♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
また今年もあっという間に11月が終わる。

カレンダーを見て今日は妹の18歳の誕生日だということを思い出す。18?若い!可能性一杯じゃないか!

やれやれ、もう師走がそこまで来ているよ・・・。なんだか時間が早くありませんか?いいことなのか、悪いことなのか。

だからかな、また今後の事を更に真剣に考えるようになりました。
もちろん、子供がほしい事も大事だけど、今後の仕事をどうするかや何処に(どこの国)引っ越すかとか、予定を立てるだけでも、選択に焦り初め。

ある人が言っていた。10年先、5年先の自分さえイメージ出来ない人は、何年経ってもその目標にたどり着かない、と。

自分は10年後の自分をイメージ出来ているのだろうか?


このまま台湾で住むとして考えるのは、もし万が一伴侶に先立たれた場合、たとえ年取っていても、子供がいなきゃ日本に強制的に帰らなければいけない?とか、色々。

ピン子ママも舅も

「仕事のチャンスがあれば、日本で住んだら?」

と言うので、ちょっとそれも念頭にいれてます。

が、家をこちらで買ってしまうと、チャンスがあっても帰る事は出来なくなりますので、それについては慎重です。

今年の春ごろ、私ら夫婦は「家を買うぞ~~ぉ」と勇んで焦って探し回り、姑舅の好みではないからと却下され、度々衝突してました。

今も時々不動産を見に行きますが、現在の感想としては、

「あ~あの時焦って買わなくて良かった!」

というのが正直な気持ちです。
ピンコ達がなぜそんなに台湾物件に対し目が厳しいのかというと、やはり自分たちの家も高いお金を出して購入後になって、壁から水漏れが酷かったり、屋根のコンクリートにリット缶が詰め込まれていたりと、散々露呈することが多かったからだそう。


家探しは難しい・・・・・・。


私達日本人は殆どが、家って長く大事にして住むものだと思っているけど、
ついこの前見て廻った建築会社でこんなやり取りがありました。


私  「10年後の住宅保障はどうなるの?」
オバ 「え?貴方達 まさかこの家に10年以上も住むつもりなの?」


夫Hはそれでキレた。^^;
1800万元以上の物件を堂々と営業しておいて、10年で投資なりなんなりして引っ越せというの??

その会社の物件がコレ ↓ ちなみに右下はピン子ママ。笑 

p1010064.jpg


(透天別墅タイプ ;説明は下)

見た目もよくて、広く、ピン子ママも(値段以外は)気に入った稀な物件
作っている過程で丁度前を通りがかった時、鉄筋部分ではオバちゃんの作業員が柱の鉄ワイヤーーを隣の人と喋りながらヤワ~く巻きつけていて、怖くなった。
しかもこの地域で一番短期間で出来上がった物件でもあったので更に恐ろしくなりました。

女性が建築現場で働いているのは凄いと思うけど、高い金だして買って住むほうはたまらない。
這様房子真有超過1500万元的価値ma? ないね!


台湾で住宅を買うにあたって次のタイプの選択方法がある。

①中古大楼新蓋大楼(中古・新築マンション)
 

透天  (一階から屋上まであるタイプ、一列連棟型)
別墅  (土地も物件も所有、独立した一戸建て。注文住宅)
透天別墅(造語・透天と別墅の中間。二軒づつの連棟型。ぱっと見た感じは一戸建て。駐車場付き)

*透天と透天別墅の境界線は薄い。


そうそう、新築を調べる際、注意することも沢山あります。
地価の高い台北市内で新築に限らずの中古物件を探すと決める場合にも注意しないといけません。もちろん建築会社の評判がいいことに越したことはないですが、台湾でマンションを建設するに「建照」というのが必要でして、まず、これを確認する事である程度がわかるそうです。

例えば今年は台湾では民国95年。 この「建照」が民国80年代に発行されたものだと問題がある可能性が高いといいます。
よくあるパターンは、途中で資金繰りが悪くなって建築が遅れた等。あと、マンション完成時からどのくらい経ったか、その期間の割には入居率がどの程度か。。とか。

最近の物件でも入居してから、新築マンションなのに水漏れが(特に最上階)というのも聞きます。
そういう建設会社は既に早くから評判が悪いので台湾版の建設会社@掲示板を見ればすぐにわかる。w 雨が多く水も溜まり易い割りに、考えていない構造が多いしね。
台北市内で外観も豪華で2~3臆元もするマンションが建っているのを見ますが、勝手な推測ですが、台北市の物件は郊外とは違い、政府の目も届きやすそうに思います。どうなのでしょうかね~

あと、中古物件で気をつけたいのが、海砂屋(ハイシャーウー)。

海砂屋とは、コンクリートの中に故意で砂浜の砂を混ぜたもの。(もちろん違法です)。
強度が弱くなるし、古くなってリフォームしようとする時も下手に触れません。
昔はそうやって経費を落とし、利益をあげていた会社もかなりいたので(潰れて行きましたが)、台湾大地震の時はビルの崩壊によりこれらの問題が発覚し大問題にもなりました。


私ら夫婦も 建築会社を廻り、いろんな意味で騙されかけること数回。

まだまだ建設業界は日本などに技術を頼る面が非常に多く、発展段階の台湾。
建築ラッシュで、建売物件が少なく、隣接されたキラキラ豪華なモデルルームとパンフレット、スタッフの説明だけで決めるのは ちょっと待った!

還没蓋好、不可以買!(まだ建っていないなら まだ買ってはいけない)
スポンサーサイト
2006.11.30 / Top↑
最近の台北市のレストランはテーマ型の店が増えているような。

この前、台北で働く友人達との集まりで楽しいレストラン(?)を紹介してもらいました。

そこのテーマはなんと『醫院=病院』。ホスピタル・レストランと言えばいいでしょうか。笑

ds.jpg

 

店員の女の子服務生はスカート短めの可愛いナース姿でございますよ。^^

そして男性は白衣の医師スタイル。ちなみに財全教授みたいな人はいませんでした。笑

ds2.jpg


ここの場所は林森北路からちょっと離れた、新生北路に隠れ家的に静かに位置します。

それでも週末はいつも満席!特に土曜の夜はナース達のSHOWがあるため予約なしでの入店はとても困難らしいのです。

最近台北駅付近で「メイドカフェ」等の萌え萌えコスプレの開店情報をよく聴きます。

(キレイなおねーちゃんが何故かビキニを着て、料理を運んでくる火鍋屋もあるみたい、しかもファミリー利用系。^^;)


このDS、中の内装も面白い。

untitled-01.jpg ds6.jpg ds8_1.jpg

           
テーブルが病院のベット風だったり、上にはちゃんとテーブル(ベット)を囲むカーテンの仕切りが付いていたり、レントゲンが設置されてあったり、トイレの表示が「緊急・・」だったりと中々凝っています。



メニューに書かれたドリンク名も異色。

『病の処方』という形式で書かれていて、コラーゲンとか、ビタミンA・B・下剤、風邪薬、精神安定、物忘れ 等一目みただけでは何だかよくわからないメニューが。

とりあえず我々はビールを注文したのですが、なんとそのビールも点滴仕様で吊り下げられてます。

ds3.jpg


各自、グラスに注いで飲むのでなかなか楽しい。

試験管カクテルも飲んでみました。

ds7.jpg


ウォッカベースでキウィーとピーチの二種類があり。でもちょっとアルコール度が弱いかなー?

p1010823.jpg


ソフトドリンクはこれまた懐かしい、理科の実験で使ったフラスコに入ってやってきました。
           
こういう小さめのグラスにガンガンに強いアルコールを入れて欲しいなあ。

風邪薬とかかれたRED GINを頼もうとしたら小姐に

「これあまり美味しくないから止めたほうがいいですよ!」

と言われた。普通言わんやろ。^^;苦笑 ジンは私の大好物なのだ。

中には「堕胎」なんてかなり悪趣味なドリンク名もありましたが・・・。なんか台湾この手のレストランになると、悪趣味な名が多くないか?^^;(便器の容器とかさあ)

メニューの基本料理はやっぱり中華・台湾料理でした。メニュー名はいたって普通。

お味も、テーマレストランにありがちないい加減さは無くて、程よく美味しくて、一皿230~300元台とお値段もいい感じ。一品が5~6人で十分突ける量なので、大勢で食べにいってもそんなに高くならない。

友人の誕生日にここを利用している人もいたようで、ピアノでバースデーソングを歌ってくれるみたい。

もし、これと同じ店が日本であったなら、かなり風俗に近いレストランになるのではないかと感じた。w
「注射タイム」ってのがあって、ナースが直接客の口に注射器でお酒を飲ませてくれたり、「検診のお時間です~」とか言って軽く脱がされそうだわあ。。。な~んて想像までしてしまったわ。

といっても、ここは台湾。
コスプレ系と言っても、風俗でもない純粋なレストラン、どこぞと勘違いして女の子に触っては絶対に駄目なのですよ~!

最近禁酒していたし、久々に台北に飲みに出掛け上々気分で満足して帰路につきました。あ~楽しかった!
2006.11.20 / Top↑
p1010579-02.jpg


これはペットを飼う前に私達が訪れた、柴犬と秋田犬のブリーダーさんのところ。

場所は台北県林口の市街から離れたすごい山奥にあります。

林口は高台にあるので他の地域と比べて自然も多く空気も比較的良いい為か、ブリーダーが多いと聞きます。

山奥にあるこの犬舎の隣には、本格的な射撃場があるので頻繁に銃声が響きます。ちょっと怖。^^;

ここのオーナーは家族が日本に住んでいるらしい。

だからかどことなく日本でもいるオバサンのような犬舎オーナーだが、彼女曰く、

『私達の犬は月齢ごとに分けて管理しているので、健康面でも問題ないと、自分の姉が東大医学部出身で日本で医者をしている為(ここ学歴強調^^;)、私ら家族も日本を行き来し、純粋な日本犬だけを輸入してここで育てている、台湾のショップで売られている柴犬の中には、たまにミックスの柴犬も入っているので気をつけたほうがいい。』

とのこと。とにかくここのワンコはみな元気ハツラツだったのが好印象。

p1010583_20080408171748.jpg


秋田犬も二匹檻にいましたが、その大きさと言ったら、もう大人の人間並です。
でもそれでもまだ1歳ちょっとというから驚き。

夫 「庭付きの家があったら、秋田犬がほしいんだけどな~。マンションだから飼えないや。」

ゴールデンレトリバーよりも更に大きい秋田犬、私はご遠慮しま~す。^^;

上にある写真、真ん中のこげ茶色の柴(胡麻)が希少なんだそうです。

ちなみにここで決める場合、一匹のお値段は?とリアルに聞いてみると、

「18000~23000元」と確かにほかよりも高い。血統も健康にも気を使っているからだという。

p1010585.jpg


お茶目な黒柴発見。その横で1匹だけ群れを成さないポッツンとしたワンコにも何故かそそられてしまう。

p1010586.jpg


みるくを抱っこしていると 「毛が凄く綺麗ね!」と言われ嬉しくなる。
もこもこした毛並みを撫でながら親ばかとして、ふふふと口元が緩くなる。
2006.11.14 / Top↑
柴犬のミルクの朝と夜中の咳がいまいち取れないので、ミルクの食生活を変えてみました。。

夫 「やっぱドッグフードだけってのが駄目なんじゃない?店長は犬は一生ドッグフードだけを食べさせていって下さい!とか言ってたけどさぁ。。。なんか違うよね。」

p1010707.jpg

心配になって友達に教えて貰ったワンコご飯レシピサイトを参考にし、高たんぱく低カロリー手作り料理を加えてみました。

(写真は有機大豆を茹でてミキサーでペーストした物と、ほうれん草、人参、鳥ソボロ、いずれも味付け無し。)

するとたった二日で前より元気一杯、咳をする回数もいきなり収まったのだ!

今まで食べてたドッグフードの成分って一体何・・?

場面は変わって、我が家の人間のご飯は?というと最近高カロリー気味だ。^^;

台湾に来た当初は、ほとんど日本で作っていた和食系の料理ばかりだったのに、最近台湾料理や中華料理が多く目立ち始めた。慣れかね~、やはり炒め物は楽でもあるから。


姑の台湾家庭料理を見よう見真似で覚えたけど、やってみたら台湾菜はそんなに難しくはない。
ただ、豚バラ煮込みや、鶏をまるごと一匹使う料理になるとちょっと手間と勇気(鶏の顔がこっち向いとる!)がいる。でも和食のように下ごしらえにかなりの時間をかけることもないので、時間とコツさえつかめばOKさ!

脂っこい料理は美味しいけど、次の日はあっさりした和食の根野菜メニューにしたり、健康バランスを考えなきゃいけないのがちょっとメンド臭いんですけどね。

そんな台湾料理というよりも、中華料理内の範囲で夫から100点をようやく頂いた品がこの3つ。(あくまでうちの家族の舌好みだが)

レバ韮炒め(豚の肝臓)チャーハンチンジャオロース

これ、日本でもある3品だけど、台湾人に「うん!いける!」といわれるまでが長かった~!

(そうそう、台湾ではレバー=牛ではなく、=豚の肝臓です。基本牛レバーは食べない)

「日本はレバーと言えば牛だよ。新鮮な生レバーにごま油に塩と葱かけると最高!」

と言ったら台湾人皆に ぐえ~気持ち悪い~と言われた事もあった。苦笑 

でも豚のレバーもやはり臭みがあるのに。
牛の臭みを取るのに同じように牛乳や氷水やら片栗粉を色々使い最初に一気に油で炒めました。
豚だと牛より幾分優しい味なり、レバー嫌いでもいけるかも。

p1010478.jpg

モヤシと韮のセットも市場に行けば必ず20(70円)元くらいのセットで売ってるので便利。

一応我が家はピン子ママが選んだ店から買った新鮮黒豚レバーを使用。

日本人はレバー苦手な方も多いと思いますが、台湾でレバーが苦手な人をあまり見かけたことがない。台湾の人は内臓系ほんとに好きだもんな。

「豚肝粥」 (レバーと白菜、生姜、米をスープで煮込んで塩コショウで味付け)なんて台湾男性は皆好物なんではないでしょうか。

チャーハンといえば、台北にある小籠包店のチャーハンはとても美味ですが、ちょっと脂が気になるけど、あんな美味しいチャーハン食べたら日本のそこらの中華料理屋には入れない。

たくさんの中華料理を食べてみて、当初は、早速味を真似て我が家でも作ってみたことがある。


新婚私 「ね、これ何点くらい?」
新婚夫 「う~ん・・68点くらい?いや67点?」 

毎回食わず嫌い王に評価を頂いている私である。


夫Hはmy favorite を食す時は「米が水っぽい」「塩が足りない」「もっとこうしたほうが。。」と姑譲りの批評がはいるのだ。汗
前に「僕は何でも気にせず食べるから大丈夫~」と言っていたのは、なんだったのかい。ヾ(ーー )ォィ 確かに姑ピン子ママの作るチャーハンは絶品だけども・・・

それから悔しいので、3~4日に一回はチャーハンの練習。

(夫さぞ迷惑)そう、私は油よりもしつこいのだ。笑

だから 「うん!100点!」 と言われたときは嬉しかった・・・・。

それまで多分30回以上作ったかもしれない。相手も根負けしたかもしれないけど・・・苦笑 
こういうの、台湾人の奥さんが日本人の夫に一生懸命、肉じゃがを作っている光景と似ているわ。

p1010659-02.jpg

「え~台湾人にチャーハンなんて怖くて作れないよ~。」

と友人に言われた事もあるが、びびっていては嫁はやっていけない。
ネタとして相手の国の好物料理も覚えなきゃね。チャーハンは材料入れる順位、火力、あとは塩梅さえ合えばまあまあなチャーハンが出来る。

レバニラ炒めやチンジャオロースを炒める際には、私の大好きな李錦記の貝柱オイスターソースを使うのと、チャーハンに新鮮な黒豚のラード、手製の大蒜醤油を使うこと。

p1010076.jpg

この貝柱オイスターソース、味が非常にいい仕上がり。台湾でも一本190元~するので日本だと1000円以上いってしまうかもしれない。
大根の煮込み料理にも使えるので和風もOK。親戚にお土産にあげると非常に喜ばれる。

ついでに書いておくと、お土産でもう一つよく持参するのが ほんだしの素 干貝風味。これも味云々より、珍しがられて面白いと友人に好評。いくらまだ日本より安いと言っても、本物の貝柱・干貝を使うと食費が悲鳴を上げるので、助かってます。

なんだかんだ書いているうちに日記が長くなってしまいました。^^;

2006.11.12 / Top↑
昨日も不妊治療で病院に行きました。

p1010058.jpg


(上は病院の不妊治療センターフロアから見た台北県林口の全景。高速道路を挟んで手前が桃園亀山)

こうして一人で通うのもすっかり慣れた私でございます。

最近では担当の方達が私の顔を覚えてくれたようで、専門的な中国語が出来なくとも通院で困ることはまずない。

私の保険カードに記載されている名はどこからみても中国語名なので、(台湾人と婚姻後は台湾での登録名を三文字の中国語にしないといけないのだ)自分の順番が来てから医師達に

「名前がまんま台湾人の名前になっているから、日本人だとわからないのよ。なんで日本語にしないの?」

とよく聴かれる。

それで毎回台湾で結婚すると中国名を付けなければいけない事をいちいち説明するのだけど、ほんま、めんどくさい。

何せ私の中文名って、日本での名前をそのまま夫の姓にくっ付けただけなのにも関わらず、誰一人として台湾人と疑わない。 これって台湾人の名前でも良く見かけるらしいので余計にわからないんだって。^^;

居留証を見せてから、そして私をじっ~~~~~と見て初めて、「あぁ!w」という顔をする。笑

いいことなのか悪いことなのか・・・・・。苦笑

さてさて、私がいつも通っている総合病院は台北県の外れに位置する、林口市にある長庚醫院だ。

ここは台北でも有名な総合病院で、一階には常に人人人人人。。。。
救急入り口から入ると、もう人だらけ。

ベットが足りないのか、お金が足りないのか、それはわからないけど一階では廊下にベットを置いている人もいる。なんというか、しょうがないというか。。。そして様々な台湾の家庭の生活程度をも垣間見る事もできる。

こっちの医師と看護士は本当に休む暇がない。見ているとすぐに分かるけど、一人当たりの仕事量がもの凄い量になっている。

患者も医師もせわしなく動いていて、病院の上階に行くにつれて人もまばらになり、静かにキレイになっていくのだけど・・・・


ところで、日本の病院でも売店や花屋等商店が入っているが、台湾の場合はその規模が全然違う!

p1010695.jpg



まず、一階と地下にマクドナルドが二件、病院の地下にいけばレストラン街のフードコートがあって、はっきりいって台北市の微風広場のフードコートより3~4倍ほど大きい。

○治のアイスクリーム屋、パン屋、薬局、化粧品にブックストア、文房具やに花屋に果物屋(凄い量)、そして某チェーン店のカフェ、それにセブンイレブンもある。

まるで、どっかの台北の地下街に入り込んだようだ。

だから入院患者などにとっては、病院を出ることなく、すべて事がおさまるのも有難いと言えば有難い。

<p1010697.jpg

時間をつぶすには持って来いでしょう。

ただ、医師たちもエリアは違うが、ここで白衣で食事をしているし、入院患者もよく降りてくる。

時期によっては風邪がうつらない様に万全の体制で言ったほうがいいかも。
2006.11.10 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。