FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

ここらで南投県の話に再度戻りましょう。

kanban.jpg



南投県の「埔里」から「霧社」にかけて車を走らせると、両側を険しく高い奇岩に挟まれた道路上に黄色い看板が見えてきます。

『人止関』  

"人止関"とは警告の意味を含んだ地名です。(看板は最近新しくしたもの)

海拔1,148mに位置する霧社は、中央山脈の渓谷を見下ろす脊稜の台地に在り、山々が深い濃霧がかかる事からその名前の由来にもなっています。
昔、この一帯は、多くの原住民族が集っていました。
特にこの周辺はタイヤル族とブナン族の「居住狩獵地域」でもあった為、度々平地人が開墾で山まで侵入して来ると、原住民との諍いが絶えなかったようです。これを受けて清朝の時代の統治者が、ここに「漢人止歩」の意味として「人止関」を設け「万が一彼らの土地に足を踏み入れたならば命の保障はない」として漢人と原住民の境界線としました。
(当時の原住民族には首刈りの習慣があり、かなりの漢民族などが被害にあっている)
1902年に日本から派遣された調査部隊14名が全員殺害される事件を受け、当時の日本政府の原住民への「帰順」が強まったと言われています。
高く険しい奇岩に両側を挟まれたこの場所は、霧社事件のリーダー莫那魯道達が事件後の抗争で死守した砦だとも言われているのです。
日記の続きはここをクリックしてね
2008.04.02 / Top↑