FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

不妊治療を始めてからちょうど2年。
人工授精を4回~6回、3年4年5年と長く治療を続けている方が多い中で、治療二年の私はまだひよっこレベルの方。

ヤフーで「台湾、 不妊治療」と検索するとこのブログが一番TOPに出てくるからか、このブログを通じて国際結婚の方はもちろん、台湾在住或いは日本で不妊治療にトライしている等、同じ境遇の方々に沢山のメールを頂きました。  アリガトウ!

毎回メッセージを頂く度に、「不妊治療」にがんばっている方の多さに驚かされ、励まされ・・・。


他の方の努力と比べて中途半端だった自分の努力に気づいて、皆あんなにがんばってるのに、私って本当に子供がほしいと思って治療してるのか?と自問自答する事も多々ありましたが、でも色んな方の状況をしることで、逆に前より人に優しくなることができたというか、人の気持ちにより敏感になった気がします。

以前はアクセスが少しずつ増えていくに従い、自分のブログで治療について書く事ってどうかと悩んだことがありましたが、私自身はあっけらかんとしていても、人によってはかなりデリケートなこと。
私はすでに子持ちの友人も沢山いるので、相手に気を使わせそうで逆に申し訳ないかな・・と思うこともあります。

でも、言い方は悪いですが、自分の気持ちや経験を晒す事によって、どこかで誰かが共感できたり、情報を知ることができたのだとしたら、少しでも意味があるのならそうするべきだと今は思っています。

このういう日記を見て眉をしかめる人もいるかもしれませんが、そう思う人がいてもそれでいいんです。

女性の身体の具合がどうとかなんて、一番身近な夫ですらなかなかわかってくれないことも多いんだから、他人ならなおさらだもんね。^^

うちの夫も治療して長いにも関わらず、私の使っている薬の副作用も怖さも知らないし、女性の排卵のしくみを未だにイマイチ理解していない。
それに仕事が忙しいので、自分の飲んでいる薬もどういう薬なのかよくわかってない、それが現状です。^^; 
いくら夫が優しい、治療は夫婦で協力していける、とはいっていても、本当の意味で二人がお互いの気持ちを理解しながら進んでいるかっていうと、これがなかなか難しい。

不妊の原因はなんであれ、女性の負担が多いこういう治療だからこそ、ネットのどこかで100人、10人に一人、どこかに同じ気持ちの方がいたとしたらそれは嬉しい限りです。

私はポジティブだとよく言われますが、そんなことはなく、性格は人一倍ネガティブだと思う。
でもネガティブではいつまで経ってもこの状況に慣れることは無いだろうし、大事な「運」も後押ししてくれない気がします。だから無理やり自分を前向きに押しやるようにしているのかもしれません。
自分は外国に居る、自分でなんとかやってやる!という何かがそうさせているのかなぁ。。。

女って自分の体験や気持ちが他人と共有してるとわかると安心するのか、私も友人に相談して気が楽になったし、同じ境遇の方のブログやHPを読むことで随分救われました。

ブログに自分の生活を晒すこと、他の人のブログを読むことは、ある一種の治療法ともいえるかもしれませんね。勝手な言い草かもしれませんが。^^


台湾の不妊治療に興味のある日本人の方も多いので、こういう方法があるということもお知らせするために不妊カテゴリーでは治療内容を詳しく書くことがあります。
でも見たくない方もいらっしゃると思うので、そういう方はスルーしてくださいね。
日記の続きはここをクリックしてね
スポンサーサイト



2008.12.07 / Top↑