♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
この前台湾国民党連氏と宋氏の中国大陸訪問の際、中国政府からの「贈り物」の一つに(パンダじゃないよ)『中国大陸の人民が台湾へ自由な観光旅行ができるようにする』というのがあった。

そうすることで、お金持ち陸様の観光消費力によって、台湾は年250億台湾元もの観光収入が得られるとのこと。

しかし、民進党政権の台湾が開放できるのは一日1000人までで、観光ビザ日数は10日間のみだ。

これを聞いて、台湾側は外貨に潤って喜ぶかと思えば、その反応はまばらで

「一日1000人なんて多すぎる!」
「いや。少なすぎる・・・・」
有る人は
「台湾観光収益の助けになるのでよい」
そして
「両岸の和解のためになる」との意見もある。

しかしながら一番多かった意見は(実際台湾人みんなが口をそろえるのが)

「台湾の治安の悪化が心配」という意見だ。

日本とは状況も違うが、島国にすむ国民の不安な感情はどこも一緒なのだろう。

台北では、金持ち陸さまがこれからどんどん台湾に入ってくることを予想して既に土地やマンションの値段が軒並み上昇中だ。

確かに台湾人は中華圏の中ではマナーがよく、タンを吐く人なんてみたことがないが、
中国から陸さまが流れ込んでくると、ちょくちょく見かけるようになるのかもしれない。

ちなみに去年台湾に遊びに来た外国人観光客の国別人数の順位はというと、下記の通り。
(台湾入国管理局調べ;「apple daily」より)


日本   88万7311人 
香港   41万7087人
アメリカ  38万2822人
韓国   14万8095人
中国   12万8940人


見れば一目瞭然だが、日本からの観光客がここ数年こんなに増えたのはすごい。
スポンサーサイト
2005.05.23 / Top↑
きたきた、マンゴーの季節が。

kudamono
 


こんなに暑くなっても天気予報ではまだ『梅雨』だと言う。

しかし店先に並んだ鮮やかな果物を見ると、

梅雨や初夏なんて一瞬で通り越し、「夏だねえ~~~」と感じるのだ。


台湾の「愛文」マンゴー(一般にアップルマンゴーといわれるヘイデル種)は硬すぎず、そしてt柔らかすぎなくて、甘~~~くて酸味がないのでスッキリ!

金色に近い色のフィリピン・タイに多いイエローの大きなマンゴー(カラバオ種)もある。

こちらは赤いほうに比べて少し酸味があるが、これも美味しい!

hawai


他にもとても小さい緑のマンゴーもあるんですよ。

マンゴーは全世界で1500とか3000とか種類があると言われてるんですが、でも私はもう台湾で食べる事ができるこの二種類だけでいい。笑


台湾ではどこの家庭でも、食後に必ずといっていいほど果物がでます。

台湾人の方が、日本に観光に来た時に日本では食後に果物屋デザートがつかないので
あとで文句を言ってくる人もいます。^^;


皆さん、やはり食後はテレビを見ながら、つつくパターンが多いですね。

一昨年、初めて台湾に遊びに来て、この家で初めてご飯をご馳走になった時、ピンコママから

「食べてね~」と渡されたビックなボウル一杯の果物にびっくりしたことがあった。


(うわ~~こんな山盛りのフルーツ、きっと私やお客様が来た時だけなんだろうなあ)

と思っていたが、後になってそれが台湾の普通の食後の習慣だということがわかって二度びっくり。


今では我が家もボウル山盛りになるくらい、果物をカットして冷蔵庫にストックしています。

18.jpg



台湾人の夫は、既に習慣ついているのか果物を本当によく食べる。

パソコンしながら、テレビをみながら、何か用事しながら・・・・・・・

いつのまにか一生懸命に切ったマンゴー3個分や、りんご4個、ナシ4個があっという間に綺麗に食べられる。


もし夫がキャバクラなんぞにいったら、さぞぼったくられるに違いない。 ^^;


台湾に来たおかげで、フルーツのカットが素早く綺麗になりました。


でも、あれって無償にメンドクサイ時があるんですよね~


2005.05.22 / Top↑
国際結婚して一年も経つと、台湾の家族とテレビを見ていても、前のような違和感がなくなってくる。

段々と家族としてなじんだのか、それぞれが好きな事をしながらのんびり過ごしている。

この日記を始めた頃、潔癖症で神経質なピン子ママのやり方についていけなくて、のんびりなんていう空間なんて無かった。

当時は自分がまるで○塚音楽学校生のように見えました。苦笑 (掃除の仕方が)


でもピン子ママの手抜きも知ったり、段々生活に慣れるにつれて逆に台湾の環境下ではピン子ママのやり方のほうが断然気持ちがいいってことに気がついたのだ。


だからか、今は実家でも前とはうってかわっての変わりよう、ピンコから家事も一人でまかされるようになった。

これは良妻へと昇格か?でも、完璧に認められたからではないだろう。(実際そこまでしていない)

女性ならばわかると思うけれど、

女性同士が持ち続ける心の中の相手への不安とワダカマリやもやもやした物が、お互いの事が一つ一つクリアになるごとに段々排除されていったのかもしれない。


嫁姑問題以前に、異国同士のどうしても言葉にできない意思の不疎通さが多少は改善しただろうか。


ところで最近ブログの影響か

ピンコママってそんなに怖いの?

と友人にも聞かれることが最近多くなってきた。

私も実は自分の姑のことを特別怖い女性とは思っていない。


ただ、今まで家に来たことのある日本人(夫の友人や私の親戚)全員に

『reachia!あの姑さんとホンマにうまくやっていけるのか??』

『凄いね、あのお義母さんとうまくやるって。。。。。』


言わしめるほどの人らしい。笑


150センチ程の小柄なピンコママは、私よりも20センチも背が低いけれど、気迫オーラは私よりも2mはぐぐっと高いのだ。

人間は第一印象で決まるというが、そうしてピンコママを見たのならば、

思わず3歩退歩してしまう程度の怖さだろうか。w


そんなピン子ママから昨晩食事中に指令がでた。

ぴ 「来月オーストラリアから義弟夫婦&子供達が一時帰国するから晩御飯が一気に9人分と増える。お母さん大変なので女三人交代で作る事。私は台湾料理、reachiaは日本料理ね!義妹はオーストラリア料理だよ。」

いきなり!

ってか、オースラリア料理ってあるんかい!^^;

(義妹も普段は中華だろう。笑  )


ピ 「オーストラリアだったらスパゲティとかあるでしょーが。」(なんか間違ってないかな^^)

弟 「ええ~!スパゲティは・・ダーサオ(私)のほうが美味しいよ!」(えらいぞ弟よ)

夫 「reachiaならなんでもつくれるんじゃない?」

褒めてもらって嬉しいけど、9人分の食事って作った事ないんですけど・・・・・・。2時間かかりそうだよ。


後から夫が

 「あんな提案、母の冗談に決まってるじゃん、それにreachiaは仕事してるから無理でしょ」

というが、やっぱり嫁だし。

でも、ピン子ママみたいにあんなに一気に6菜も7菜も作れない。

何の料理が一番いいでしょうね?? 
2005.05.22 / Top↑
今日は、ガス代の申告日。


台湾ではガス代と電気代金は二ヶ月に一回請求されます。

ちなみにケーブルテレビ料金は三ヶ月に一回です。(一年、半年払いが選択可能)

毎月定期的に請求書が送られてくるのは電話代とネット回線くらいでしょうか。
あとはマンションの管理費を直に管理員へと払いに行きます。
管理費は一坪単価で計算されるので、地域によって違いますが、大体2500~3500元が多いようです。

普通に節約していれば日本よりも2~3割ほど安く暮らせるとは思いますが、年々光熱費も上がっているのでこれから先はどうなるかわかりません。

他の地域ではわかりませんが、私の住んでいるマンションはガスの数値を自己申告でエレベーター内の用紙に記入します。その後、を業者が確認しにきて各自請求書が届くシステムです。

(ってことは、お金が足り無くて虚偽報告をしても、誰にもわからなかったりして)

エレベーターにはガスメーターの他にも、管理委員から住民に向けて色々な通達事項が貼られてあるのですが、中には管理費を払わずに、未払いを溜めこんでいる人の名前がデカデカと名指しで書かれている勧告書もあります。


今住んでいるマンションは義弟の名義で購入したものなので、家賃はいらないものの、そのほかの住宅を見回すと、マンション自体が投資の一部として、賃貸に出されていたり、不動産屋などを介して更に売買を繰り返す人も多くいるので、全戸全てが分譲とは限らないんですよね。

警備員やら清掃員やらを雇うことで、最近多いプールやジム付きのマンションも立ち並ぶようになり、管理費自体も昔と比べて更にUPしているようで、購入時にはその豪華さに満足し、気づかなかったものの、実際に住み始めてみてから管理費が生活費を圧迫してしまうケースも多く聞きます。

経済的な理由なのか、たまたま溜めているだけなのか、なんらかの理由で管理費を払わずに何ヶ月も溜めている人が今日もエレベーターに張り出されているのです。


お向かいに住むアマー(婆ちゃん)は、おそらく3年近く管理費を溜めているようです。
ドアに法的措置をとるぞと、県からの勧告書をたくさん張られています。^^;

でも彼女の言い分によると、

契約の段階で、元々のその部屋の持ち主(ここのマンションのオーナーなのだ)と管理費込みで売買契約を結んだらしくて、私がまた払うのはオカシイと主張してきます。
更には住居地区会議で皆の前で、

『自分も被害者なのでもしこの場で管理費を払えというなら、ここで死ぬから!!私は心臓病なんだ!!』

という始末。

この前とうとう国の法的措置を受けて、元政府の偉い人だったアマーはブツブツ行って去っていきました。


台湾ではこういった住居(支払いの)トラブル多いですねえ。



日本人は目立つので、うちはいつも毎月一番に管理費を払いに行くようにしています。

2005.05.08 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。