FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

この前の出来事。


ピンコママが家に訪問してきた時は、
スキをみせると部屋を見渡し彼女の『あーだこーだ講義』が開始です。

さすがに既に慣れてしまった私、

「あー、はい、はい~」

直視せずに、向こう10m先を見ながら適当に話に相槌を打っていたら、


ピ 「ねえ、リーチャ!!」


更に熱の篭もったピンコママの声が降りかかります。
日記の続きはここをクリックしてね
2010.08.09 / Top↑
以前、友達の家(日台ハーフ)に遊びに行ったときのこと。

お邪魔するとすぐにリビングの隅っこで、その家の子供がこちらに背中を向けて跪いているのが見えました。

「長男くん、何してるの?」
「パパに成績の事とかで怒られて、立たされてるの。」

どうやら子供が何か悪いことをしたときの罰のようですが、初めて目にする光景だったので
帰宅後夫に聞いみました。

『ああ、罰跪(ファーグエ)だね。僕も昔よくお母さんにさせられたよ~。』

夫は成績が良くなかったので、ピン子ママに写真下のように膝まずけと命令され、更に壁に向かいあわせになり、その体勢を3時間も強いられたとか・・・・。

3409999676_13cce33b05.jpg
(ちなみに罰跪写真がなかったので、台湾のお茶のCM画像を引っ張ってきましたww)

その上、細い棒で太ももを真っ赤になるほどバンバン叩かれ、
ホッペをぎゅうっとつねりあげられ、フルボッコ・・・。(´Д`)・・・

毎回女の子のようにワンワン泣いて
(お爺ちゃん、叔母さん、誰でもいいから早く助けにきて~!)
と心で必死に叫び、その度に叔母さんやアーコン、義父がやってきて助けてくれたそうです。

 『ま、僕は今でもあれはお母さんの虐待だと思ってるけどね。
  だからあの時は本気でお母さんを○ろしたいと思ってたよ
アハハハハ~~~

わ、笑えない・・・・・・・(´Д`)


まあ、ということで罰跪っていうのは、
言ってみれば台湾風の土下座のことで、ただ日本の土下座とは違う点は、自分の意思ではなく罰を受ける為にさせられる、膝まずいた姿勢のことを指すんですねえ。

しかし台湾の子供って親にあまり反抗しないよなあ。
偉いよね、反抗して育った私とは大違いよ。^^;


「その頃に比べたら、今のお母さんなんてキツさ半減だよ。年だしね~。」 


これって喜んでいいのか、悲しんでいいのかわからないんだけど^^;;。

しかし今の二倍のキツさなんて想像するだけで気が遠くなりそうだわ。


にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ご訪問ありがとう♪その他台湾情報はこちらにもあります

人気ブログランキングへ 応援ポチ宜しくお願いします♪




2009.06.17 / Top↑
花蓮の日記の前に、書きたいことがあったのでちょっとこちらを。


ちょっと前、こちらで景気悪化を逆手にとって、店のオーナーになる人が続出したことがありました。

台湾ってもともと国民総出で社長になりたい願望の強い国。

なので脱サラしてお店を経営するのは特別珍しいことじゃありません。

うちの近所は個人の商店が少なかったので随分賑やかになりましたよ。

ただ、フランチャイズチェーンの種類も流行りや偏りがあるのか、

同じ道のいたるところで「朝ごはん屋」が出来ていたり、「クリーニング店が並んだり、まるで台湾の宝くじやコンビニみたく、数十メートル間隔で同じ店が目につくようになりましたが、

うちの近所で『やっとパン屋ができた!』と思ったら、その店の前にあった「朝ごはん屋」が潰れてしまいました。

このように何か新しい店が出来ると、従来のバランスが崩れるのは必須。街に活気がでると、土地の値段もあがるかわりに、家賃がいきなり値上げされる事もあると聞きます。

台湾は店を出すのは簡単で誰でもできる代わり、経営を維持する事はなかなか困難だといえます。


まあ、そんなオーナーにまだ二十代の義弟もなってしまったわけなのですが、今日はそれにまつわる日記なのです。(愚痴っていった方が早いかなあ。)


日記の続きはここをクリックしてね
2009.05.22 / Top↑
mother.jpg



土曜日の夕方、家に一人でいたら玄関のチャイムが。

てっきり夫だと思い、バーンと勢いよくドアを開けると、

そこにいたのはマンションの自治会の方でした。

『母親節快楽!!はい、これ受け取ってください♪』

と写真のカーネーションをくれました。このマンションの方はほんと、イベントにマメなのですわ。


あとから夫が、

 きっとミルクのママとして・・・だね^^!母の日ありがとう!」

と言ってくれました。

各階全員に配ってるとは言え、
いつもあげる身の自分が、貰う側になれてちょっと嬉しかったです♪



母の日といえば、父の日もそうですが、
毎年台湾のテレビはプレゼントの広告やCMだらけ。
ホテルやレストランでの『母の日のお祝い会食』の予約がずらりと並んだり、祝わない人いないんじゃないのというくらい、台湾人って本当に親を大事にするんだなと非常に感心します。

でも、母の日を祝う為だけに、週末わざわざあんな遠い夫の実家に帰らなきゃいけない・・・とか、
プレゼントどうしよう!何かしないと!と圧迫された義務になってしまっているお話をたま~~に
(ええ、たまにですw)聞いてしまうと、台湾に嫁ぐのは何かとアレがあるんだなあ・・・とまた身をもって思い知らされる日でもあります。


私も以前はカバンやら日本の化粧品やら、失礼のないように若めでセレクトしていたのですが、
(以前義弟が年とっても仲良くね!と可愛い老夫婦の人形をプレゼントしたら怒って返された。)

なんとなく一昨年から手作りお菓子に移行、

去年はカーネーションのついた『ピンコママのキャラ弁』に変わりw、

今年はとうとう、

『母親節おめでとう!』の電話のみ。^^; 


これが嫁の策略なら『なんて姑不孝な嫁なんだ』と思われそうですが(苦笑)


こうなったのも義弟が現在の台湾社会の例に漏れず、
小さいながらもお店を開き、その息子のサポートにピンコママ達が忙しかったから。


私ら夫婦も友達の結婚式で遠出しなければならないのに、
朝から寝坊するわ、義弟の店に顔ださなあかんわと、朝からバタバタしっぱなし。

電話だけで丁度良かったといえば良かったです。


でも当たり前っちゃあ、当たり前なんですが、

昨日お祝い出来なかった代わりに、日を改めて母の日をお祝いすることになりました。


早速、ピンコママが気に入るようなレストラン探ししないといけないのですが、どうしようかな。

ピンコママは食べてる先から店や料理の文句いうので結構大変です。^^;




というわけで、私の姑への「マザーズデイ」はまだ終わっておりません。

とりあえずカードくらい用意しとかなきゃなあ。



にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ ご訪問ありがとう♪その他台湾情報はこちらにもあります

人気ブログランキングへ 応援ポチ宜しくお願いします♪


2009.05.11 / Top↑
連荘更新ですが、お久な姑日記です。

例のごとく今も台北まで不妊治療に通院しているのですが、
超音波・血液検査等で

『朝8時までにきてください』

と言われることが多く、夫が無理な場合は姑ピンコママに車で迎えに来てもらい(朝の6時半とか)台北まで連れて行ってもらっています。

もちろん運転はピンコママ。(私はまだまだ下手糞なので・・・)

それで前回もピンコママに迎えに来てもらい、朝早くMRT石牌駅前までたどり着きました。




日記の続きはここをクリックしてね
2009.04.18 / Top↑