FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

p1010570.jpg


この前、拝拝で使った鶏肉一匹(上の写真)を貰いました。台湾名物「塩酥鶏」ですね。

昨夜は丸ごと蒸し器にいれて温めなおし。

さすがに鶏肉丸々一匹の香りったら かなりのもんで、部屋中に匂いが充満してたよう。

ご飯を食べたばかりのミルクもしきりに鼻をヒクヒクさせてにおいの元を探しています。


うちは室内犬なので、料理中はできるだけキッチンの中には入らないように躾けしていて、いつもこうやって(写真)仕切りの手前でチョコンと座って料理が終わるのを待っているミルク。

p1010571_1.jpg


ご飯の準備が終わって、鶏肉にかけてあったラップをキッチンのゴミ箱へ捨てました。

まだ夫が帰るまで時間があるので、みるくをキッチン前からリビングへ呼び、私も他の部屋の掃除でその場から移動したんです。

でも、暫くして見渡すとさっきまでリビングにいた筈のミルクが見当たりません。

「あれ?みるく?」

あ、もしやと思い、キッチンを覗くと、ゴミ箱をしきりに嗅いでいるミルクが。


でも、ちょっと待った。

なにやら口をムチャムチャやたら動かしている・・・・・・・。 汗

「・・・何食べてるの?」

ミルクの足元をみると、先ほど捨てたはずの油まみれのラップが床に散乱しています。

「みるく?もしかして食べたの・・・・?」

残ったサランラップをすぐに調べてみると、現状の4分の1程しか残っていません。

 「え!本当にラップ食べたちゃったの!?」

ラップには先ほどの鶏肉の匂いがしっかりとついています。

ゴミ箱を漁る行為は今まで一度もなかったし、しかもその日は二度もご飯を食べたので、こんな事はないだろうと安心していた飼い主の私。

犬の誤飲は全くもって 飼い主の不注意です・・・

急いでみるくの口をこじ開けて口の中を見ましたが、でも既にラップは見当たりません。

犬は一度口に入れたものを、飲み込んでしまう習性があり、怒れば怒るほど私から逃げてしまいます。

判ってはいるけど、焦ってしまい追いかけずにいられません。

ネットで誤飲後の処置を調べると、塩を飲ませるとありました。

でも塩を飲ませると高血圧になって逆に危険だと医者に聞いていたので、とにかく吐かせようと嫌というほど水を飲まこませました。

でも、みるくは大量の水を飲んでも、ラップを食べたというのにも元気で、オヤツを欲しがる始末。


もうなんでこの子はこんなに「食いしん坊」なの・・・・・?
なんで自分はラップをゴミ箱に簡単に捨てたまま離れたの・・・・?



自分にも腹立つやら、みるくにも腹立つやら、頭が大混乱します。

なんとかしないと異物が腸に詰まってしまう危険性があるのです。

どんどん、どんどん不安になり、 丁度夫が自宅近くまで帰ってくる所だったので、すぐに動物病院に電話してもらいました。

応対してくれた先生も食べた量が多いならかなり危険だ、すぐに来て!と言って車で医者のところまで飛んでいきました。

病院到着時、みるくがラップを食べてから約一時間が経過です。

「まだ、吐かせればまだ間に合う。でもミルクはかなり辛いですよ。でも先に吐かせましょう。もしラップが吐き出されなかったらレントゲンで調べて、最悪の場合手術で取り出す事になります。」

手術・・・・・

担当の紀院長にそう言われ、先生と私達三人がかりでミルクの口をネジ開けて、吐出薬(ピンク色)を3杯無理やり放り込みました。

2分たたないうちに、みるくが喉を大きくクネらせ、胃の中の物を吐き出し始めました。

ミルク 「おぇ」

一回目の吐しゃ物の中にかなり大きなサランラップを発見。

医師 「こんなに大きいの食べてるね、見て!」



安心したのもつかの間、二回目、三回目、まだまだ吐しゃ物の中にラップが出てきます・・・。
こんなに食べていたのか・・・ ><

結局、胃液が出るまで計8回ほど吐き出して、その内5回の嘔吐でサランラップが見つかりました。

医師からも

「見て、こんなにラップ食べてるよ、多すぎますね!恐ろしすぎる。」

と言われました。

すっかりやつれたミルクに 「ママの不注意でシンドイ思いさせてごめんね、ごめんね」しか言えません。

その後消化系?の注射を二本打って、先生から8時間は水も禁止、24時間の絶食、そして3日間は様子を見るようにと言われました。今日の夜8時までブドウ糖のみです。

夫Hからは 「みるくも悪いし、reachiaも悪い!」 と叱られました。

はい、ごもっともでございます・・・・・・


この前も、年假に散歩させすぎて膣炎になり病院に訪れたばかりです。

ごめんよ、全て私のせいです。

今日からキッチンのゴミ箱はふたをし、きっちりドアを閉めました。お菓子も怖いので見るところには置きません。

みるくさっき抱いたら 軽かった・・・(前は8キロだった)

今も尻尾がまだ さがったまんまです。
スポンサーサイト



2007.03.02 / Top↑
epsn0015-2.jpg


台湾の交通はとってもCRAZY。

道路に居るときは、犬の散歩も命がけだ。

それは台湾人も認めていて、台湾では怖くて運転できないという人もちらほら。

これは台湾の交通規則や道路事情なんたらよりも、個人の気質・性格に起因することが多いからかも。

例え歩行者信号が青で堂々と横断していても、左右から来る車を常に確認するのは台湾の常識。

台湾の歩行者信号は、グリーンで掲示された可愛い人型が、赤信号までカウントしだすと、走り出す電光に変わるのは有名ですが、青信号までってのはあまり見かけたことがなかったのです。


しかし去年から、郊外でも車向けに「青信号までカウントダウン信号」を見かけるようになりました。


大体このような信号がある場所は、見通しの悪い交差点や三叉路が多く、信号待ちに我慢できないドライバーが車線転換しようとして後方からくる車両と衝突したり、信号待ちにイライラし、前の車両を追い抜いて信号突破して、出てきた車と事故に遭うのを防ぐ目的だと思います。苦笑


こういうの見ると思い出すのが、大阪駅。

大阪駅近くでは歩行者専用の「青信号までカウントダウン」歩道があります。
あれこそ、せっかち大阪人の象徴とされ、テレビでもよく見かけますよね。

そもそも『大阪人は気が短い』と思っている人が多いですが、むしろトータル的グローバルな点から見ると、「日本人全体が気が短い」ような気がしますが。

自分も大阪出身ですが、気は長い方だと思いますよ。(あ、誰?今うそつけって思った人??w)
台湾に嫁に来てから、より修行効果が出たのかしれませんが。笑

「信号すらちゃんと待てない人は、普段の生活も落ち着きがなく駄目」

と有る人が言っていましたが、一理あるかもなー。

台北市内でも中山駅の交差点や、台北駅前とかは、待っているのが面倒くさくて道路を横断してしまいそうですが、たまに警察が見ているので皆さんお気をつけを。(罰金とられます)

2007.03.02 / Top↑