FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

どうしても載せたかった親友の結婚。

P1010077.jpg

式の終盤のハワイアンウェディング・ソング(素晴らしい!)で感動し、誰よりも鼻水ズルズルで泣いてしまった私。

hawai

 

神父さん(女性)の英語なまりの日本語に続く、新郎の台詞がつられて「ちか~ぃマ~ス」と英語訛りなっていてつい噴出したこともいい思い出。w

ハワイ風で!ということで、ほぼみんながハワイアンでアロハシャツで結婚式をしました。

P1010043.jpg


お堅いスーツはなし!言って見ればそうです、こ~んなに暑いハワイで、カチカチスーツ姿で紋付はかまってのもね。


このような印象的且つラフな式を提案したのが相手のご両親で、やはりというか、彼らはNYに長く住んでいた駐在員で考え方も非常にフレキシブルでステキでした。

こんな式だったからか、傍に居たアメリカ人の沢山の方に笑顔で祝福の声をかけてもらってました。


この写真を載せるとハワイ結婚式希望者が増えるかも? 

ちなみにコーディネートはワ○ベウェディングさんでした。

カメラマンの結婚写真までついてます。おこぼれをもらうように、写真をパチリ☆


hawai



本当にいい式でした・・・・^^


感動さめやらぬまま、あくる日から観光へと繰り出す我々メンバー。


第三日目となるこの日は、私の最後の滞在日でもあります。
そう、台湾では夫Hが今か今かと帰りを待っているんどえす。

その日はガイドさん(現地の方と結婚した面白い日本人のおばさん)を頼んでハワイ島一周ツアー!

メンバーは新郎新婦とそのご家族・親類、台湾から私と其の他アメリカから一名と、総勢14名。

まずはドトールが買い取ったDoutor Mauka Meadows 農園へ向かい、その後海亀のいるかもしれない黒潮海岸へ、そしてボルケーノ国立公園へいき、キラウェア火山・その後ヒロ市内を通って、パーカー牧場を通過して帰る予定です。満喫・・・・!



最初はドトールのMAUKA MEADOWSです。

28.jpg


ここの農園は見晴らしの素晴らしい位置にあり、ついこの前も日本の天皇家のどなたかも来ていたそう。そこでは、あらかじめ持ち込んだ朝食と農園のコーヒー、台湾でもまだしたことのない自分でもぎとるバナナを頂いた。

傍に咲いている花をよくみると、台湾でも見たことのある花がちらほら・・・。

ハイビスカス、プルメリアなんかは台湾でそこら中で見る。やっぱり台湾も南国の島なんだねえ。


他にもパピルスやパパイヤの木があったが、一番驚いたのはパイナップル。

パイナップルの実って大きく伸びた葉の上にチョコンと、乗っかるように実るのですねえ。

hawai


その後赤いコーヒーの実をガイドさんに紹介されて食べてみたら更にびっくり。

こんなにコーヒーの実が甘いとは知らなかった!
昔の人はどうやってあの甘い実からこんな苦いコーヒーを造り出すことを考えたんだろう。。


そういえば、ここの農園、近い将来結婚式が出来るようになるらしい。

この素晴らしい景色、日本からの予約も殺到するに違いない。

確かにこの素晴らしい園で式を挙げ皆でうっとりするのもいいが、ゆっくり海をみて テラスでコーヒーを飲み、ゆったりとすごすハワイの農園のままでもいいなあ。


      
2004.12.10 / Top↑
他の出席者の皆さんがホテルに到着されるまで4時間も時間があったので、一人でホテルを探索です。

ヒルトンワイコロニアビレッジ、こちらを利用された方はご存知だろうと思いますが、

もんのすごく広い!!

hawai

テニスコート、プライベートビーチ、プールも多数あり、イルカちゃんは14匹!

それにお部屋も趣向をこらして煉ごとにタイプが分かれており、ゴージャスさをかもしだしています。

それぞれの部屋からホテルロビーまでの所要時間は非常に長いので
モノレール若しくはボートを使って、ホテル内を移動します。

タクシー代わりに各施設の近くまで走ってくれるのです。

着いてから数時間は、たった一人だったので暇つぶしにホテル内を十数回も右往左往しました。

友達が到着したら中をすっかり案内できるまでになっていたので、収穫は大きいです。笑)

2004.12.10 / Top↑
フライトは珍しく時間通りに離陸。
見る見るうちに小さい島の台湾がもっと小さく見える。

台湾人ツアーが多いシーズンになると、結構離陸時間が遅れることが多いんだ。
遅いチェックインだと荷物が先に出てくるから、わざわざ旅行添乗員までもカウンターの前で
「皆さんもう少し遅くてもいいですよ、遅いと荷物が出てくるのが早いんです」
といっていたのを聞いたことがあるくらいだ。

そういえば日本ではチェックインは二時間前までに行っておいた方がいい、と言われるけど、台湾人の姑ピンコはいつも一時間前で十分!という。

でもさ、皆がそんなことしたら、カウンターは詰まって時間通りに飛行機も飛ばないと思うけど。汗

大きく見て中華圏では待つのが嫌いな方が多いらしく、降りてからの時間のロスが嫌なので大きなケースでも機内に持ち込むケースが多い。だから他の人の荷物が座席の上に全然入らなくて困ることもあるんだな。

そういうことはさておき、今回のフライトは成田もハワイも隣の席に誰もいなかったので、かなり快適に空の旅を楽しむことができました。
そのうえ、行きのコナ直行便はオールエコノミーらしく、ゆったりビジネスシートでハワイまで。

ご飯も案外美味しく、ベテランクルーの作った濃すぎるジントニックを飲みふ~らふ~ら。

そんな夢見ごこち気分中、飛行機の外はあっという間に空も白みだしています。

そしてだんだんと輝くばかりに青く澄んだ海と、その上にうっすらと浮かぶ島郡が視界に入ります。

hawai

ハワイだ!アロハだ!南の島だ~~~~~!!!!  (台湾もだけど^^;)


私がそう心で叫んだと同時に
「みなさ~ん。ダイアモンドヘッドが見えますよ~。」

とのアナウンスが。海と太陽の美しさに写真をパチリとする人の多いこと。
私も初心者丸出しだけど、そんなの関係ない、撮りましたよ。

そしていよいよ神々の住む国ハワイ島へ着陸体制へ。

ハワイ島は上から見ると、先ほど通ったオアフ島とは違って、ビルもなく店も少なく本当に何もない自然の島。

着陸してびっくり。噴火でできた真っ黒い大地があたり一面に広がり、遠くには気高く尖る山が。
しかも初めて機体から階段を使って外にでたので、なんだか偉い人になった気分です。
          
jet.jpg


そしてまたびっくり。

コナ空港は、ここ国際空港なの?と言ってしまいそうなくらい、地元のお土産屋さん程の超シンプルな空港だった。

入国の際、台湾から持っていったイミグレカードが日本人用のと違うというので書き直したり、入国担当に台湾に住んでいるといったら急にカタトの日本語から英語に切り替えられたり、指紋がうすくて取れないからと何度もやり直したりと、何故か時間がかかりましたが無事ハワイ州へ入国です。

荷物を受け取った後、私の名前のプレートを持って待っていたのは、事前にメールでホテルで手配したタクシードライバーの陽気なジェフさん。

taxi.jpg

蘭とプルメリアで作ったレイを首にかけられ、

「WELCOME TO HAWAI~! あろは!リーチャさ~ん!」


憧れのハワイや~~本物のハワイや~と実感ながらホテルへ向かいました。

空港からタクシーに乗って25分、『ヒルトンワイコロアビレッジホテル』へ出発です。


先に頼んでいた日本語ぺらぺらの韓国人ドライバーさんが急にこれなくなり、父親が中国人というHAWAI生まれのジェフのタクシー運転でハワイ島をひたすら走ります。

hawai


本当に道路以外なんにもないHAWAI島。

溶岩が固まって出来たという見渡す限り黒い大地の上に恋人達が記念に残していったと思われる白い珊瑚で残されたメッセージが印象的。

hawai


道路からも見える、高くそびえる山の山頂は、冬場はスキーもできる程雪が積もるらしいです。


『だからハワイ島ではサーフィン、スイミング、スキーなんでも出来るよ~』

とのこと。へええ~~。

マイクをもちつつ喋るジェフさんと、夫Hとのなれそめや台湾の世間話をしながら、まだまだ同じ美しく黒い景色の道路をぐんぐん突き進む。

レイから香る花の香りと景色で到着一時間だけしかたっていないのに、既にハワイのとりこ。やばい!


しばらくすると、どこからか♪~ホワン~ホウワン~♪とハワイアン音楽が流れ出した。

そろそろホテルに到着したの?
するといきなりドライバー席から歌声。

「♪マハロ~♪オエオエ~~~♪」

ジェフ、君が歌うのか^^;。

しかしうまい!客私一人だけの為ににジェフが歌うハワイアンソングに合わせて、車はヒルトンの門をくぐる・・。


な、なんて非現実的な世界! 

おもわずまた気持ち悪い一人でふふふ笑いが蘇る・・・・・・

台湾のことはすっかり忘れてハワイのとりこ。
そうしてエントランスに到着。タクシー代金41ドル。
観光用韓国人ドライバーだと50ドルだったので、これ無くなってよかった。
しかし分かってたけどヒルトンまでのタクシー代金は高いっ。

そしてロビーに入るとハワイアンクリスマスへ向けて飾りつけ&イベントの真っ最中。南の国でもクリスマスはやってくるのだ。

xmas01.jpg

2004.12.09 / Top↑
12月3日から学校を休んでハワイ行ってきただ!!


まだ気分はアロハオエ~~~^^♪



ではではここよりハワイ記:始まり~


当日は出発1時間半前に中正国際空港へ。

自宅からは車で20分もあれば到着するので安心。
義父の運転で無事空港へ着きました。謝謝papa!


アメリカは医療費が高いので、もしもの時の為にチェックインの前に旅行保険に入ることにして。

だって向こうでまた胃潰瘍になったら恐ろしいし・・。

ビザ居留証があれば日本人でも台湾の保険会社に入ることができ、しかも日本と比べて値段もかなり安いのなんの。

大体5日間の日程で2000万円くらいの保険が1000元にも満たなかった。

保険小姐に粗品のボールペンと飴を頂き、トランジットがあるので予め全て手続きする為早めにチェックイン。

おもむろにカウンターの女性に搭乗チケットを渡すと、その小姐

『ハワイのチケットはどこですか??』
とつっけんどんに私と義父に聞いてきた。

 「は!?ナリタ~コナって書いてあるチケットあるでしょ?(と指差す)そのコナがハワイ島のコナ空港ですけど!?」


と呆れて言うと、その私の言葉を疑ったのか内線電話で別の担当者に

『すみません、コナって、ハワイですか?』

なんてことを相手に聞いていた・・・。^^; おいおい・・・。汗 


相手の返事でやっと理解したらしく、次は

『貴方のビザはどこですか?』

と聞いてきた。w

「え?台湾のビザならここですが・・」
『これではありません、アメリカのです。無いのですか?ビザがないと貴方ハワイに入れませんよ!!』

とまたフテブテシく強く言ってきたので即座に

「え?・・・・いえね、日本人は短期ハワイ観光にビザは不要ですが?」


というと、びっくりしたようったが、納得したみたいだった。おいおい^^;

こちらの新人カウンターらしいが、とりあえずJAL系にいるんだから、それくらいは覚えてくれっていうか教えてやってくれ~~~。台湾の仕事ってのは、上のモンの研修がどうもなあ・・・。


その後、先の不安な小姐に『ナリタまでは窓際、ハワイまではトイレの為に通路側』にしてもらおうとしたが、小姐が先に勝手に窓際に登録してしまったらしく(なぜだ?)

「私はハワイまでは アイル(通路。中国語がわからない)がいいんですが・・・・換えてくれませんか?」

と英語でいうと

『アイル?ああ窓際ですね?』

とここだけ日本語で返ってきた。汗

「いいえ、ウィンドウではない方です、アイル、アィルです!アイルわかる?」

と更に押し問答していると、隣にいた台湾の先輩がやりとりを聞いていたようで、

『あんたアイルは窓際じゃないわよ!!通路のことよ!』

とその小姐が注意され小突かれていた。(ヤレヤレ)


そんなこんなで、なんとか待合室までたどり着く事が出来たのだ。ふう~~~~


待合室では一体どこにこんなにたくさんの日本人が台湾に隠れていたんだろうと思う程、たくさんの黒尽くめスーツの日本ビジネスマンがいた。
久々にこんなにスーツ姿をみたのでなんか気持ち悪くなった(笑)
そんな集団に囲まれるとなんか飲み屋のオネーチャンにでもなった気分よ。^^;

台湾人も日本行きの便では気合が入っているようで、頑張って日本人のような格好や化粧をしている。日本人ビジネスマンは日経新聞と黒かばんの組み合わせや行動が皆一緒で、それをみて 一人でふふふ と気持ち悪い笑いを浮かべながら搭乗した私であった。

2004.12.08 / Top↑
私が普段、中国語に慣れ親しもうと(旦那からも勉強しろと)使っているPCはもちろん中国語のOS。


で、キーボードもなにからなにまで中国語。まだ理解不能のキーも多々ありますよ^^;
 (しかし夫だけは日本語のPCを使ってる)

このキーボードだと、日本語はローマ字変換で難なく入力できますが、多少記号の位置が違います。

日本ではpinin入力で中国語を入れると思いますが、台湾では『ボポモフォ』といわれる発音記号を使って入力が一般的です。

その『ボポモフォ』とは、アルファベットの右横に小さく書かれてあるもの。

                    keybord


  ㄅㄆㄇㄈㄉㄊㄋㄌ・・・・・・・


カタカナを崩した暗号みたいに見える記号ですよね。^^

一応台湾用に大陸用にと打ち分け入力できるそうですが(やり方知らず)、ボポモフォで最初から勉強していたので、私はもっぱらボポモフォ打ち。

このボポモフォを組み合わせることによって中国語に変換できる仕組みです。

でも、まだ中国語ボキャブラリーも足りないのでちびっとだけしか打てませんがね・・・・^^;

記号の位置も日本規定とちょっと違うので、時々一気に早打ちしていると変な文字になることがありますね。

写真ではさほど日本と変わりないようにみえますが、日本版のように打っていくと必ず 
「あれ?なんかキモチわる~」という指の位置があり苦労しますわ。


こっちに慣れると次は日本のキーボードに戻すのが大変かも。

2004.12.01 / Top↑