♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
この前うちの母親がいきなり

『あんた!帰ってくる時空港着いたらすぐマスクするねんで!!今ノロウイルスで大変やから!電車の中でいきなり吐いたりする人もいてるし。空気感染するんやて、お前には絶対風邪ひかされへんから、ちゃんと厚着しておいで!』

と、電話で捲くし立てた。

うわ~そんなにノロが猛威をふるっているの?そこまで言われると怖いよ。

インフルエンザもそうだけど、上から下から恐ろしい事になるというノロウイルスはもっと怖い。
台湾でのSARS騒動を思い出してしまった。

『あ、そうそう、生もの禁止だから寿司屋もいかへんで』

と母が更に付け足したのを聞いて大ショック。><

日本に帰って食す寿司は私の生きがいなんですけど!泣

まあ、今は薬が飲めない身体なので、我慢してできるだけ大阪を出歩かないようにしたいが、でももう既に知人とグルメな店での約束いれちゃったわん!

(なんできつい薬が飲めないかと言うと、この前病院で人工授精したばかりで毎日それらの薬を飲んでいるから。妊娠してないとわかるまで出来るだけ安静にしなければ。)


せいぜい体力つけなければね・・・と思っていたら人口受精後、病院から帰ってきてから一時間もクシャミが止まらない。

 
鼻水ずるずる頭もボ~~~っ、そして喉が痛い。

もしかするとこれは風邪?台湾で今流行っている流感か?きっとあのゴチャゴチャした病院のロビーで感染したんだろうなあ。

いくら台湾で養生スープを飲んでいて免疫があるといわれても、日本帰省前には体調万全にしたい。すぐさまイガイガすっきり、客室乗務員にも御用達の「京都念慈安枇杷膏」を飲んだ。(ってこれ保養なんだけどね)

nin_12.gif


まだ心配なので、更に台湾で有名なエキス瓶、『鶏精』(チキンエッセンス)を買って飲む。
このメーカーは他にも蛤エキスや、冬虫夏草、霊芝等もあり有名です。

p1010542_20080410190426.jpg

これはコンビニでも売ってます。中は、ワンカップ酒の3分の1ほどの大きさで、数秒で一気に飲みほせます。正直中は真っ黒でめちゃくちゃ美味しくないが、良薬口に苦しで身体には効果があるだろう。

偶然かもしれないけどひどい鼻水とクシャミが治っちゃった。

あとは台湾家庭でよく作る簡単養生スープを作りました。(見た目悪いですが)

p1010546.jpg

メインに山芋を使っていますが、スープベースは地鶏です。
私の場合は、これに炒めた白生姜と刷ったニンニクと大根の摩り下ろしを加えます^^

山芋は中国語では『山薬』といい、字の如く日本と違い主に煮込んで薬と考え食します。
業界では山芋はもともと「中国薬」として認識されているようです。
それに台湾女性は美白強調文に効くといって、山芋や里芋をよく食べるんですよね。
その他にも、山芋にはビタミンABCそれぞれを大量に含んでいるので、食物繊維もたっぷり。

夜に寝る前に飲んで寝ると、朝少々臭いですが(苦笑)体調はバッチリ!

これであと三日耐えるのじゃ!
スポンサーサイト
2006.12.25 / Top↑
日ごろよりお世話になっている日本人方のお嬢さんがこの度ご結婚され、少しでもお祝いがしたくてプレゼントを探していた私達。

当初予定していたFRANZ(有名台湾デザイナーの陶器)は値段も大きさもかなり高級品過ぎたので、もう少し台湾らしいコジンマリした贈り物を探していたのだった。

最初夫Hが

「じゃ鶯歌で茶器を買いに行こう!」

と言っていたのだけど、他の用事で時間が大幅にずれてしまい

「じゃあ、玉市にいこう!翡翠の置物いいんじゃない?」

と再提案されて台北市の玉市に行く事になった。

p1010061.jpg

今日は天気がいいお出かけ日和なのに、台北県から台北市内に入る車もスムーズ。

さっそく夫Hお気に入りの、大安森林公園の地下駐車場に車を止めて「玉市」へいざ!

*玉市とは、台北市建国南路の高架下で週末に開催される水晶、翡翠、象牙などが比較的安い値で売っている市場のこと。
p10100733.jpg

隣接した場所で花市(生花・鉢植え・盆栽・種・植木の市場)や、その他生活用品市場も開催されています。

p1010068.jpg

今日はクリスマス前とあって、花市も非常に混んでいました。

花市でのほほんと二人で歩いていると、前に勤務していた会社の同僚達に会ってしまいました!^^;

地元ではまったく会わないというのに、こんなとこで会いたくないぜ。

『これから一緒に遊びに行こうよ』 という彼らを振り切って、なんとか玉市の会場に入り込みました。苦笑

実は私、この玉市に来たのは初めて。

p1010075.jpg

もう、石、石、石、のオンパレードで、最初に何を買いたいのか等目的がなければ、売り場ブースを選ぶだけでも困難です。

しかも夫Hが提案した翡翠の置物は1万元以上もする。汗  

た、高い!即効却下!^^;

以前日本の友達が喜んでくれたので、大理石の印鑑を作ろうか!と思ったのですが、堀り師に「字を彫るのに2時間以上待ち時間がかかる」と言われ、またもや断念。

結婚祝いだからと、二対ある像のような物を探したけれど、来年の干支であるぽってり太ったブタが二対頬寄せ合っているのしかなくて、ちょっと新婚ラブラブ時のプレゼントには程遠い。

結局玉市で気に入った物が見つからないので、デパートへ探しにいくこととなりました。^^;

でもその前に、妹から頼まれ物があったので西門にも行かねばなりません。

妹は「西門で10元で売っているバッタモンのアディダスバッジ」が欲しいらしいのです。

週末夜の人込み多い西門で一時間もかけて、そのなんちゃってアディダスバッチを探したのですが、結局見つからず・・・・・・・。

p1010078.jpg

たった10元の為にここまで苦労して西門に来て、結局何~にも買わぬまま後にした我々。

花のクリスマスイブだってのに何やってんだ私達・・・・。^^;

疲れか呆れか、私も夫ももはや無言状態で東区の三越デパートへと車を走らせました。汗

「何でもいいから、はよプレゼント買って家にかえろ・・・・・・」

三越A9で朦朧にウロウロしていると5階にある『長城』という茶器の店で日本人好みの素敵な茶器を見つけました。

一点ものの茶器で、ケース付です^^。さっそく購入した我々、しかし、店員さんがその一点ものの茶盆の角に少しヒビが入っているのを見つけてしまったのです。


「え~~、また1からプレゼント探さなきゃあかん・・・」

とがっかりしていたら、

『これは不良品なのでどうしても売れませんが、贈り物とのことですので私が何とかします、本当にごめんなさい。』

と丁寧に謝罪し、店長と話し合って割れていた商品よりも、レベルが高い倍の値段がする茶盆を変わりにつけてくれました。さっきのより見た目も超豪華!!これはきっと相手も喜んでくれるに違いない!

ここが日本なら、対応も当たり前かもしれないけど、台湾で経験すると、より心が温まるのよ・・・。

包装も割れないように丁寧に何重にもしていただき、気持ちのいい買い物ができた。

これで日本へ持っていく品の買い物は全て終了した。

あとは当日を待つばかり。。。。

2006.12.24 / Top↑
最近台湾ドラマのDVDを購入しました。

p1010562.jpg


といっても、とあるお世話になった方への誕生日プレゼントとしてなんですが、出演しているのはF4でお馴染みの言承旭。日本でも彼のファンの友人多いんですよね。

このドラマ、日本の『白い巨塔』の台湾リメイク版で、JERRYは医療ミスを隠した若手医師柳原役を演じています。ちなみに患者役でアーメイこと張恵妹の妹であるSAYAも出演してるそう。

でも台湾版白色巨塔、恋愛絡みのストーリーが多いんだよねえ。
前はドラマを見るたびに、誰かがブチュブチュとキスしてて、女性がギャーギャー口げんかするシーンも多くて、即効チャンネル換えてた。^^:


ちなみにこの「白い巨塔」、日本では今までに映画・ドラマを合わせると違うキャストで5本も作成されてます。田宮二郎が演じた「白い巨塔」はとても有名ですが、唐沢寿明が演じたドラマの方が、現代にあった続編として裁判が付け足されているので、自分は唐沢さん演じる財全の方が個人的に好きですね。(田宮二郎版の白い巨塔、台湾でもレンタルショップでVCDが置いてありました)


ところで貴方は財前派ですか?それとも里見派??(古い話題ですいません)


里見医師は素敵ですが、正義感が強すぎるので、もし旦那にするならちょっと疲れると思います。苦笑

Jerryが出ているこの台湾版「白い巨塔」、確か9月に放映が終わったばかりのはずなんですが、もうDVDセットとして店頭に出ているのはびっくりしました。

台北駅周辺(三越の裏or 台北地下街→これは火車台北駅を超えた高架の下)そして、西門のCDショップではかなり安値で売られている情報があります。(正規です)

この手のDVDは台湾のネットショップ上でも購入できますが、既に在庫切れしているのに注文を受け付けている人も多いのであまりお勧めしません。

付け加えますが、このDVDにVCDは出ていないそうです。あれば購入したのにね。VCD版がもし店頭にあるなら違法コピー版となりますが、それは個人の判断でどうぞ。

DVDセットの中身はストーリーの他に舞台裏、JERRYなど出演者の未公開シーン等も収録されてます。
でもこのストーリー、全部で39話ですってよ、奥さん。^^;・・・・ながっ!
2006.12.23 / Top↑
台湾に住んでいると、時折在台の日本人友達からイロイロな話を聞きます。
主に台湾に嫁いだ日本人の話や、台湾人同士の嫁姑、家族間の揉め事等。

いいことか悪い事か、それらを聴くとああ、私なんてまだまだいい方なんだなと思ってしまう。

自分はこのブログでずっと姑の事をピンコと称し書かせてもらってます。だからこそこうしてある意味楽しんで暮らしていけるわけなのですが^^;、やっぱり当のピンコママも、地元の井戸端会議やらスポーツ会の集会では、よく「うちの日本人嫁の面白い出来事」を話していると人づてに聞きました。

なのでお互い様ってやつですな。

もともと人ってのは、知らない所では人のことを好き勝手言うもんだし、一度出た言葉なんて、そこから離れると、どんどん尾ひれがついて大げさになるのは世の常です。

そんな話を聴いて、これから台湾人と結婚しようとしてるのに、ビビッてしまった!というなら申し訳ないけど、でも日本に嫁いでも、台湾に嫁いでも似たようなものだと思うんです。

今までにも、日本の偉い壮絶な嫁姑バトルを聴いた事があります。
やはり比べてみると、同じ国同士の嫁姑よりも、異文化同士の方は言葉が伝わらない分だけ絶対的に得をするんだと感じます。

日本では別居が多いからか、お互いが他人行儀で世間体も気にしながら、あえて・・の陰険なムードになってしまうのかもしれません。

台湾の嫁姑の場合いろんなシガラミで同居する家庭もまだ多く、同居でなくとも、できれば毎週、或いは二週間に一回は相手の実家訪問をしなければという考えを持っている男性が多いです。

なので姑との中途半端に親密した間柄が、元になって、台湾年配女性独特の『心直口快』の性格が災いとなり上手くいかない関係になるのかもしれません。

*心直口快=思った事をあまり深く思慮せずに、すぐに口に出してしまう様子。いわゆるKY


女性はある程度の年齢になると、ズバズバものを言うようになるといいますが、台湾の場合はそれがかなり顕著に見える気がします。だからと言って、相手には悪気があるわけではなく、さらに悪意もないんですね。

本来ならば、冷静に且つ客観的に物事を見て、相手の気持ちになれば自然とわかるはず・・・でもそこまで気が回らないのか、それとも女性上位が強い台湾だからなのか、家庭では姑である自分の意見は一番!って女性も現代に少なからずいるのだ。

ちなみにうちのピンコママは非常に心直口快な話方をする人でした。ピンコママは実質「姑」経験がないし、20歳から家庭に入っており仕事の経験もないので、コミュニケーション方法が違ったからかもしれないです。

以前知人から、

「reachiaも相手に何かいやな事言われたらハッキリ言い返したほうがいいのよ、台湾の姑は言わないと、この子には言っても大丈夫なんだってどんどんエスカレートするから!」

といわれた事があります。

でも、それは出来ない。怖くて・・ではなくて。

うちの場合、舅もピンコの性格を判っているので『負けるが勝ち』。
義弟達も「触らぬ神に祟りなし」状態。夫Hさえも「もう反論するのもメンドクサイ」と言って聴かないふり。これで私が一人で喧嘩したら、私だけが悪者になる気がするから。^^;

もちろん、姑ピンコママは悪人ではない。

私達みんな彼女に金銭的にも援助してもらい、生活用品等いろんな物をいただいたり、帰省の際には日本家族にも気を使ってくれ、外国で暮らすの孫達のこともちゃんと考えてくれる。

だからこそ、皆は何もいえないんですよねえ。

日本人だから反抗ができないと思いがちですが、気が強いといわれる台湾女性も反抗できない人多いんですよ。この前、ある女性にこんな話を聞きました。


彼女は客家出身の家庭に嫁いだ台湾女性。彼女にはまだ小さいお子さん(男)がいる共働き夫婦だった。仕事の間は姑に預けて子供の面倒を見てもらっている典型的な台湾家庭スタイル。
その女性、舅の会社を手伝う仕事をしているが、はっきりいってしまえば舅の身の回りの世話みたいなもの。(本来姑がせねばいけない事もする)
やれやれと朝から夕方までの仕事を終えると実家に子供を引き取りに行んだけど、毎回姑が自分の子供を渡してくれない。
夜8時になって晩御飯とお風呂、着替えを姑がすべてやり終えてから、ようやく嫁の元へ孫を渡すらしいのだ。^^;

その女性が子供に母親としてご飯やお風呂を入れてあげたくとも、この状態ではすることがない。
その子供にとっても、お婆ちゃんが身の回りのことを何でもやってくれるので、ますます甘えん坊になってしまう。

我慢できなくなったその女性、『もうこの子を明日から保育園に預けますから!』と告げると
『あんたは私の○○(孫の名前)を私から奪うのか!』と姑は叫ぶ始末。
彼女は、そんなことよりも自分の夫の面倒を見ろ!といいたいのだが、やはりはっきりと姑に気持ちをいうのは気がひけるという。

彼女曰く、『孫の面倒を見てもらっているのは確かだし、夫の母だから・・・・・・』と。




この話とは対照的に、まだ年代の若い台湾女性の友人達の話では、こう。

最初はしょうがなく姑に子供を預けて面倒を見てもらったが、段々我慢できなくなり

「家庭や子供に対する考え方があなたとは違いますから!」

と姑にはっきりと言って相手の家を飛び出し、自分の母親に子供の面倒を見てもらっている。

彼女は私にもよく 『reachia!姑ともっと喧嘩しないと!』 といってくるが・・・・。

喧嘩して徳になるならするよ、でもねぇ・・。

後者には忍耐力が足りないといってしまえばそれまでなんだけども、どちらが正解か?なんてとても言えない。

台湾の嫁はいろんな意味で大変なのだ。

もちのろん、台湾の姑さん全てがこんなにきついのではないですよ。やはり苦労を知っている人は、嫁にも孫にも全ての人にも優しいし・・・・・・

まあ、どちらにしろ、無理に相手に合わせる必要はないんです。

それでも聴きたくない事や、嫌な事を言われたら

『え?ごめんなさい、今の聞いてなかったんですが・・・・』と返すなど、うまく回避できれば正解。

愛する男性の母親といえど、しょせん姑は他人。

考えすぎない関係が一番いいのかもしれませんな。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
2006.12.21 / Top↑
今週末から舅姑二人して仲良くオーストラリアへ出発した。

向こう三ヶ月は帰ってこない。

(フフ~~ン♪)

いえいえ、決して暫くいなくなったからって喜んではいませんよ!笑


彼らがオーストラリアに行く前に、ピン子ママと舅が大きいスーツケースがないか?と電話してきたことがあった。

ちょうど家にあったスーツケースが程よい大きさだったので、この前取りに来たらしい

「らしい」というのは、私の居ない間に、合鍵を使って引き取りに来たみたいだから。^^;

ピン子ママが家に来た時、用事があって私は出ていたので、一応簡単にではあるけど部屋の掃除をし見られたくない物は寝室等に閉まっておくなど、一応チェックして出てきたから心配ないはず。

うちの姑は言わずと知れた「綺麗好きさん」な為、家が汚かったり、掃除が足りないと、我慢が出来ず後で文句が止まらないからだ。

思えば結婚当初、日本から運ばれてきた私の電化製品に油の汚れを見つけたピン子ママが、指差して台湾語で舅に文句グチっていたし(顔みりゃわかる)、自分が持ってきた新しいフライパンに剥がしたシールの跡が取れていないのを見つけたピン子ママは、すぐに舅に「消せ」と命令して消さしたのを覚えている。

このマンションの部屋を大掃除した際には、それぞれの部屋の四隅にこびりついた汚れが気に入らなかったらしく、歯ブラシを使って消えるまで四隅に屈んでこすりつづけていた。だから私もみようみまねで宝塚音楽学校生の如く、ヘアピンで部屋の隅をこすったんだ・・・。

姑は台所は毎回使うたびにマジックリン等で綺麗に掃除するし、リビングでも汚れを見つけたら即拭かないと気がすまない。その日の汚れはその日のうちに、、が徹底されているのだ。言えばキリがないんだけど、おかげ様で私もなじんだのか、非常に綺麗好きに変わりました。

p1010053.gif

かの松居一代さんもびっくりするかもねん? 笑

いや、でも松居一代さんの掃除っぷりまでいかないけども、

彼女の場合はテレビでその姿を見たら

「よし!私も掃除しよう!」

という気にさせられるが、ピン子ママの場合は

「よし!近づかないでおこう!^^;」

という気になってしまうから不思議。苦笑


同じ台湾に嫁いだ友人数人に聞いたところ、やはりどの姑も、家に来たら掃除のチェックが細かくてウルサイらしい・・・・。

台北から帰宅し、冷蔵庫を開けてみるとピン子ママの手作りご飯や果物等、いくつか見慣れないモノが詰められていたのを発見した。

あ~~~!しまった!!

冷蔵庫の中まではチェックしてなかったわー!汗  しかも飲み物や調味料で汚れた部分、綺麗に掃除してないし。。。。

帰ってきて、実家で会ったときブチブチ言われませんように! w

そういや実家の大掃除も月末に待っているのであった・・・。

一応長男の嫁だからね。実家の事、やる事やっとかんと、好きな事ができません。^^;

今回3ヶ月にわたる長期渡航、ついつい姑に

「3ヶ月も毎日一体、何するの??」

と聞いてしまった。

「二人の孫の世話をみてあげるのよ!色々と大変でしょ!」

と答えたピン子ママ。

噂では向こうの家、プール付き らしいんだ。 プール付きと言っても、至って普通の家らしいんだけど、プール付きってテレビでしか見たことない私には普通の家のプールが想像しがたい。

オーストラリア在住の知人曰く、オーストラリアは普通の家にもプール、BQスペースがあるんだって。

いいなあ~どうりで日本人が移住したい国な訳ですよ。 孫の世話におお張り切りしたいピン子ママを尻目に、メールで向こうに住む義妹に聞いてみたところ、

「^^;是變輕鬆 還是・・・・・」

(楽になるのか それとも。。。)と言っていた。

頑張るのだ、3ヶ月限定だけど、あなたにバトンタッチ!笑
2006.12.17 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。