回娘家」の食事会の一種らしい。じゃあピンコママはしょっちゅう回娘家してるのねってことになるが・・。でも姑がこうだと、結構嫁としては楽かもしれない。

毎回こういったアレンジと会場セッティングは、ピンコママの義弟である「小舅(xiao3jiou4)」が執り行う。

*「舅」というのは、妻、所謂母方の兄弟の意味で、ピンコママの一番上のお兄さんのことは「大舅」、その下の次男は「小舅」と呼んでいるのです。台湾は母方父方で呼び名が違うのでややこしい。

そういえば台湾に来てまもない頃のこと。

親戚が叔父さんを「小舅(シャウジョウ)~」と呼んでるのを聞いた時、
てっきり「小舅」が会社の社長をやってるから、「シャチョー」と呼んでるんだねえ、へえ~日本語ここでも使われてんだねえ~と本気で思っていたので、笑

勘違いした私が「シャーチョーサーン!」と叔父さんに対して、真面目な顔で外人風に呼んでみたところ、「舅媽(小舅の奥さん)」に思い切り大笑いされた事があった。(社長:シャチョーって言葉は台湾でもわかるらしい)w 

その「小舅」がセッティングした店が、親戚にはなぜかあまり評価が高くなくて(今回も^^;)、

もっといい店があるよといわんばかりに、時間をあけず、また次は「大舅」や「ピンコママ」が食事会をセッティングして、他の若い衆は休日と用事を犠牲にして参加するというわけだ。



日記の続きはここをクリックしてね
スポンサーサイト



2009.02.05 / Top↑