FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

九份の老街からもう少し奥へ走る事15分、『金瓜石』に到着です。

見たところ、この先の道路を進んでもきっともう何もないだろうなと思うほど、金瓜石周辺には何もありません。目当ての黄金博物館に入るため、ここから先は入場料を払わなければなりません。

kisan04.jpg


中に入ると、ノスタルジックを売り物にしたレストランや小吃店が賑やかなのが見えてきます。

兼ねてから自分が行きたかった、金属鉱業会社の事務所を利用して再建された黄金博物館には、金瓜石鉱業の歴史や日本統治時代の写真などが展示されています。


01_20080331192513.jpg

kinsan05.jpg



博物館の前にあるこのガラス板には圧倒されました。^^; 何せ『金』!ですから 笑

gold!.jpg



02.jpg

18_20080331193159.jpg



写真サイズがバラバラで申し訳ないのですが、
日本統治によって金の採掘がされていた場所らしく、元祖駐在員でもある日本人が当時住んでいた平屋の家の模型も展示されていました。それぞれの階級によって住む場所も山の上へ上へと上がって行ったようです。


EPSN0009.jpg


EPSN0008.jpg



博物館の中には金で出来た装飾品や人形が沢山飾られてありました。




沢山の展示物、どれもこれもガラスをはさんでいるので只じっと眺めるしかないのですが、
唯一触り放題の展示物があります。


それは、ここの一番の目玉でもあるこの展示品。

EPSN0010.jpg



重さ220.30キロもあり、時価数億円という金塊です。

観光の皆さん、我先にと触わりまくっていましたが、中には金塊を引っかき、爪の中に砂金でも入っていないか確認する人も。^^;笑


スポンサーサイト



2006.06.02 / Top↑
137.jpg


日本人が台湾へ観光に来ると必ず訪れるという街、九份。

山の斜面に並ぶ有名な老街を歩くと、いつの間にか何処かの時代にタイムスリップしたみたい。

物凄く賑やかな、ごちゃごちゃした通りを歩いていくと、色んな店(奇妙な店もある)に出くわします。

EPSN0037.jpg


芋圓(芋の餅)に舌鼓を打ったり、お茶を飲んだり、そして帰りには臭豆腐の匂いが服に染み付いたりしますが(汗)、それはそれで楽しいのです。^^

EPSN0048.jpg


階段に沿って上へ下へと沢山続くお店と提灯もどこの国に迷い込んだかわからないような情緒があります。

EPSN0043.jpg



とにかく、至る所で臭豆腐の匂い(この辺りの下水事情にも関係があるが)が漂っています。

『うわ~~~この匂いほんとに臭くてたまらわ!><』

臭い臭いと日本人観光客の声が聞こえてきますが、私が始めて臭豆腐を食べたのはここ九份の店だったんですねえ。

始めはさすがに食べれませんでしたが、鼻つまんで食べたら美味しかったので^^;それ以来結構すすんで食べてます。豆料理は納豆でも何でも基本的に好きです。

皆さんも(お鼻つまんでレッツトライ♪)w



*写真無断転載禁止
2006.06.02 / Top↑