♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
わが家に家族が増えました。

増えたといっても「妊娠」したわけではないんですけどね。

実はワンコがうちにやって来たのです。 じゃ~~ん


shiba.jpg




台湾生まれの柴犬の女の子!!生まれてから三ヶ月半になったところです。


そもそも犬を飼おうかなと思い始めたのは、夫Hが私に言ったことから始まります。

「不妊治療を始めてからのreachiaは不安定で、怒りやすくてピリピリしてる。精神的に自分を追い込んでいる感じがする。reachiaにはもっと優しさが必要なんだよ。(ここひっかかるけど?)ペットを飼うと、生活も楽しくなるし、何より子供も早く出来るかもよ?治療も乗り越えられるかもしれないよ。」


私は今まで犬を飼ったことがないため、飼うと決めるのに凄く勇気が要りました。
なぜならペットを飼うという事は、家族一人養うのと同じ事だと思っているからです。

小さい頃は犬が家にいるってシチュエーションがずっと憧れでもあったんですが、小児喘息の為飼うのを親から反対されてました。なので遅い飼い主デビューってわけです。


毛色がミルクティの色に似ていたので、この柴犬の名前は「みるく」と名づけました。
当初はミルクティの中文であるナイチャ(女乃 茶)にしようと思ったんですが、呼びにくいということと、発音の関係で「みるく」に。(テイをどけて)

他にモモちゃん、ピピちゃん(ヤンチャという意味)、ピンク等の名前の候補があったんですけどね。

犬を飼うにあたって、以前日記に書いた野良犬猫を保護している協会も廻り、もらってください掲示板もチェックして、最後に近所に数件あるショップも見て廻りました。

台湾のペットがどれだけ捨てられているか、どれほど野良犬が多いかという現状を見ていたのでそれを見た後でペットショップに行くと、正直罪悪感がありました。

でも結局、私が病院通いをしているという点を考えて、夫が「野良犬を引き取った後の病気のケア等でもっと精神的に辛くなるかもしれない、今回は健康で出所のわかっている犬を飼って、引越した後や私が慣れてきたら二匹目をそこへ引き取りに行ったら?」と夫からアドバイスをもらいました。

各ブリーダーやショップめぐりをした時の、遭遇した出来事等はまた今度UPします。


とにかく柴犬が我が家にやってきてから、家の中が(多少犬臭くなったけど)大変明るくなった気がします。

img_2119.jpg


ちなみにピン子ママはまだ知りません・・・
スポンサーサイト
2006.10.30 / Top↑

p1010542.jpg p1010543.jpg


暫く台北駅に行ってなかったら、こんなの出来てましたね。
ゆくゆくは全ての駅に設置するみたいです。

でも反対側のホームにはまだ付けていなかったです。混雑するホームは怖いので、こういうの出来ると安心します。


自殺や転落事故の多い日本こそこれをつけるべきなのですが。

2006.10.28 / Top↑
このところ例の不妊治療で病院に通いづめです。

また明日も超音波にいく予定。

ほんまに 女って徳でもあるが、損でもありますね。

年取ると損しかないのかな・・・って思ったり。


今日は久々に朝6時前に起床。

それというのも朝ご飯の後、必ずやらなきゃならないことがあったからなんですが。



それは、初めての「自宅注射」

卵の誘発剤なのですが、皮下注射なので自分で打ちます。

日本では自宅で注射できるのかどうか知らないけれど、この日薬と注射が普通にハイと処方されたから、台湾女性は皆自分で皮下注射しているんだろうか。

病院で不妊治療アドバイザーに説明と練習もちゃんと受けたけども、いざ自分に刺すとなると、やはりためらいがあるってもんだよ。^^;


アドバ 「自分でする時は、腕だと見えにくいから、おへその横のお腹に刺してくださいね!もし自分で出来なかったら病院に来てくださいね。」

腹!・・・へその横かぁ・・・

確かに脂肪がたっぷりで(苦笑)痛くなさそうだが、だけど、怖い。


でも朝から注射だけでわざわざ遠い病院に行くのも面倒臭い。


よし!!

と腹をくくって注射針を皮膚にプツッっと立てるが、奥まで刺すその一刀が、とっても勇気がいるものだと知りました。 (+ヘ+)``泣

だってね、2センチの針を全部この腹の中に刺さないといけないんです。

で、結局、半泣きになってブスリといったんですが、トータル30分も架かってしまいました・・・。


途中皮下脂肪を傷つけてしまいちょっと痛かったけど、慣れれしまえば案外平気かもしれません。

次から一気に刺せるか。。。?

でもこんなん慣れたくないけどな・・・


机には数種類のアンプル、注射針、注射器が散乱。

怖くてジタバタしながら、暗い部屋でゆっくりとアンプルを注射器に注入している姿を窓から誰かに見られたら、ヤバイ日本人として変な想像されそうだ。
2006.10.23 / Top↑
昨日の午後、ふと中和市の夫のアマー(祖母)アーコン(祖父)に会いたくなったので、バイクで飛ばして会いに行った。


桃園から中和は50分くらいで到着するのでたまに顔を出している。


バイクに股がるのもすっかり慣れた私、10月この時期は風がとっても気持ちがいい。


この日はアーコンが黒糖好きなのもあって、手作りの黒糖レーズンパンを持参。


アーコンの伝統的な台湾の古びた透天(3階建て文化住宅みたいな)につくと、(同居している)叔父さん家族はどこかにお出かけの様子。家にはアマーとアーコンの二人きりだった。


実はアマーはここ数年身体のお加減が悪くてあまり長く歩けない。なので今日は顔でも観にいこうかと来たわけなのだ。



私 「じゃあ、私パン切って来ますので、台所借りますよー」
爺 「はい、はい、行きなさい^^(日本語)」


アーコンは日本統治時代で育ったので、私は自分の言葉、日本語でそのままアーコンと会話できるのがとても嬉しい。

アーコンは優しいし、傍にいつととても懐かしい何かを私に感じさせてくれる。


でも、たまに「食べなさい」「使いなさい」といい間違える事があって、




「バナナ使いなさい、バナナ使いなさい」 




と何度も復唱された時は思わず食べている物を吹き出した事がある。 苦笑



そんなアーコン家の慣れない台所で食パンをまな板に載せ、包丁でパンを切ろうとすると、自分の斜め前方の窓辺りで何やら動く気配が・・・・・



ん?・・・・・あれ?


なんか・・・・・・虫の触覚だが・・・・?


ん・・?グルグルと動いて・・・・って・・・


これは!!




(ぎええええ!ご、ゴキブリやないか~~い!!


人の家の台所で、大声で「ゴキブリ~~!」なんて騒いだら失礼だと思った私は



心で叫ぶしかない。泣



ゴッキーはきっと下水から登ってきたんだ!この家古いし・・・・。


夫 「どしたの、reachia?」

爺 「ん~~~~?」



ゴッキーを前にアタフタしているとアーコン&夫も心配して台所にやって来たではないか。



私 「あ、アーコン!実はそこにゴキブ・・・・・」

と私が言葉を言い終わるか終わらないうちに、

バッシィィ!!! ヽ(Д´ )ノ


ぬぁんと、アーコン、そのゴッキーを、ぬぁんと、素手で叩いたのだ!

そう、素の手で! 



夫H 「 ヽ(゜ロ゜;)ノ ぉわッ!」

私  「 (゚O゚;) うぎゃっ!」


80過ぎの老人とは思えぬ、その余りの素速さと凄さを前に、何も言えない私であった・・・・。


アーコン、すごいよ・・・・


私には絶対に無理!無理!無理!泣)



その後、ゴッキーを手に持ったアーコンは、字の如くヤツを台所から摘まみ出すことに成功。(苦笑)


そして、そして、更に親指と人差し指でそいつをつまんで潰したのだ!泣)



「プチッ」
                  ohmygod・・・・・



*↑夫が一部始終を見てくれた。


そして次にそいつを地面に思い切り叩きつけた上、最後はアーコンの草履でバシっと踏んだ・・・。


これでほんとにゴッキーは天国へ再見了だ・・・・・



その後アーコンは是でもかと言う程、手をゴシゴシと洗っていました。 ホッ^^;



夫H 「人間年をとるとさ、怖いものが減るんだよね。まあ年も年だから、クスリ持ってゴキブリ追っかけても身体が付いていかないじゃない? だから手っ取り早く手で捕まえた、、というワケだよね。」 


手っ取り早いって・・・^^;そのままじゃん。w


なんとも恐るべしアーコン!! 



でもこんな事があってもやっぱりアーコンが大好きな私です。




にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
2006.10.16 / Top↑
台湾は昔、誘拐事件が多かったと聞く。姑ピンコママは時折

「reachia!一人でタクシーに乗っちゃ駄目!」
「一人でウロウロしちゃ駄目!誘拐される!」

と言う。

(正直言ってこんなオバサン誰が誘拐するねんって思いますが)


先日、バイクで桃園市内にあるIKEAに行った帰り、ケンタッキーフライドチキン屋へ立ち寄りました。
私は台湾のケンタッキーに嵌っていて(日本よりうまい!!)、食べ過ぎは身体に悪くとも行ってしまう。

夕方でも子供連れの多い(台湾は特に)ファーストフード店で上記の張り紙が目に付いた。


「公共場所請注意個人物品&NI的孩子」
お子様の所在安全とお手荷物にご注意。


私 「これって誘拐とかに対しての注意の意味もあるとか?」夫H 「そうだね、昔台湾は身代金誘拐がとても多かったからね。」

私 「日本でも性犯罪や変な人が増えているし、台湾も日本もどっちも危ないねえ」

こういう話でよく思い出すのが台湾のベテラン芸能人白冰冰。

3499051-1452557.jpg



彼女はかつて日本に渡り芸能界で活躍したことがある。そして有名漫画原作家の故・梶原一騎氏(タイガーマスク等)の元夫人でもある。
離婚してしまったが、彼女が台湾に戻った後も、チャンネルを変えればどこかで必ず彼女の顔が出ているほど、台湾では国民的芸能人だ。
ちなみに白冰冰の自宅はピンコママの実家から歩いて10分の所にある。
何度もでっかい豪邸の前を通った事があるので、何かと思い出してしまう芸能人。

その白冰冰には故・梶原一騎との間に娘が一人いました。

「いた」と過去形なのは訳があって、白冰冰の一人娘、曉燕さんは10年ほど前に身代金目的で誘拐され、残念な事に殺害されてしまったからなんです。

この身代金誘拐事件、犯人が人質である曉燕さんの小指を切り、白冰冰の元に送りつけると言う残忍さもさることながら、この誘拐事件でのマスコミの行き過ぎた報道もかなり問題になりました。

当時の資料によると、誘拐犯人との電話でのやり取りを台湾のマスコミが勝手に盗聴したり、更には警察が誘拐犯人を独自に追跡中のなかで、マスコミの車やテレビのヘリコプターが警察の後を追っていき、ライブで報道する行為をした為に、誘拐犯人に警察追跡の動向が知られてしまいました。
その結果、人質である曉燕さんが殺害されてしまったといいます。

白冰冰「あなた達は私を助けたいのか、それとも傷つけたいのか?」

当時の台湾マスコミは酷く責められ、その事件があってから報道の在り方を問われ始めたそうです。(今も台湾マスコミはノン・プライバシーだけど)
この頃の李総統はこういった治安問題でかなり責められたとか。悪質な事件が多発するとやはりどこの国でも国民は政府の責任を求めるものです。

夫はじめ、ピンコママ達はマスコミ陣が白冰冰の自宅に押しかける様子をリアルに見ることが出来たので、だから今でも治安には心配しているみたいです。

この身代金殺害犯人の共犯のメンバー(他は射殺)は捕まった後、
「白曉燕(殺害された娘)来了!白曉燕来了!」
と殺された娘の幽霊が来た!許してくれ!と騒ぎながら処刑を迎えたとの噂があります。


白冰冰はその後も親友に大金を騙し取られて裏切りにあったり、本当に波乱万丈の人生を歩んでいます。だからかテレビで頑張っている姿を見るとついつい応援したくなりますね。
娘を殺された母親の顔は画面では見えませんが、恨みは二度と消える事はないでしょうから。。。

わが家周辺は割りとにぎやかですが、一応郊外ということで泥棒などには、特別に気をつけている事は台北に住む方よりも多いと思います。すでにある意味日本より安全?といわれる台湾ですが、ちょとの油断がスキを作るのです。

私が台湾に来てから初めてする様になった防犯・安全対策があります。

それは車に乗っている時のこと。
夫が車から降り、私が車内に一人だけで残る場合なんですが、こんな時は必ず、ドアを内側からロックするのです。

つい数ヶ月前、こんな事件がありました。 しかも私もよく通っていた大通りで。

ある共働きの夫婦が朝車で会社に行く途中、朝ごはんを買うために車を停止したんですね。
そして夫だけが車を降り、店で朝ごはんを買いにいきました。
妻が一人で車内で待っていると、突然知らない男性が車の運転席に乗りこみ、ナイフを突きつけてその妻に金銭を要求。
ちょうど夫がフロントガラスから中の強盗が見えて、走って戻ってきたので、強盗犯は慌てて降りて逃げました・・・・・・。

いやーー軟弱な強盗で助かった・・・・^^;

これね、勝手に運転されてどこかに連れて行かれたらそれこそ一大事です。

皆さんは普段こんなことが起きるかも。。と考えたことありますか?


台湾も治安がよくなったとはいえ、時間帯や大通り関係なくこの手の犯罪がたまにあるみたい。

日本に住んでいると言えど、最近の日本はだってかなり物騒ですから、車中一人になる場合や子供がいる場合はどうぞお気を付けを。
2006.10.14 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。