♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
日本人友達のAちゃんが台湾で台湾人の彼とやっと入籍出来る事になった。

実は彼女は日本の親から台湾人と結婚するのを反対されていたのだが、日本での手続きは後ですることして、先に台湾で公証結婚を踏み切ることになったのだった。


*公証結婚とは・・・・・台湾の法的な機関のもとで行われる家族や友達を証人とした公開式の婚姻方法。大体他のカップルと一緒に団体で行われる。有る意味結婚式と婚姻届を同時にやってしまうもの。

立会人として、二人以上付き添いが必要というので、私たち夫婦も立会人として参加することになった。この形を取らなかった私にとっては「結婚したよ!」という実感がある公証結婚が少々羨ましくもある。


出席者の中には披露宴は行わないけど形だけでも・・・・というカップルや、ビザの関係で急いでいたり、年齢的に結婚式を行わないから公証だけでも等、なんらかの事情があることも多い。

夫Hは、

『こういう大事な式に参加するのだから、綺麗にしておかないとね!』

と朝9時に車を洗車屋にもって行ってから参加した。w

公証結婚の場所である桃園県桃園市内の地方法院は、陰暦の最後の縁起のいい日とあって朝からスーツ来たカップル&家族のなんと多いこと!

この時期は駆け込み結婚(新年が始まる前に結婚してしまえ!という)も多いのだ。

公証結婚って、日本の婚姻届のようなものとイメージしていたら、weddingドレスを着ているカップルも多くてびっくりしちゃった。

ちなみに友達の彼はスーツ姿で新娘Aちゃんはカクテルドレス姿だ。アップスタイルの友達はこの日はもっと可愛く見えたな。結婚するという意識が、女を可愛くさせるのか仕草もなんとなく違うように見える。^^

               44.jpg


手続きを終え、公証される会場へ移動すると、お堅いイメージの地方法院の中で、花のようにカラフルな服を着るカップル達が沢山集っていた。

噂に聞いていた、地方法院の公証場にホントにある「喜喜」のでっかいイルミネーションを真ん中に見据えながら、更に軽快な中華音楽が流れて面白い。

これから公証結婚する出席者を見回してみると、ドレス&メークばっちりのこれから披露宴直行パターンだろうと想像できる女性や、すっぴんでただ金色のドレスを着て、靴はローファーを履いていた新娘も。その隣はなんとなく訳ありな40代前後のカップルがいて、そして地味系のスーツのカップル、ジーパンの私服カップル・・・・・・とにかく皆がバラバラで服も違えど、やはり皆が同じ幸せを願っているのは間違いない。

              42.jpg




承認時間がやってきたようで、公証人の女性が壇上に立つと、中華風BGMからWEDDINGマーチに変わって鳴り響いていく。婚姻届をしたカップル達が一組づつ名前をよばれ、壇上前でずらりと並ぶのだ。

Aちゃんの番になると 「新娘は日本から来ましたよ!」と紹介されていたよ。^^;



公証人が並んだ新郎の名前を呼びながら、後ろの立会人達に紹介していき、そして新郎にお約束の台詞を告げる。


「貴方は彼女の夫になることを誓いますか?」


その後、誰よりも力強く、誰よりも大きな声で


 「願意!」 

返事していく夫達。 なんて逞しいのだ台湾男性よ!


そして次に質問は女性・新婦側へと移行していく。^^


公証人 「Aさん、あなたは中国語がわかりますか?」

Aちゃん 「少しだけ・・」

公証人 「今からここで何をするのか あなたは理解してますか?笑」

この質問の後、会場は爆笑となってしまった。^^;

前に何も知らないまま結婚させられたケースがあったのかしら。(苦笑) 

「あなたは~~誓いますか?」は日本語で質問されていたので、きっと日本人との国際結婚も多いのだろうね。

公証人がこれからの家庭、家事、愛し合うことの重要さをスピーチし、いよいよ指輪の交換と誓いのキスだ。     

               45.jpg


指輪の交換が静かに始まり、夫婦の印を薬指に受け取り公証式は幕を閉じたのだ。

Aちゃんよ、幸せになってね~~^^


午後からは雨だったが、なんだかすごくあったかい雰囲気につつまれて家に帰ることが出来た一日だった。

スポンサーサイト
2005.01.30 / Top↑
台湾はまもなく旧正月の長期休暇がやってきます。

1月25日には勤めている台湾の会社で「尾牙」と言われる台湾の忘年会がありました。

台湾の尾牙は家族も参加がOK!

しかも全員にくじ引きで商品まで当たってしまいます。初参加の私も開始直後からワクワクしていました。

会社に到着すると、皆さんが既に尾牙モードに入っており、ほとんど仕事をしていない状態。^^;

そうそう尾牙の前には忘れてはいけない、会社の皆で「拝拝(パイパイ)」の儀式があります。

台湾のそこら中で見かける儀式で、外にテーブルを置いて、果物や豚肉、魚、鶏肉や飲料、そして紙銭といわれる黄色の模造紙幣等のお供え物を並べるのです。
そして社員が各々一本ずつ線香を持ち、3礼しつつ一団となって会社の発財と繁栄を祈るのです。
台湾はこういった伝統的な儀式を非常に重んじていますね。

その後、社内にある講演ホールで社長のなが~いお話を聞き、続いて尾牙の為のプレゼントくじが配られました。もらった数字に名前を書いて、抽選されるというもの。夫婦で2枚もあるから率は少々高い?


待ちきれないのか皆が時間より早く1階のレストランへ出向いていました。

             20050125-02.jpg

既にバイキング形式の食事も出来上がって美味しそう。

さあさあカラオケと同時進行ですが(笑)尾牙の始まりです!司会者はカラオケの音響がやりにくくないのでしょうか^^;
台湾は普段は飲まない女性が多いのに、今日ばかりは無礼講~~!とばかりに皆でお酒を飲み交わしています。誰もが上機嫌で、上司の席まで出向いて、「乾杯」し一気に飲むという繰り返し。

               20050125-03.jpg


先ほどの気になる籤の結果ですが、ほしかったIH電気コンロ(panasonic)と、炊飯器(taiwan製)が当たりました。

くじ引きもヒートアップしたころ、尾牙の勢いか、社長も従業員に優しいからか、自らポケットマネーを出してきた。

最初は3000元プレゼントだったのが、従業員の『もっともっと!』コールにのせられて4000元、そして5000元、とうとう6000元になったところで、他の上司からも5000元が加わった。

「もっと!もっと!」

と酔っ払った若い子達がノリノリでコールするので、普段は節約家の副社長も参加しなきゃならんことになり、積もり積もって「合計3万元の現金プレゼント」が出来てしまいました。^^;

現金が当たった人はそりゃあ喜んでいましたよ。


初めての尾牙参加でしたが、お酒に慣れていない女性が多いこともあって台湾の忘年会のはじけっぷりは凄い。ホント楽しかった!


こんな自分でも会社の一員として認めてくれているのだから、仕事も諦めずやれるところまでやってみようと思った一日でした。
2005.01.25 / Top↑
台湾はもうすぐ旧正月。

そろそろ大掃除の時期に入っています。

お寝坊して夫Hと二人で実家へ到着すると既にお隣の親戚一家も窓を拭いている。

やばいな~出遅れたかな~とオズオズと家に入ると、既に掃除も半分終わっている。汗

ヤバッ!これでは嫁の立場がないやん~~><

と急いで二人で実家の窓と網の掃除をしました。台湾では親の家の掃除も手伝わないと駄目なのねん。

よほど後々やってくる旧正月がお目出度いのか、台湾家庭ではウキウキ気分で掃除しているように見える。

そういやテレビのCMも旧正月や掃除グッズのCMが増えました。日本の年末みたいだ。

実家の大掃除の後、気分転換にと旦那の用事で台北に行くことにした。


『reachia、晩御飯はどこにいこうか?』
『永康街・ヨンカンジエがいい!』

いつも通っているはずの永康街(マンゴーカキ氷の有名な氷館や小籠包の店が多いヨンカンジエという通り)に急に行きたくなったのだ。
師範大学の駐車場に車を停めて、そこからヨンカンジエまで歩くことにした。


大体ここを通っている時間は学校が終わってからの明るい時間帯だけ。

今回夜に初めて通ったんだけど、いつもと違った雰囲気で面白かった。

夫Hはここを初めて通るので、日本人の私がヨンカンジエを案内してあげた。笑

永康街は観光客も多い長いストリートだ。

師範大学の裏手から始まって台湾の犇めき合うマンション・アパートメントを挟みながら、沢山の店を進みテンタイフォンの大通りに出るまで続いている。

ここにくるとどこに入って食事しようかいつも迷うんだ。

その後振り出した雨が大降りになってきて、早く帰りたいという夫の意見を尊重し帰路に着く私たち。

たまには・・・・と今まで通ったことのない公園裏側のもう一つの永康街を通って帰ることにした。美術品や骨董屋さんが続き、暫く歩くと、なんだかおしゃれな店が続く台湾っぽくない通り。

小さなカフェやケーキ屋さん、イタメシ屋に、ブティック等のショップが立ち並ぶ。
永康街の外れにこんな場所があったなんて意外だ。
表側からみえる永康街が賑やかな台湾っぽい反面、こちらは静かで落ち着いた雰囲気なので『裏ヨンカン』と勝手に名づけてしまった。

               40.jpg


雨の中写真を撮ってみたけど、初めて見る人はきっと台湾とは思わないだろうな。
2005.01.21 / Top↑
台湾に来て、タイ・ベトナム料理が大好きになった。

それも、台湾にはベトナム人労働者や外籍新娘(外国から嫁を呼び寄せる)も多いせいだろう。


かねてから私がベトナム料理好きだと聞いていた友人カップルが、美味しいと評判のベトナム料理店へつれていってくれることになりました。


            y1pyfomnbSMheWHYzBvPIgPVHFRXQW-Kcz7JhZORvZzwRyeIcMkvrmunPR8tau-w-IxILqb0aLJu4w.jpg


場所は地下鉄公館駅おりてすぐ台湾大学の近くです。

実はその友人カップルも日台カップル。そろそろ国際結婚を考えていて、私達に台湾での国際結婚の手順を聞きたいとのことで食事をすることになったのだった。

私ら夫婦は日本語メインで暮らしているのですが、彼女達の場合は英語と中国語がメインのカップル。なので友人の中国語レベルも高いのだ。

時折台湾人彼から日本語もでてくるので、ああ、彼女の為に日本語を勉強しているんだなあ~とほんわかな気持ちになる。

ところでこのベトナム料理のお店、メニューも迷うほど多くて、価格もリーズナブル。

              y1pyfomnbSMheXO8pNO0vqSbTcKqTaVgWDmXbwRCfgDxluVlyWYNUe-uPi5dlqiHei8frOqlMJtVs8.jpg


野菜も新鮮だったし、とてもおいしかった!

ベトナム料理は辛くなく、どちらかといえば甘い感じ。

最後のデザートで「白玉丹」というのを頼みましたが、想像していた日本の白玉じゃなくて(そりゃそうだね) なんかナタデココ近いものかな?甘すぎず薄すぎずココナツミルクがとっても美味。


                y1pyfomnbSMheVAoGexLU-O5r79M1iz-F6QZZQsEZ6acrskgn4gdhKKw1NoUkk5YBgslckWrvF1TFM.jpg



沢山頼んで4人で800元(3000円)くらいでした。^^満足!リピート決定!

2005.01.14 / Top↑
夫Hは男三人兄弟の長男です。

従妹の中でも年齢が一番上であるので、義弟からはもちろん、従妹からもその彼も私のことを長男の嫁=大嫂と呼んでいます。

かといって、大嫂といわれていても、そんな大した事なんてしていません。申し訳ないくらいです。


本日はどうしてこのような事を話題に出すかといいますと、先日とある出来事があったからなんですね。


うちの姑、ピンコママはいわずとしれた潔癖症の超綺麗好きで有名です。笑

お皿や鍋、台所の戸棚に並ぶ物、コンロ周りをみれば一目瞭然。台湾家庭では油物が多いのですが、そんな油汚れなんて毎日マジックリン♪で、一滴も残っていません。
ほかの台湾人主婦が実家へ遊びに来る度、『なんて綺麗な台所なの!』とビックリさせていますね。


そんな綺麗な台所のある実家で食事をする時は、食後の後片付け、皿洗いはもっぱら私の仕事。
でも、厳しい姑の目が光って、

ピ  「まだ汚いよ!もっかい洗いなおし!」

と言われて一体何度洗い直したことか・・・・。それから暫く実家で嫌と言うほど念入りに皿洗いをしたにも関わらず、


「手伝います!」  と言っても何故か  「不用 (いいよ)!」

「皿洗います!」  といっても何故か  「いい!私が洗う!」



とお皿を奪うようにして言われ、ある日を境にお手伝いすらも何も出来なくなった。


(汚いと決め付けている? (- -;) )

自分なりに気をつけてしっかり洗い、掃除していたのに、あの綺麗好きなピンコママには認めてもらえなかったようです。


「ああそうだ、ママから伝言。・・・・・・怒らないでね・・・・・・reachiaの皿の洗い方が汚い!って言っといてくれって言われた。」

『はぁ~~~???  (-(ェ)-メ)』


私に面とむかって言えよピンコめ、、、、、


じゃあ、台所で二人っきりの時にちゃんと言ってくれよって!


その上、毎日実家での家事のやり取りを見ているはずの夫さえもなんのフォローもしてくれない。

それでまた喧嘩勃発。


R 「じゃあもう実家では何もしないから!言われた事外国人だけど、一生懸命やってるのに、結局人がすると嫌なんでしょう?自分がしないと気に食わないんでしょう?」

と言うと、

夫 「じゃあ今度はあの嫁何もしないね!っていわれるよ。うるさく言われてもあわせてよ!reachiaは大嫂だから家の事とかやらなくちゃいけないの!皆がreachiaを大嫂と呼ぶのはそういうわけだよ。・・・・・・聞いてなかった?こんなの知ってたら結婚しぶった・・・・・・?」

R 「聞いてないし。(きっぱり)」


大嫂(ダーサォ)という台湾家庭での長男の嫁は、いわゆる台湾家庭で一番地位が高い・大意張りできる女性という意味でも有る。

うちの旦那の家族は男ばかりなのでゆくゆくは大家族になるだろう。
その大家族のご飯を作ったり、面倒をみたりと大変な役目の方が多く、正直面倒くさい。


周りに自分の言うことを聞かせる事も多いそうなので、台湾の女性は「大嫂」になりたい人が多いというが、多分それも現代の台湾では既に時代錯誤的感覚ではないかと思う。


だから私は『大嫂』と呼ばれるのが嫌いだ。


でもうちのピンコママは大嫂ではないのに、いつでもどこでも、偉そうに取り仕切っている。

そんなのアリ?^^;
2005.01.07 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。