FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

先週末にテレサ・テン〈本名:麗君〉のドラマが台湾でも放送されていました。


あわせて去年の秋に行ってきた台北県金山郷周辺を訪れた際のテレサテン記念公園の写真がありますのでここでUPしたいと思います。

p1010583_20080414194524.jpg


1995年、今から丁度12年前になりますが、台湾雲林県出身の外省人であったテレサ・テンは訪れた先のタイ・チェンマイで死去しました。

台湾人とって余りにも偉大であった彼女は、台湾にて国葬級の葬儀が執り行われ、彼女の遺体は火葬されず土葬で埋葬されており、今もなおこの地で安らかに眠っています。
(故人の地位が高い場合、台湾では火葬はせずに土葬する場合があります)

彼女の墓地周辺は金宝山の筠園の中に位置し、テレサ・テン記念公園(麗君記念公園)として特別に整備されています。

現在では日本人を始め台湾国内からも引っ切り無しに観光客が沢山訪れる場所。亡くなってからも忘却の影なく、ずっと人々の心の中に残りつづけているのです。

p1010587.jpg

記念公園の入り口付近。

ここからは写真撮影OKですが(警備員に確認済)その他のお墓は撮影してはいけませんよ。

p1010589.jpg

入場すると彼女の歌が流れる、大きなピアノの鍵盤が置かれてあります。

足で踏めば音がでる仕組みです。


お墓へ続く石畳の周りには綺麗な花が沢山咲いています。土地柄か、芝生の上に蛙がピョンピョンと異常に多かったのが印象的でした。

img_2100.jpg

記念公園内では自動演奏によって、彼女の数々の名曲が繰り返し流れており、歌声と共にファンからの花束も絶えることはありません。

img_2098.jpg

彼女の代表曲はとても多く、中国語の「月亮代表我的心」は私もカラオケでよく歌います。彼女のおかげで台湾を知った人も少なくないのではないでしょうか。


私達は車で訪れましたが、台北から彼女のお墓まで行くには、直接の交通手段がほとんどありません。バスで金山方面まで出向き、そこからタクシーを使って向かうか(そこから約20分ほど)、若しくは直接台北からタクシーに乗り行くしかないようです。
帰りもタクシーを捕まえる事が難しいため、往復で頼んだほうが無難ですね。(1時間半ほど)

現在はホテルでも遊覧ツアーとして組まれていることがあるので、ホテルか観光会社にといあわせてみることもお勧めします。


皆様も機会があれば足を運んでみてくださいね。
日記の続きはここをクリックしてね
スポンサーサイト



2007.06.04 / Top↑
葬儀の間、ずっとお利口さんに留守番してくれたミルクへのご褒美で、近くのドッグランへ連れて行きました。ここは台湾でブログ巡りをしていた時に、たまたま見つけた場所です。

狄恩絲(デニス)寵物休倶樂部・ 桃園縣大園郷三石村4鄰36-9號

桃園空港からも近く、田んぼが並ぶ田舎道にあります。

入場料は人間一人につき100元。ワンちゃんはプール使用量含めて200元です。
計400元(1500円)かかりましたが、その内200元の飲食料金が付いていたのでかなり安いと思います。さ、ミルクには心行くまで走ってもらいましょうか。

epsn0013.jpg

柴の幼犬♀が二匹も飼われていました。とっても活発で可愛いです!このサイズ懐かしいな~~♪
しかしミルクは何故か近寄らない。^^;

epsn00015.jpg

ミルクの訓練用ボールなんだけど、二匹に噛み噛みされてボロボロになってしまいました。笑

epsn0010_20080414193136.jpg

ここのスタッフは一時間おきに預かっているワンコを訓練していましたが、訓練というにはちょっと甘いかな?

epsn0009_20080414193214.jpg


泳がせてみると、意外に泳ぎが上手だったミルク。

ミル 「意外ときもちいいんだワン♪」 

やっぱり泳げないワンちゃんはいなかったのね!

epsn0008_20080414193152.jpg


でもちょっと困った顔をしているのは気のせいかな。苦笑 

みるく  「生きるためには仕方ないの~

epsn0014.jpg

何度も往復させて疲れたご様子。

みるく  「はぁ~、気持ちいいけど、ママは厳しいから参るわん・・・・」

epsn0016.jpg

ここで突然、ラブラドールの女の子がプールに乱入してきた!

ラブ 「ぐっはぁ~お水最高~

迷惑そうなミルクの横で、プール大好きラブちゃんはもう暴れる暴れる・・・

み 「ちょっとこの犬なんなの?どんだけぇ~なの!」

epsn0015.jpg

ラブ 「ちょいと柴さん、あたしなんてこんな距離楽勝だわん♪」

みるく 「ちょっと待ちなさいよなの~。貴方の泳ぐ波でお鼻に水が入ったの~」


たくさん走ったので、今日の夜は疲れて爆睡してくれるだろうと思う。

日記の続きはここをクリックしてね
2007.06.04 / Top↑