FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

men01.jpg


最近夜はずっと麺!
無性に麺が食べたいので、外でも家でもとにかく麺ばかり。w

台湾は外へ食べに行く方が早いし安いし簡単!
でも、たまに「台湾の麺」を家で再現したくなる時があるんですよ。

台湾風の麺に飽きたら、次はウドン、次の日はソーメン、そして焼きそばまで作ってしまう始末で、明日はスパゲティにするかもしれませぬ。苦笑

いえね、この暑さで、今は何故か白いご飯を食べる気にならんのです・・・・。^^;(夏バテか?)
夫はさぞいい迷惑!と思いきや、麺好き台湾人なのであまり気にしていないよう。ホッ~

上の写真は、そんな中の一品、モヤシとニラのシャキシャキスタミナ麺

もやしは面倒ですが、根っこの部分、三分の一を取って使います。(炒める時も同様に)
口当たりが悪いとの事で、台湾の実家でこれを忘れて料理すると姑にブチブチ言われるのだ。^^;

「食卓の肉を減らそう」キャンペーン中なので、豚肉は最小限だけですが、
濁るのが嫌なのと、Q的食感が欲しいので片栗粉を塗してます。
鶏スープで肉とモヤシ・ニラを煮込んで、麺(茹であがった)にドドドとかけて10分ほどで出来上がり~の簡単麺。
調味料は塩コショウ、時に旨味調味料で、すりおろし大蒜が少し入ってます。
一人単価50元(180円)くらいで作れました。やすっ・・


そして日記の題名につけたピリ辛麺はこちら!


men02.jpg


台湾生産の「辣椒剥皮」 というビンに入った青唐辛子の皮を「きゅうりのQちゃん」風に漬けたもの(あくまで個人の味覚で)を使います。

元々はピンコママが気に入って使っていて、私に教えてくれた麺なんですねー。

いや~、台湾女性ってね、ホントに辛いものが好きなんですよ。
そういえば台湾の友達でも、辛いの大大大好きで「ババネロくらいが丁度良い」というツワモノがいましたよ。^^;ひえぇ~っ

セブンイレブンに行ったら、スナックコーナー一面に唐辛子系お菓子のオンパレードだし。笑

でもこのビンの青唐辛子の皮というと、し~っかり漬物みたく漬かっているので、
さほど辛くはありません。

しかし! 

試しにちょっと煮込んだ辣椒剥皮をカジってみましたら、
最初は大丈夫だったのに、後から辛さがグングンとやってきて汗ダク!w HOT!

(辛いのが苦手な人が辣椒剥皮を食べるとお腹を壊しちゃうおそれがあるのでご注意!)

早速これを使用した麺の作り方ですが、
鳥ベース(写真は台湾地鶏三分の一を煮込んだもの)のスープが煮立ってからこの唐辛子の皮を2~3本(辛いモノ好きは4~5本)放りこんで更に煮込むだけという簡単さ。

うちは一応辛さを押さえる為に野菜(今回はキャベツ)も沢山いれてます。

いい地鶏は高いので、普段は安いブイヨンを使うんですが、調味料として塩少々にごま油を小さじ1杯加えています。こうすると日本のラーメンに近いかな?
このピリリとした、うまい鳥スープの後から来る唐辛子の刺激が
何とも言えずたまらなく好きで、よく作ります^^。

カッと汗をかいて、バッと冷たいシャワーを浴びる!
結構いいでっせ~~♪^^

唐辛子のカプサイシンは脂肪を燃焼する力もあるというのでダイエットにも♪




にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ いつもご訪問ありがとう♪台湾オモシロブログはこちらにもありますよ^^

人気ブログランキングへ お好きなミルクをポチっとお願いしま~す。^^
2008.07.25 / Top↑

tenrankai1.jpg 



週末に開催された台北ペット用品店。

今回は最近知り合いになったラオバンが出店していることもあって、
差し入れを持って、混雑する時間をさけて早めに会場入りした私達とミルク。

それでも沢山のワンコ連れの人人人!

こんなに大きな会場なのに、夫の会社の同僚夫婦にばったり出会ったり、
高校時代のクラスメートに(コンパニオン会社をやっていた)も
偶然再会したり、彼的には出会いの多い一日でもありました。

こういう大型のペット用品店は、
時間が来るとコンパニオンを使ってイベントを行い、ペット用オヤツなどを
無料で配ったりするので、ソレ目当てのお客さんも多いです。

もちろん私も数々のドッグフードや、缶詰試食品(もちろんミルクの)、シャンプーのサンプルをゲット!
高校時代のお友達も、コッソリばら撒き用のオヤツをくれました。^^;

今回からは鳥用の餌も忘れてはいけない。

1キロの鳥用の餌を購入し、鳥用ビタミンフードのオマケをゲット♪

地面の汚い場所や、公共の場所にもミルクを連れて行けるようにと、
犬用のバギーをどうしようか迷ったんですが、
やはり、また今度にすることにしました。

また日本に帰省するので、今はお金をあまり使いすぎないようにしないとね。。

そんなで無料モノばかりもらって

結局あまり購入しなかったんですが、今回も沢山の台湾のワンコ達に出逢う事ができましたよ。


日記の続きはここをクリックしてね
2008.07.24 / Top↑
kotori01.jpg



台風も過ぎ去り、今宵は静かな夜を迎えております。


我が家では夜になるとミルクの散歩をしに外へ行くのですが、

我が家では、散歩をさせるのは犬だけではありません。

そう、あの拾ったインコ(オウム科だった)の散歩どす!

家の中で30分ほど放して自由にするだけですが、インコの動作がかなり面白いことに気が付きました。

拾ってからというもの、ビラを張ったり、オウム・インコ掲示板で飼い主を探したのですが、

結局何の音沙汰もなく今に至ってしまったので、めでたく?うちの子となったわけです。

名前は「ピータン」(笑) お腹の色が「皮蛋」に似ているので、そう名づけました。(安易だ)

義弟に

「まるでスヌーピー一家みたい!」

と笑われましたが、ミルクと黄色い鳥、漫画スヌーピーのように二匹が仲良くしてほしくとも、

現実にはなかなかそうもいきません。






日記の続きはここをクリックしてね
2008.07.19 / Top↑
sakiyomi.jpg



日本で復帰直後のキャスターが野球選手と不倫(てか浮気?)して、ちょっとの間芸能ニュースが騒がしかったみたいですね。
確かに女性も「学習能力がないアホやな~」と思いますが。
でも他人の不倫についてどうこう言うつもりもなく、わざわざテレビ局に電話で抗議まではしたくはないなあ。
今回の不倫後の処分を見て思ったのですが、日本は「浮気」に関して、やっぱりまだまだ女に厳しく男に甘いということ。 

こういうニュースを台湾のオバサンが見ると、また
「ほんと日本の男は浮気ばかりして!逆に台湾の男はね・・・」
な~んてブチブチ言ってきそうですが。^^; (どっちも一緒じゃわぃ)

でも、確かに、野球選手(コーチ、監督)には浮気してる人が多いですねえ・・・・。

それで思い出すのは自分が20代の頃のこと。

友達に野球選手やスポーツ関係とばかり交際して、合コンまで自分が主催しているコがいたんですね。時々数合わせで私も呼ばれたのですが、選手に全く興味のなかった自分は、ひたすら飲んで食って騒ぐのみ。正直言えば、その友達の狙っている選手の前で引き立て役になってあげてから帰るだけ。^^; 

そんな傍から彼らを色々観察しておもったのは、年若い選手なのに有名だからか態度が非常にでかかったり、若くて可愛い大学生だけを自分の傍に呼び寄せ、日替わりでお持ち帰りしようと企んでいる人の多いこと。。

真面目だと思っていたある新婚の選手なんて、結婚指輪を見せながら
「今の彼女は23歳の大学生なんだ♪」
と告白しびっくりさせたと思ったら、、数日後には女子アナとフライデー。w やはりその後は離婚してましたね。( ; ̄ω ̄)ゞ

友達曰くカノジョが居ても飲み会に喜んで来る選手なんてゴマンといたらしいので、奥さんがいても不倫するのは「野球選手の甲斐性」なのか?(あるいは既に感覚マヒか?)

昼間はガタガタなのに、夜だけ元気な選手が年俸ん千万・億をもらっていると知ると、ふんと人生嫌になりますよ。 

さてさて、そんなことは置いといて、

今日の台湾日記でも同じ不倫つながりでございます。

自分がずっと見ている例の台湾語ドラマでも、当初の嫁姑問題から、流行?の不倫フリン泥沼状態へと話が突入しております。^^;


それを受けてか、テレビ局の掲示板には、このドラマの不倫に怒った台湾の熱い視聴者から、
「いいかげんにせい!」、「子供に悪影響!」「台本を変えろ!」といった激しいコメントが目立つようになりました。^^;;

今の日本のドラマは単調すぎるからか、視聴者がドラマの中の人間に感情移入することって、あまり聞かなくなったと思うのですが、
ドラマのワンクールが長く内容も濃いぃぃ台湾では、視聴者が役に入り込み、役者が「とばっちりを受けてしまった」ケースをよく耳にします。



日記の続きはここをクリックしてね
2008.07.15 / Top↑
mishukouen1.jpg



ちょっくら用事で台北へ。

台北は気軽に入れる公園が多いので羨ましい。

もちろん郊外も自然はとても多いんですが、

やはり台北のようなきちんと整備、監理された公園・区域はまだ少ないように見える。

ところで、上にある写真。

まるでジュディオングの衣装のような見事な垂れ下がりの樹木ですが、

台湾ではどこでも見かける木なんです。

でも私未だに名前を知りません。^^;

何科になるのかさえ知らないので、調べようがない。。。ご存知の方いらっしゃればご教授ください。

*「がじゅまる」でした^^どらみさんありがとう!

日記の続きはここをクリックしてね
2008.07.14 / Top↑