♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
201308013-.jpg



(前回の続き)ミルク出産する① 


検査が終わり、手術のGOサインが出たのでミルクを抱っこしながら3階の手術室に移動した。

麻酔が効き始めたミルクの体はぐったりしはじめ、手術台で猿轡をされ手首を固定して処置体性に入った。

術部位は外からは角度の問題で外から見ることが出来ないが、
出来るだけガラス越しで処置室を見守った。

15分くらいたった頃、子宮から一匹、黒い子犬が出てきた。
思わず、夫婦二人とも「あ!」と声が出た。

こちらからも、小さな脚が動いているのが分かる。
すかさずもう一人の医師が子犬を手のひらに抱え、ガーゼの上で身体をこすって呼吸を促した。
少しでも子犬の姿が見えるようにガラスにへばり付くと、

『ぴぁ~~』(産声)

ミルクの二代目が誕生しました!(・_;)ポロリ


日記の続きはここをクリックしてね
スポンサーサイト
2013.08.13 / Top↑
三柴日誌 看板



妊娠計画から出産まで、いろいろとすったもんだがありましたが、
さすが柴犬というか、わんこ二匹は恐ろしいほど逞しい犬に成長しました。
室内犬のミルクとは違って室外で飼っているせいか、本当に自由奔放。
さすがに3匹全部一緒にお出かけするのはままならないので、遠出する際はルーティンで一匹ずつ。
忙しいけれどおかげさまで充実した柴犬ワンコ生活を送っています。
ミルクが子犬達を産んで、7月26日でちょうど一年経ちわんこ生活も随分落ち着いたので
出産から、今に至るまでの成長日誌を順に追って紹介させて頂こうと思います♪







出産日から遡ること3日前、
7月23日

医師からそろそろ出産が近いかもしれないと聞いた夫Hが、
早速大きめの段ボールを購入してミルクの巣作りを始めました。


箱1


夫Hの性格上適当は許されないらしいので、定規を使いきっちり測って空気穴の切り込みを入れ、
その他、新聞紙やら、タオル、トイレシートを中に詰めるように入れました。



日記の続きはここをクリックしてね
2013.08.10 / Top↑
皆様ご無沙汰しております。

仕事も落ち着いて、ようやくブログを見返す余裕が出ました。

休止中もブログに訪問してコメントをくださった方々、本当にありがとうございます!

また、ひ~っそり細々とですが、再開したいと思います。

どうぞ宜しくお願いします


台湾滞在9年目に入る私にとって、既に全てが普通になっており(笑)、

フレッシュな台湾ネタは、もうあまり書けそうになく・・・・

台湾での普通の生活を中心としたものになりそうです。

でも、生活を通じて見えてくる身近な台湾を楽しんでいただけたらと思います。^^



まず、ここ一年で我が家で起こった大きな出来事を報告させて頂こうかと思います。



さくら と もみじ



なんと、ミルクがママになりました!!

+2匹増えまして、我が家は柴犬3匹の多頭飼いになりました^^。


上の写真は割と最近のものですが、名前は左から「さくら」と「もみじ」と言います。

名前の由来は、ごっついシンプルで、わが家の庭に紅葉と桜が植えてあるからなんですけどね。^^;

ちなみに左のさくらはママ似。右のもみじはパパ激似です。


IMG_1458.jpg

この左のごっつい柴犬が子犬たちのパパ(ベーコン)で、

祖父は日本でチャンピオンになった柴犬の血を引いているそうですよ。

3年に渡って柴犬つながりでお付き合いをしてきた台湾の年配ご夫婦が飼っている子です。

性格はとっても甘えん坊なんですが、

唯一、オス犬に会うとめっちゃ凶暴化するのが難点かな(汗)

IMG_3242.jpg


これから、繁殖を決心するまでの気持ち、ミルクの出産、授乳期の出来事、パパ犬との確執、台湾での柴犬事情、などなど、写真と共にゆっくり綴って行きたいと思います。


死ぬほど可愛い二匹の子犬時代の写真も載せますので、お楽しみに♪






2013.06.07 / Top↑
暮れが寒かったからか、今年は特に毛がモコモコだったミルク。
(台湾北部で5°とかだった)

抜け毛も半端がなく、
毎日床ではなく、まるで毛で出来た絨毯の上を歩いてるような酷さです。

掃除しても掃除してもキリがなくて、空中を舞っている毛がひどくくしゃみも多発。

ちまちまやるより、
一気に取ってしまおうと、ごっそり取れるブラシで丹念にブラッシングしました。


DSC_3365.jpg



スゴイ量です・・・・・。

これ5分間ブラッシングだけの量ですよ。(;´Д`)


皮膚を傷つけるので何度もできないのですが、これでかなり抜け毛が減りました。


なんやミルクも涼しそうじゃないですか。(・∀・)

後は一日1~2度の軽いブラッシングでなんとかヤマは超えることが出来そうです。



DSC_3375.jpg



”以前ミルクの身体の一部だったもの”

こうしてみると、なんだか勿体なく、ちょっぴり愛おしいですね。


再利用できないかなあ? 地球に優しい計画で。

以前、犬の抜け毛を紡いでセーターにした人達の写真を見ましたが、

犬に服を着せるのではなくて、飼い主が犬の衣を纏うって感じで暖かくて素敵でした。

犬に服を着せることなく愛犬とペアルック、犬の毛でセーターを編む人々


でも柴だと紡ぐには量が少なすぎるか・・・・。
カバンとかならいけそうですが、
その集めた毛を保存しておくのも大変か。

2011.07.24 / Top↑
また人生疲れた!と思うことが出てきた。うーん、年を一つ取ると精神的にもダメージあるね。
でも頑張っていくしかないのだと自分に言い聞かせて今日もブログ更新!

taipei-kindai42.jpg


台湾のワンコ、タイワンコ。なんとわかりやすい。苦笑)

飼い犬以外にもワンコと接触しない日が無いほど、こちらは両極的意味でワンコが多い。
捨て犬や野良犬も多いという訳だけど、それと同じ分だけ「愛心」も存在する。

誰かが野良犬を去勢手術に連れていったり、
(去勢手術された野良犬は目印に片方の耳を少し切ってある)
身体や目が悪い犬を手術して治してあげてたり、その子の里親を募集していたり。

それに釣られるように、自分の中の価値観や道徳観が台湾なりに変化していったり。

ここ最近、私にも面倒を見ている野良犬がいるけども、
その話は長くなるのでまたの機会にして、

今日は台湾で出会ったワンコ達の写真が溜まっていたのでそれを綴ることにしまひょか。

日記の続きはここをクリックしてね
2011.07.19 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。