FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

子供を望んでいる女性にとっては、なんとなく本能でわかっていたとしても、毎月来るべきものが来てしまうとやはりガックリきてしまう。

そんな私を慰めるかのように、ミルクにも同じ日に二回目のヒート(発情)が来てしまった。

dsc_0219_20080420142230.jpg



日記の続きはここをクリックしてね
2007.11.17 / Top↑
台湾には柴犬愛好者が多いといわれていましたが、普段公園を散歩していてもそう頻繁に柴犬に出会うことがあまりありませんでした。

でも台湾ブログを通じて、地元の柴犬ママ達とやり取りをするようになり、「小柴の集い」という柴犬クラブなるものの存在があることを知ったのです。今回柴犬の会が行われるということで早速参加してきたのでアリマス。

shibaken02.jpg
日記の続きはここをクリックしてね
2007.11.15 / Top↑
このところ週末に夫の付き添いでお酒を飲む機会が増えています。

夫Hは全く呑めないので、お酒を勧められて乾杯をするのは妻の役目だと自分で勝手に解釈している私ですが、この前は飲まされすぎて酔っ払ってしまいました。(会場を出てからフラフラ^^;)

弱くなったわん

日本もこれから年末にかけて忘年会シーズンだな~としみじみ故郷を懐かしんでいる今日このごろ。

さてこの前の土曜日のこと。

enkai05.jpg


夫の同僚の結婚式があったのでまたまた台湾の披露宴に参加しました。^^

会場は新竹県新竹市の大型餐廳でした。新竹での結婚式は、日台の友達が3年前に披露宴を挙げてから以来で、客家人が多い新竹の台湾人同士の結婚披露宴にちょっと興味がありました。

招待状には《午後6時から開始》とありましたが、台湾披露宴は書かれてある時間よりも大体1時間くらい遅く始まると思っていい( それもいきなりだ )ので、ぶっちゃけ6時45分くらいに到着しても大丈夫。苦笑

ちなみに新竹は特殊な地形にもより、いつも強風が吹くことから、別名『風城』と云われるほど風が強いことで有名。この辺の山は風力発電も多くみらました。

日記の続きはここをクリックしてね
2007.11.12 / Top↑
ようやく自宅訪問となり、またまた違うエレベータに乗り込んでかなり上階へ上がります。

ナントカとナントカは高い所が好きといいますが(苦笑)、台湾でも高層の高級マンションはやっぱり上から埋まっていくそうですよ。^^;

さてさて、ワンフロアに二戸しか部屋ない広~いフロアへ到着しました。
お向かいさんはまだ居らず気兼ねしない最高のシチュエーションはなんとも羨ましい。
はっきりいって踊り場だけでも人が暮らせる広さです^^; やっぱ、主婦的に気になるのはこのお部屋のお値段でしょうねえ。

この物件、一番狭い150坪でも、4500万元から(約1億5000万円~)するとのこと。250坪の部屋はおそらく倍(2~3億円以上)ですね。とすると1坪当たり約30万元~となりますが、これは台北のセレブ専用レジデンスや地価と比べてもまだまだ格安。台北人気区の物件がどんだけバカ高いかわかり、現在台北からここまで引っ越してくる人が急増しているのも頷けますね。

ちなみに台湾では部屋の値段の中に内装費は含まれておらず、室内設計は別に頼まねばなりません。何もしないと、白い壁ばかりの殺風景なお部屋のまま。

30坪~40ぐらいの部屋ならうまく自分でDIYしてお洒落に変えれますが100坪超えはさすがに難しいでしょう。建築会社と提携している設計会社もありますが、大体坪あたり数万元から請け負ってくれるようです。この部屋も室内設計を施工したもので、なんだかんだトータルで計算してみると結局6000万元(約2億円)近くしたとか。OH・・・

日記の続きはここをクリックしてね
2007.11.04 / Top↑
前回、まるで美術館のような廊下を歩き、パブリックトイレまでも、隅々までチェックした私・・・。

「億ションと言っても、桃園だしたかが知れてるわ!」と馬鹿にしていた自分はかなり圧倒されてしまいました。

どこを重点的に見ていいかわからず、口をあんぐり開けながら天井ばかり見ていたので、高い位置についている電灯を指差しては

「でも、電球替える時大変ね!」

と主婦目線でどうでもいいことを言ってしまうのでした。(電灯の交換は管理スタッフが^^)



 女主人 『展望台行ってみる?』
 私    『て、展望台あるんですか??』


びっくりしながらも、屋上へいくために、別棟に設置されている展望台専用エレベーター(直行)へ向かいます。
エレベーターに入る時、このマンションの販売員(女性)とお客様ご一行とすれ違いましたが、無口な客を引き連れて、生き急ぐかのようによく喋るセールスマンの組み合わせってのは、金額に関わらずどこでもいっしょなんだなぁと感じます。^^;

「すごい!」「豪華!」「広い!」

と、さっきから同じ単語ばかり繰り返してるのですが、そうこうする内にエレベータは展望台に到着です。
日記の続きはここをクリックしてね
2007.11.03 / Top↑