FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

写真があまりに多いのでこの一週間は台中ネタで食いつなごうとしてる私・・・笑


台中ネタ、もうあとすこしだけお付き合いくださいませ。スイマセン・・

 taichu08_20080325032046.jpg


これは台中の彰化市にある民族村の写真です。

taichu10.jpg


古きよき台湾、

そして影には古き良き日本も見え隠れしている雰囲気。

山の上なので空気もとても綺麗。

ただ昔はにぎわっていたけど 最近は人足も昔よりは途絶え寂びれて 逆にそれもいい感じ。


こんな静かな所でマツダ車プリマシィ会のメンバー約800人・車450台が集まることになるとは思いもよらず。。。


日記の続きはここをクリックしてね
2004.10.20 / Top↑
taichu05.jpg
 



なんたって台湾は夜!台湾は夜からが面白いのだ! 



夜の帳もおりて、私達夫婦が訪れたのは、「逢甲大学」近くの 逢甲夜市

台中には他にも有名な夜店があるらしいけど、こちらは学校の近くなので、学生等若い子の多い夜市で期待できそう。それにかなりの人混みです。

(いえいえ、多いなんてもんじゃない。その若さに押しつぶされそうなくらいよっ ^^;)


実は病み上がりの身体だった私だが、そんなことも関わらず、無性に色んなモノが食べたくなった。


士林のように屋台と屋台の間の道端で、布の上に服をどか~~っと広げて売っている人も居らず、きちんとゴミはゴミ箱への習慣もなされていたので、思っていたよりもわりと綺麗。

ここの夜店の活気にのせられて、私も興奮したのか、近くの行列の店の前に勢いで並ぶことにした。

日記の続きはここをクリックしてね
2004.10.19 / Top↑
先週の土曜日のこと。

夫Hが「マツダ車クラブ」の友達を引き連れ、今回はリーダーになって懇親会を開くというので、それについて台中へ行ってきました。

20041017RIKA-013.jpg 



台湾は車やバイクのメーカーごとに、仲間同士が集うクラブ(車友)が沢山あり、他にもBMWの会やトヨタ系、バイクではそれぞれのメーカーにわかれて集い機種の情報交換をしあっているというわけです。

私は今回初めて台北と桃園以外の土地へ行くということで、内心ドキドキ。

正直、南へ行けば行くほど、すごい田舎になっているのかな~とおもっていましたが、全然そんなことは無く、むしろ台北より整備され綺麗な場所が多かったことに驚きました。

はじめて高速道路からみた「新竹(シンチュウ)」も、「苗栗県」も道が広くて景色も綺麗。

特に台中の橋からみえる高層ビル郡の景色は、なんだか台湾ぽくなくて、まるで淡水(台北の観光名所)のマンション郡みたい。それでも車輌や排気はまだ少ない方。

台北近郊がいかに車が多く、空気が悪いか容易に比べて見てしまうことも。

でも夫Hは、

「そういえば台北よりちびっとだけ綺麗だけど」

台湾人にしてみたら、あまり変わりはないようですわ。w


前に会った日本人の方が、

「台中はいいよ~~。きれいだしね!」

といっていた気持ちがわかった。 私は気に入ったよ台中!

ただ台湾で犯罪率が一番高いらしいですが・・・。(窃盗が多し)

夜はただ寝るだけ、、、、ということでボロッチイビジネスホテルに泊まりました。

友達の紹介なので、何も言えず・・・・ただ、駐車場がとてもいいらしいので、決めたそうです。

私達の宿泊と言うよりも、車の宿泊の為といえそう。

なにせ一泊一部屋 1500元(4550円くらい)でしたから。笑

ホテルのことはおいといて、

有名な夜市が幾つもある台中です、もちろん夜は夜市目指して散策!!



日記の続きはここをクリックしてね
2004.10.19 / Top↑
私が「災害」の中で一番嫌いなもの、それは地震だ。


今日台湾に来て初めて地震に遭ってしまった。><

学校の踊り場?で座って同級生の皆とおしゃべりをしていたら、座っているコンクリートの辺りから、まるで分厚いクッションに座っているように押し上げる感覚があったのだ。


隣にいた友達に

「・・・・あれ?・・・・もしかして地震・・・・・・?」

と顔合わせると、それはすぐに大きな横揺れの地震に変わった。


老朽化した師範大学のガタガタ揺れて鳴る窓ガラスや、普段から古かったコンクリートの壁までが剥がれ落ちてきたり。

吹き抜けのホールでは、地震をあまり経験した事がない外国人留学生達はキャーキャー怖がって叫んだりしていた。特に韓国人同級生は地震を物凄く怖がることもこの時判った。(韓国では地震がほとんどないので)


怖くて動けなかったので友達の腕を暫くつかんだまま離せない私。

下階で叫んでる欧米人の中には

「ヒュ~ヒュ~♪イエ~イ!」 と楽しんでる外国人男性も。

台湾で起こった数年前の大地震も、それほど昔でもないのに、なぜ地震を面白いと楽しむ事ができようか。 ほんと、不謹慎な白人が多いわ。

トータル何分かわからないが、結構長い間揺れていたように思う。


私は過去に阪神大震災を経験し、家も崩壊、元彼や知り合いが亡くなり、いろんな意味で人生が変わった経験がある。

地震はそれ以来忌み嫌っている経験であり、自然に涙が出てしまうほど怖いトラウマになっているのだ。

台湾では、高層マンションの窓からクーラーの室外機や植木鉢が、それはもう、沢山ひょこひょこ顔を出してるので、外で地震に出会った時の対処法も考えなくては。

いつ何時「あれ」が落ちてくるかもわからない!

普段から歩いててもクーラーの水が セミのおしっこのようにかかってくるときもあるし。 w

その後のテレビニュースで震度を確認したら マグニチュード7だった。

そんなにあったの?5くらいかと思ったのに・・・。

とりあえず市政府にある101のビルはこの地震で被害もなく、ニュースのインタビューでも「どうだ~」とばかりに誇らしげに責任者が答えていた。


ほんと、地震だけは勘弁願いたい。
2004.10.15 / Top↑
新婦の実家に到着し、中では娘さんが親とのお別れをしているのだろう、しばし待つ我々。

どうやら新婦は客家の家系らしいので、伝統的な台湾の迎娶スタイルが見れそうです。


日記の続きはここをクリックしてね
2004.10.10 / Top↑