FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

(新婚旅行で行ったオーストラリアの写真をUPしてます by夫H撮影)


外国は住んで見なければわからない。

「私は年を取ったら憧れのハワイに住みたい!」
「旅行に行ってはまったから、定年後は○○で暮らす!」

昨今、沢山の知人からこういう話を聞かされます。

たとえば私が、知人の前で「私台湾に住んでます」と言ったとしても、それらの知人からは

「へえ~~変わってるね・・・・・・」
「勇気あるね!」


ってな具合に見られる事が多いのが実情。逆に

「オーストラリア、アメリカ、いやいやヨーロッパに住んでます!」

とか言っていたら

『へえ~凄い!』 『いいなあ~~~うらやましぃ!今後絶対行くからね!』

という人が多かっただろう。

この前うちに遊びに来た義妹に、オーストラリアの生活について興味があったので色々ねほりはほりオバちゃんのように聞いてみた。

彼女はメルボルンに住んですでに4年、上の子供は去年地元の小学校に入学して、車も運転し豪州生活もかなり慣れている様子。


img_0460.jpg 

12使徒「Beyond the 12 Apostles」と呼ばれる奇岩郡。市内から車で走っても数時間かかる。目茶苦茶遠いが景色は絶品、一見の価値あり。


私からみれば、オーストラリア等英語圏に住むという事に一種の憧れもあったし、台湾のようにそうそう日本と比べながら悪い面を見る事もないのではないかと思っていた。
だけど住んでいる側からしてみれば、やはりオーストラリアでの暮らしの不満や退屈さが目についてくるよう。



img_0444.jpg

『メルボルン郊外。大きな時計台のあるどこでもある普通の街。だが町並み全てがアートのように綺麗。』



というのも、あちらでは、夕方五時になると足早に商店が閉まってしまうからだ。(ドイツも確か同じ)
メルボルンは他地域にくらべて夜でも店が開いている方だと言われるが、開店しているのはパブや24時間スーパーくらい。アジア人が「さあチェックしておいた買い物に行こう!」とワクワクして店に戻る時間帯にはシャッターが下り始めているのだ。

夜10時でも病院やレストランが開いているような台湾から来た我々には特に拍子ぬけしてしまう。

オーストラリアでは夕方以降は、なかなか開いている店がないので、仕事が終わって殆どの人が家で家族や仲間と共に飲んだり食事したりするらしい。



img_0402.jpg

メルボルン市内のビジネス街のはずれ。ビジネスマン御用達のイタリア人オーナーの店でランチ。どれこれもビックで美味。値段は都内レベルだが。




じゃあケーブルテレビで中国語チャンネルを見ている?と聞いたら、
「そのケーブルは毎月60~70ドルもするので、高くてつけてない」らしい。


PC普及率が高い割りに、回線料金はアジアのように安いくはなく、ネット環境の効率が悪いと愚痴っていた。
それに温暖化になるにつれ、40度の気温まであがるオーストラリアは節水制限が出されている。

各地域のレベルによっては、 「洗車禁止」「ホースで庭の水撒き禁止」「シャワーのみ」「バスタブ浸かり禁止」等、色々制限でてくる。私達のように水が自由に使い放題とはいかないのだ。
オーストラリアの気候や地形にもよると思いが、政府の技術力不足や過去に貯水設備の設置を怠っていたかららしいが、今となってはすでに節水する以外に術が無い状態。住民からもかなり不満が上がっている。


img_0419.jpg

展望タワーからみたメルボルン夜景郡。人もいなくてゆっくりでき、とても素敵だった。



でも生活が不便であっても、子供を育てる環境には大変向いている、と義妹は言う。
公立の小学校も他国からの移民だらけで、甥の通う学校では韓国語と日本語が第二言語らしく、選択科目に日本語も入っているみたいだ。

それに、日本や台湾のようにゲームや漫画、アニメで溢れかえっておらず、少年への誘惑度が少ない。交通も渋滞がなく、自然も良いときた。

確かに台湾や日本の子供は、お金があれば何でも手にはいるようになっている。

最近義妹の子供が

「僕ら台湾人なのになんでオーストラリアにいるの?台湾に戻らないの?いつまでここにいるの?台湾に帰らないの??」

と聞いてくる度に親として複雑に悩むそうだ。

やはり子供目線からみれば、面白いゲームや子供にも楽しい夜市、夜中まで開いているレストラン、そんな煌びやかなネオンが魅力一杯に映っているのだろうね。



img_0457.jpg
ディカプリオの「ビーチ」を思い出させるような場所。とてもいい眺め。
2007.03.23 / Top↑
hawai


残念ながら海亀をみることはならなかったですが、代わりに綺麗なビーチをゆっくり散歩し癒されました。

28-1.jpg



植物園にて洞窟にはいります。蒸し暑くどこか熱帯地方のジャングルのようです。


35-1.jpg



火山の神話について、ガイドさんが熱心に地元で伝わる民話を交えて
噴火の神秘さについて説明してくれます。島独特の民族というものは本当に興味深い。


でも火山口には喘息のためいけなかった私です。


35-2.jpg


水浴びをする無邪気なハワイの子供たちを見かけました。

やはり日本の戦争関係か、ここにも鳥居を発見。
日本の神社は台湾にもあるし、島国には多いですね。


旅の最後はガイドさんとドライバーさんと記念撮影でお別れ。


今度は必ず夫Hを連れてここに来たい!
2004.12.10 / Top↑
どうしても載せたかった親友の結婚。

P1010077.jpg

式の終盤のハワイアンウェディング・ソング(素晴らしい!)で感動し、誰よりも鼻水ズルズルで泣いてしまった私。

hawai

 

神父さん(女性)の英語なまりの日本語に続く、新郎の台詞がつられて「ちか~ぃマ~ス」と英語訛りなっていてつい噴出したこともいい思い出。w

ハワイ風で!ということで、ほぼみんながハワイアンでアロハシャツで結婚式をしました。

P1010043.jpg


お堅いスーツはなし!言って見ればそうです、こ~んなに暑いハワイで、カチカチスーツ姿で紋付はかまってのもね。


このような印象的且つラフな式を提案したのが相手のご両親で、やはりというか、彼らはNYに長く住んでいた駐在員で考え方も非常にフレキシブルでステキでした。

こんな式だったからか、傍に居たアメリカ人の沢山の方に笑顔で祝福の声をかけてもらってました。


この写真を載せるとハワイ結婚式希望者が増えるかも? 

ちなみにコーディネートはワ○ベウェディングさんでした。

カメラマンの結婚写真までついてます。おこぼれをもらうように、写真をパチリ☆


hawai



本当にいい式でした・・・・^^


感動さめやらぬまま、あくる日から観光へと繰り出す我々メンバー。


第三日目となるこの日は、私の最後の滞在日でもあります。
そう、台湾では夫Hが今か今かと帰りを待っているんどえす。

その日はガイドさん(現地の方と結婚した面白い日本人のおばさん)を頼んでハワイ島一周ツアー!

メンバーは新郎新婦とそのご家族・親類、台湾から私と其の他アメリカから一名と、総勢14名。

まずはドトールが買い取ったDoutor Mauka Meadows 農園へ向かい、その後海亀のいるかもしれない黒潮海岸へ、そしてボルケーノ国立公園へいき、キラウェア火山・その後ヒロ市内を通って、パーカー牧場を通過して帰る予定です。満喫・・・・!



最初はドトールのMAUKA MEADOWSです。

28.jpg


ここの農園は見晴らしの素晴らしい位置にあり、ついこの前も日本の天皇家のどなたかも来ていたそう。そこでは、あらかじめ持ち込んだ朝食と農園のコーヒー、台湾でもまだしたことのない自分でもぎとるバナナを頂いた。

傍に咲いている花をよくみると、台湾でも見たことのある花がちらほら・・・。

ハイビスカス、プルメリアなんかは台湾でそこら中で見る。やっぱり台湾も南国の島なんだねえ。


他にもパピルスやパパイヤの木があったが、一番驚いたのはパイナップル。

パイナップルの実って大きく伸びた葉の上にチョコンと、乗っかるように実るのですねえ。

hawai


その後赤いコーヒーの実をガイドさんに紹介されて食べてみたら更にびっくり。

こんなにコーヒーの実が甘いとは知らなかった!
昔の人はどうやってあの甘い実からこんな苦いコーヒーを造り出すことを考えたんだろう。。


そういえば、ここの農園、近い将来結婚式が出来るようになるらしい。

この素晴らしい景色、日本からの予約も殺到するに違いない。

確かにこの素晴らしい園で式を挙げ皆でうっとりするのもいいが、ゆっくり海をみて テラスでコーヒーを飲み、ゆったりとすごすハワイの農園のままでもいいなあ。


      
2004.12.10 / Top↑
他の出席者の皆さんがホテルに到着されるまで4時間も時間があったので、一人でホテルを探索です。

ヒルトンワイコロニアビレッジ、こちらを利用された方はご存知だろうと思いますが、

もんのすごく広い!!

hawai

テニスコート、プライベートビーチ、プールも多数あり、イルカちゃんは14匹!

それにお部屋も趣向をこらして煉ごとにタイプが分かれており、ゴージャスさをかもしだしています。

それぞれの部屋からホテルロビーまでの所要時間は非常に長いので
モノレール若しくはボートを使って、ホテル内を移動します。

タクシー代わりに各施設の近くまで走ってくれるのです。

着いてから数時間は、たった一人だったので暇つぶしにホテル内を十数回も右往左往しました。

友達が到着したら中をすっかり案内できるまでになっていたので、収穫は大きいです。笑)

2004.12.10 / Top↑
フライトは珍しく時間通りに離陸。
見る見るうちに小さい島の台湾がもっと小さく見える。

台湾人ツアーが多いシーズンになると、結構離陸時間が遅れることが多いんだ。
遅いチェックインだと荷物が先に出てくるから、わざわざ旅行添乗員までもカウンターの前で
「皆さんもう少し遅くてもいいですよ、遅いと荷物が出てくるのが早いんです」
といっていたのを聞いたことがあるくらいだ。

そういえば日本ではチェックインは二時間前までに行っておいた方がいい、と言われるけど、台湾人の姑ピンコはいつも一時間前で十分!という。

でもさ、皆がそんなことしたら、カウンターは詰まって時間通りに飛行機も飛ばないと思うけど。汗

大きく見て中華圏では待つのが嫌いな方が多いらしく、降りてからの時間のロスが嫌なので大きなケースでも機内に持ち込むケースが多い。だから他の人の荷物が座席の上に全然入らなくて困ることもあるんだな。

そういうことはさておき、今回のフライトは成田もハワイも隣の席に誰もいなかったので、かなり快適に空の旅を楽しむことができました。
そのうえ、行きのコナ直行便はオールエコノミーらしく、ゆったりビジネスシートでハワイまで。

ご飯も案外美味しく、ベテランクルーの作った濃すぎるジントニックを飲みふ~らふ~ら。

そんな夢見ごこち気分中、飛行機の外はあっという間に空も白みだしています。

そしてだんだんと輝くばかりに青く澄んだ海と、その上にうっすらと浮かぶ島郡が視界に入ります。

hawai

ハワイだ!アロハだ!南の島だ~~~~~!!!!  (台湾もだけど^^;)


私がそう心で叫んだと同時に
「みなさ~ん。ダイアモンドヘッドが見えますよ~。」

とのアナウンスが。海と太陽の美しさに写真をパチリとする人の多いこと。
私も初心者丸出しだけど、そんなの関係ない、撮りましたよ。

そしていよいよ神々の住む国ハワイ島へ着陸体制へ。

ハワイ島は上から見ると、先ほど通ったオアフ島とは違って、ビルもなく店も少なく本当に何もない自然の島。

着陸してびっくり。噴火でできた真っ黒い大地があたり一面に広がり、遠くには気高く尖る山が。
しかも初めて機体から階段を使って外にでたので、なんだか偉い人になった気分です。
          
jet.jpg


そしてまたびっくり。

コナ空港は、ここ国際空港なの?と言ってしまいそうなくらい、地元のお土産屋さん程の超シンプルな空港だった。

入国の際、台湾から持っていったイミグレカードが日本人用のと違うというので書き直したり、入国担当に台湾に住んでいるといったら急にカタトの日本語から英語に切り替えられたり、指紋がうすくて取れないからと何度もやり直したりと、何故か時間がかかりましたが無事ハワイ州へ入国です。

荷物を受け取った後、私の名前のプレートを持って待っていたのは、事前にメールでホテルで手配したタクシードライバーの陽気なジェフさん。

taxi.jpg

蘭とプルメリアで作ったレイを首にかけられ、

「WELCOME TO HAWAI~! あろは!リーチャさ~ん!」


憧れのハワイや~~本物のハワイや~と実感ながらホテルへ向かいました。

空港からタクシーに乗って25分、『ヒルトンワイコロアビレッジホテル』へ出発です。


先に頼んでいた日本語ぺらぺらの韓国人ドライバーさんが急にこれなくなり、父親が中国人というHAWAI生まれのジェフのタクシー運転でハワイ島をひたすら走ります。

hawai


本当に道路以外なんにもないHAWAI島。

溶岩が固まって出来たという見渡す限り黒い大地の上に恋人達が記念に残していったと思われる白い珊瑚で残されたメッセージが印象的。

hawai


道路からも見える、高くそびえる山の山頂は、冬場はスキーもできる程雪が積もるらしいです。


『だからハワイ島ではサーフィン、スイミング、スキーなんでも出来るよ~』

とのこと。へええ~~。

マイクをもちつつ喋るジェフさんと、夫Hとのなれそめや台湾の世間話をしながら、まだまだ同じ美しく黒い景色の道路をぐんぐん突き進む。

レイから香る花の香りと景色で到着一時間だけしかたっていないのに、既にハワイのとりこ。やばい!


しばらくすると、どこからか♪~ホワン~ホウワン~♪とハワイアン音楽が流れ出した。

そろそろホテルに到着したの?
するといきなりドライバー席から歌声。

「♪マハロ~♪オエオエ~~~♪」

ジェフ、君が歌うのか^^;。

しかしうまい!客私一人だけの為ににジェフが歌うハワイアンソングに合わせて、車はヒルトンの門をくぐる・・。


な、なんて非現実的な世界! 

おもわずまた気持ち悪い一人でふふふ笑いが蘇る・・・・・・

台湾のことはすっかり忘れてハワイのとりこ。
そうしてエントランスに到着。タクシー代金41ドル。
観光用韓国人ドライバーだと50ドルだったので、これ無くなってよかった。
しかし分かってたけどヒルトンまでのタクシー代金は高いっ。

そしてロビーに入るとハワイアンクリスマスへ向けて飾りつけ&イベントの真っ最中。南の国でもクリスマスはやってくるのだ。

xmas01.jpg

2004.12.09 / Top↑