FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

先ほどパンチ(書類に穴を開ける物です)を購入しに、近くの書店兼文房具店へ行った。



台湾の書店は一階が書物、二階が文房具になっている造りが多く、文房具だけではなくベルトやカバン、マスク、靴下等の雑貨・小物まで売られているのでついつい長居してしまう。



そんな雑貨小物が置かれている書店内で、台湾でありがちな激安靴下コーナーがあった。



そこにずらりと並べられた靴下は、台湾でどこにでもある変哲の無い普通の靴下ばかり。



okashinanihongo01.jpg



でもその中の一足を見て、思わず、んん??? (*′艸`)



22


 『流行します』 だって。 ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ




「そっか、流行するって名前なのかぁ~。」



と、既にここでの生活が随分経つ私は非常に優しい気持ちで観察できるようになった。




この程度ではあまり驚かなくなったという方が正解かもしれないけど。笑




でも、日本語が間違ってはいないのに、不完全文だとやっぱり怪しい靴下に見えてしまう。 




一体何が流行するのか・・・・・・(*´д`)?? ハタシテ・・・




で、現場で再度探してみたら、




その下でもう一つ同じような靴下さんを発見。




okashinanihongo03.jpg



 『靴下が』 だったか! そのままやん・・・。正直言えば、もっと捻ってほしかったなw





二つあわせて 『靴下が 流行します。』 なんだね。Σd(゚∀゚)




っていうか、これだけを先に見た人は、「靴下が、一体何なんだっ?!」と戸惑うかもしれない。




主語の靴下の方が下に置かれてまさに倒置法になっていたので



『流行します、靴下が。』なのかもしれないけど。笑




変な日本文でも、大して気にならない地元の方ならいいけれど、




日本人だとどうしても文章が完結していないと気持ちが悪くて




なんだか変な力に圧されたように、二足もセットで買ってしまった私・・・・笑 (店が撮影禁止だったのもあるけど)




恐るべし、おかしな日本語商法。笑




といっても、一足25元程度の安~い靴下なのでいいか。^^;




でもお土産にするなら、もうちょっと変な日本語の方がいいかな。




~関連日記~

思わず突っ込んでしまうオカシナ日本語

●台湾の奇怪な日本語   



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ご訪問ありがとう♪その他台湾情報はこちらにもあります

人気ブログランキングへ 応援ポチ宜しくお願いします♪

2009.02.11 / Top↑
 yuenxiaojie1.jpg
 


夜になってからミルたんを連れてもう一度お寺に行ってきました。^^

スーパーもそうですが、さすがに寺の中にはミルクを連れては入りませんでしたが、犬連れの家族が何人か、堂々と犬を連れて入ってましたね。^^;(ノーリードで)
管理人の人も何も言わないけど、本堂に犬を連れて入ってもいいのかー。
でも万が一オシッコでもしちゃったらバチが当るかもしれないwa。苦笑




日記の続きはここをクリックしてね
2009.02.10 / Top↑
gohukumiya01.jpg



今日は元宵節
元宵節、陰暦でいう正月一月十五日にあたります。

この日台湾のどのお寺でも、色とりどりのランタンや沢山のお供え物、参拝客でごった返していることでしょう。そして夜は花火がバンバンあがってることと思います。 (ちょっとうるさいけど)

うちの近所にもそれほど大きくはありませんが、中規模だけど地元で有名なお寺「五福宮」があり、自分も一人でちょくちょく参拝に通っています。

ここはお堂の裏で蛇が数匹飼われて(祀られて?)いるのでも有名です。

郷に入れば郷に従え----、
台湾の神様のことは正直今でもよくわからないけれど、願い事があるならまず住んでいるその土地の氏神様にお願いしたらいいんだと、毎年一年の無病息災のお願いに来ています。


日記の続きはここをクリックしてね
2009.02.09 / Top↑
seaanddog1.jpg



友人家族を呼んで、自宅で「たこ焼きミニパーティ」をすることになったので、前にも日記で書いたことのある、竹圍漁港海へ蛸を仕入れに行ってきました。

ついでに牡蠣(日本産も売ってますが高い)、刺身(サーモン等)、魚丸子(つみれ)も購入。

700~1000元(2000~3000円前後)もあれば、結構な量の海鮮物を買うことができますよ。

でもここ桃園付近の漁港より、実は台北最北部の漁港「北海」あたりの方が安くて豊富で、新鮮な魚介類が多いんですが、こちら桃園は気軽に30分で行ける距離。やはり生ものを買うとなると、時間を考えて距離の近い方へ行ってしまいます。



日記の続きはここをクリックしてね
2009.02.08 / Top↑
 taipeihe01.jpg



休み中の出来事になりますが、私の住んでいる台北県林口・桃園県の山の手あたりでは、写真のように、いや写真よりももっと濃い霧が発生することが多かったです。
なにせ前方数メートルから先が真っ白で視界がきかないのですから、夫もかなり安全運転でした。

夜、霧でまったく見えなくなった人気のない道路上で遠くを眺めていると、ついつい映画「MIST (なんだこりゃというオチ)やあの 「サイレントヒル」 を思い出してしまいます。w

湿気で発生するカビも気になりますが、今年になって寿命がきて買い替えしないといけない家電の方が気になる私たちは、この日は台北駅前へ買い物に出かけました。


日記の続きはここをクリックしてね
2009.02.06 / Top↑