♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
妹と林口の実家へ立ち寄った時、ピン子ママが

ぴ 「せっかくきているんだから、台北じゃなくて、もっと綺麗な自然の多いところへ連れて行ってあげて!」

と言ってきた。

ぴ 「たとえば・・・・花連とか!」


ええ~~~今から花連(ファーレン)はさすがに遠いよ!!^^;

(この前 岩が落ちて危険だし)


 「嫌だよ、花連に行くなら泊まりがけで、やはり二日ないと駄目だよ!」

と夫も負けじと言い返し、ピンコの意見は却下。w

そこで私が是非とも行ってみたかった、女王様の奇岩で有名な 野柳(イエリョウ)」 を提案してみたところ、天気も良かったので急遽そこにいくことに決定。イエイ♪


そんなこんなで、本日もまた台湾北東部へむけて走り出した我々。


今から行く台北県萬里郷という場所にある野柳は、海が180度見渡せ、至る所に奇岩が見られる面白い海岸なのです。



途中の車窓からも青い空と緑がかった青い海が見えて爽快感抜群。

             
08.jpg



海を見ながら野柳の観光地になっている野柳風景地区・地質公園に到着、
駐車場の近くにイルカショーかなんだかの野柳海洋世界という小さな水族館もありました。^^;

地質公園の入口近くには、台湾のお寺でもよくみかけるような物売りのおばさん達が多かったですね。オバサンを掻き分けつつ、入場料50元を支払って野柳地質公園に入場すると、沢山の韓国人ツアーと一緒でした。最近は韓国人もかなり台湾観光に来ているようです。

         
09.jpg


公園から入って100mほど歩くと、面白い景観の岩と綺麗な海が目の前に広がります^^。

          
 13.jpg

123.jpg


絨毯のような岩や、ポツポツ聳え立つ奇石の数々。それらは海水の浸食と風化、地殻変動などによる自然に出来た景色なのです。

見苦しい私のおデブな身体が見えますが、どうぞご勘弁を・・・・・苦笑


              
111.jpg



台湾のガイドブックにも必ず写真も記載されている奇岩・女王頭もありました。

意外に小さい女王だったので、拍子抜け(まるで北海道の時計塔やマレーライオンのよう^^;)したけれど、実物を見ることができて嬉しかったです。
ただ年々と風化がはげしくなり(触る人も多いので)首の部分が細くなっていっているそうで、強化のために中に芯をいれたとか入れてないとか。。。触らないように柵で囲うべきだと思うが。^^;


10.jpg




奇岩だけではなく、公園内をどんどん海側へ進んでいくと、岩と海とのコントラストが美しい絶景ポイントへ。


強風・波浪警報・台風が来ているときは、近づくと危ない場所なのですが、快晴の遠足日和の日には、海を見ながらの岩の上でゆっくりできそうですね。

(いいかどうかわからないが、実際に欧米人ファミリーもこの辺でランチしていた^^;)

              
14.jpg



この辺りの海と崖を使って、軍隊用(台湾は徴兵義務がある)の訓練に利用されていたらしく、ところどころの岩に人工的な穴や、崖の上から海までロープも掛けてありました。こんな高さで訓練するんだ・・・すごいな。


            
16.jpg


野柳までの道のりは台北からだと車の移動となりますが、「基隆」経由でバスも出ています。
最近では専用のツアーバスも出ている模様。


台湾へ訪れる日本人の皆さんには是非足を運んでもらいたい観光名所の一つです。




スポンサーサイト
2005.04.29 / Top↑
前の晩は遅かった事もあって帰ってくるなりバタンキュー。

やっぱり30すぎたら駄目ですね、体力が持たない・・・・。

でも若い妹というと、朝7時起きでも元気溌剌!さすが16歳だわ。w 


第二日目となるその日は、夫Hの運転する車で台北観光することになりました。

台北ナビで取ってきたチラシを見ながら、おしゃれな妹は
 「ここへ行きたい」と松山にある服の問屋街、五份埔(ウーフンプゥ)を指す。

なら近くのショッピングモールで食事してから廻って行こう!と内湖のショッピングモール「ミラマート」へ行きました。

待ち時間も少なかったのであまり珍しくもない観覧車へ乗り込んでしばし台北を上から見下ろす。

             07.jpg

台湾人は高いところが苦手な人が多いらしく、観覧車に入ってもほとんど動かないようだ。

私は高いところが平気なため、面白がって頂上から立って見下ろしていたら、隣のブースの家族が驚いていた。

観覧車窓から見える景色は、松山空港と高層マンション郡と向こうに101。(2007年には下が見下ろせる全面ガラスタイプの座席シートもお目見えしました^^;)

             05.jpg


このミラマートで軽く食事をすまし、(ハンバーガーを食べた)さらに「松山駅」近くの服市場・五份埔へ。

             06.jpg



実は私も初めての五份埔。

立ち並ぶあまりの店の多さにびっくりしてしまった。

服の種類は多種多様で、アメリカ・日本・台湾製アリ、お姫様系、下着屋さん、ゴスロリあり、ペット服やジーンズ、パンク系、TATOO屋。。。。。。。

至る所に様々な世代趣味対応。

商店街も結構長くて、観光していて飽きなかったな~~。

ここで私はT-シャツ、妹はキャミソールとTシャツのセット、そして明らかに偽モノのプ○マの短パンを購入していた。 w

             04.jpg



ちなみにこの付近にある、松山の「饒河街觀光夜市」はなかなか面白いらしいです。^^
2005.04.24 / Top↑
この前高校2年生の妹が5日ほど台湾に遊びに来ていました。

彼女は来台2回目。

前回は私の披露宴時に3日間ほど居ただけなので、今回は台湾を遊び倒そうという計画です。

私は妹と一緒に居れるが嬉しくて嬉しくて、山ほど写真を撮りました。


夫が仕事で不在だった1日を除いて、あとは夫・私・妹の三人でフル行動出来きたのも、夫が男ばかりの中で育ったので「妹ができた~」と私の妹をとてもかわいがってくれる為。


まず私と二人で行動した第1日目の行程・・・・・・。

少し涼しかったけれど、お天気にも恵まれ、朝からバスで桃園→台北まで腹ごなし観光へいくことにしました。

中山駅のIDEEで流行の靴を買い、DUTTYフリーでブランドものウォッチング、台北ナビへ行って、林森北路で迷って、前半だけで足が恐ろしく疲れてしまった私。

昼は妹が「小籠包が食べたい!」というので、有名店「ティンタイフォン」へ。
しかしやはり行列がすごかったので、永康路を奥にはいった場所にある「群香品」へ食べに行きました。

              kankou


ここは台湾人にも人気があるようで、ずれた時間帯のせいか、日本人は私たち2人だけ。後はみ~んな台湾人でした。こういうのっていいね!


空いていたので料理も早く、チャーハン・小籠包・白菜(漬物)・湯青菜を一気に食べて妹もお腹も大満足じゃ。


その後は「デザートは別腹~」とばかりに、観光客御用達、氷館のマンゴーカキ氷屋さんへ直行。

早速マンゴーカキ氷を注文し、マンゴーの量に妹はまた大満足。


           kankou


氷館のカキ氷が、錬乳入りの雪氷(甘い薄く刷った氷)だったら、もっと通うんだけどなあ。

カキ氷の後はベトナム料理屋さんの前で20元の葱油餅を買って、また食べる妹。
さすが高校生、食欲旺盛。

食後は市内バスで台北東区をうろうろしたが、台北のバスの運転がさすがに怖かったみたいで、

「怖いから二度と乗りたくない~><」

と言ってました。
2005.04.23 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。