♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
tomb1.gif




先週の日曜日、朝5時に起きて義父とお墓の掃除「掃墓」に出かけた。

台湾の墓と言っても、観光客が見るテレサテンのような人が眠るような管理の行き届いた墓園ではなくて、
義父の両親を始め、祖父母やその兄弟の100年以上前に作ったお墓だ。
掃墓は以前一度経験はあったけど、バラバラに点在するお墓を全部回るのは初めて。

最初に向かったのは旧台北県、新北市の五股という所にある山で、義父の父方の兄弟の墓。
通例通り、お札を敷き、ゴミを取り、真っ赤なお線香とロウソクを炊いてお参りする。

途中でいつもお墓の管理(掃除)をしているオバちゃんが近寄ってきて管理費をくれという。
叔父さんは黙って500元をわたす。こういう場所では、色んな暗黙の了解があるらしい。

次にその墓の奥さんのお墓に向かったのだけど、
やはり古くて、墓石があまりに小さいので、全然見つからない。
15分くらい延々みんなで探してようやく、
お墓の間に挟まって小さくなったその方の墓石を見つけた。

台湾がまだ日本統治下にあった頃に亡くなったので
お墓には昭和という字。
当時の墓は土葬で、今みたいな大理石ではなく、
普通の石に字を刻んで、下にレンガを詰めた簡易的な物だったようだ。
100年以上前のものは字も薄く、壊れやすいからか、お墓とは見えないものもあった。
身内のお墓の隣には、大正という字が刻まれたお墓も幾つかある。そこで大正とか昭和という字を見ると、なんだか不思議な感じがする。

その古い墓の多くは、新たに作られた墓の下へ下へと折重なるように埋められているので、
皆が通る階段の下にもきっと誰かの骨があるんだろうなと思うと、ちょっと気の毒になる。

義父の一番上の兄(叔父さん)が、身内の墓石の砂を払って、

「私は昭和2年生まれなんだよ。」

と私に台湾語で言った。でも日本語は殆どしゃべれないんだけどね。
優しい叔父さんは御年85歳だけど物凄く元気。
義父も70を過ぎているのにとっても元気で、やはり健康な血筋なんだね。

次にいった義父の父(祖父)のお墓は、静かな場所にあったのに、
よくある縦列駐車みたく、墓石の手前ギリギリまで新しい他人の墓がぐいぐいと押し迫っていた。
死んでからも隣人関係で迷惑するとはなあ。
掃除をする義父らも快く思ってなかったみたい。

最後は遠く離れた中和市に移動し、義父の母親のお墓の掃除。
中和にあるその墓山は、あまり有名でもないし古いからか、かなり寂れている。
さすがの私も吃驚するほどに荒れていて、
なんというか、その様子にとにかくカルチャーショックを受けたのは確か。
他人の墓をかき分け、足で墓石を踏まないと上に行けない。
野良犬まで溜まっていて、時折滑る急斜面を延々と登って頂上付近の祖母のお墓に辿りついた。

体中、もう汗がだらっだら。

そこで目の前にあったのは、木の根っこや雑草、枝から伸びた蔓が墓の中までぐっさりと伸びたお墓。

台湾の墓事情を知らない人が見たら、
きっと身寄りのない人の墓なのね、と思うかもしれない。

台湾の墓に対する概念は日本とはちょっと違うので、
日本のように普段から墓を綺麗にして数回墓参りすることはあまりないようだ。
たいていは清明節などの墓掃除の時だけ、こうして来る人が多いみたい。

義父でさえ、「墓の掃除は三代まででいいよ。」というので、
多分、ほったらかしにされている墓は意外に多いと思う。
私だったらきっと子孫の枕元に墓参りに来い!と化けて出るに違いないね。しつこい性格だから。

うちの綺麗好きなピン子ママのお墓があったとしても、
3ヶ月に一回はお墓のチェック行かないと「ちゃんと掃除しなさいよ!」と
私の枕元に化けて出てると思う。笑
嫁姑が二人も化けて出る家なんて、ちょっと難儀だけどねえ。

さてさて、
その義父の母のお墓、墓石が見えないほど蔓が凄かったので
私も一生懸命に持ち寄ったクワで黙々と掃除を手伝った。
大きな木の枝も絡まないように切り落とし、
最後に、薄く消えかかっていた墓石の名前を、義父が塗料でなぞりなおして掃除は終了。
結局掃除には1時間かかったのだけど、なんかイイことをしたようで気持よかったな。

『まさに「掃墓」なんだなあ』

全てのお墓参りが終わって時計を見ると昼の1時。6時間も掃除してたのね。

お墓に行ったからではないけど、
近頃は震災のこともあって「死」について考えることが多くなった。

どこで最後を迎えることになってもいいように、色々準備はしているけれど、
お墓については、まだ決めかねている。
墓のことは、随分前に夫と話し合いをしたことがあって、普段は
「死んだら人間は、どこに墓があろうが関係ない」と言ってる夫が、

「やっぱり死んでからもひとりぼっちになるのは嫌だな・・・」

とポツリと言ったのを聞いてから、そろそろどうしようかなと考えてる。
子どもがいない夫婦は、覚えてくれる人やお参りしてくれる人が極端に減るからね・・。

昔は、夫婦別々でお墓を作っていたけれど、
台湾はもう夫婦一緒、または何代も子孫が入れる大きなお墓が主流みたいだ。
私達のお墓は、台湾か日本かになるかはまだわからない。

「どこでも絶対に夫婦で一緒のお墓に入ろうな。」

夫の祖先の墓前で二人で約束してからそこを後にした。
日台夫婦でたまに聴くのは、どちらかの骨だけ移動されちゃうことがあるということなんだけど、
そんなことがないようにしとかないと。

墓参りの帰りに飲んだキンキンに冷えた台湾ビール、最高に旨かったなあ。
格別でしたわ、うん。
スポンサーサイト
2011.04.14 / Top↑
HANA01.jpg

この前ピンコママにもらった桃の花(だと思う)。
花瓶の中で元気良く立っているのは、台湾で今の時期やたらめったら切られ売られているその桃。
我が家はまともな花瓶がないので実家からホコリ被ったものを頂戴し、
付け焼刃的に作ったお飾りだけど、なんとか旧正月ぽくみえるね。
とりあえず真っ赤だったらいいんだわ、あとキンキラキン。


でもこれだけじゃあ寂しかったので、後で花屋に行って

「地味な感じのはないですか?」

って小姐に言ったら、ギンギララメ&松ぼっくり付ど派手な赤枝を渡された。確かに中でも割とましな方だったんだよ。

この時期、台湾にシンプルという文字は存在しないのだね。笑
横で花屋のおばあちゃんが台湾語でこれがいい!みたいなことをしきりに言うので
釣られて黄色い花がついた枝まで買ってしまった。

感覚も組み合わせもなんだか微妙だけど、ま、いいや。
家にはお花の先生なんてこないのだから。
(生け花やってる人はいるけど)

最後に、この後ろにめでたい字が書かれた真っ赤な紙を貼ってここは終了。
派手さが許せなくても、深く考えない、考えない。笑

ちなみに、玄関の横にあるこのスペースを中国語で【内明堂】と呼びます。
風水的に非常に重要な位置で、
これがなかったり、位置が悪かったりすると運に影響するらしいです。
日本で言うと、下駄箱の上とか、玄関入ってすぐ置物を置いてるスペースでいいのかな。

その内明堂、常に綺麗に、明るくさっぱりとしておくのが重要みたいで
関係ない荷物やカバンなどを載せては駄目なそうな。
その家の人にあった水晶とかベストらしいけど、水晶はいくらなんでも値段が高いよね。
うちなんて、昨日までここにヘルメット置いてたんだから、これだけでもまだマシなもんだ。

TUNODARU.jpg

そして次の写真。

去年義父がニコニコしながら箱を抱えて、色々くれたものの中に、この角樽があった。
その昔、日本で購入したらしい。
一升=一生幸せ、半升=商売繁盛と言われる祝い酒の樽。

義父「嫁が日本人だから、これはこの家に合うよね!」

とても有難い反面、頂くのが申し訳なくて、旧正月に飾ろうかと義父に言っていた。

やたら重いので、中を見たらなんと、まだ日本酒が入ってるではないか!
おそる、おそる、瓶を傾けると


珈琲色になったアルコール臭い液体がジョロロRR・・・・。


かろうじてお酒だった頃の匂いがある程度までグレードが下がっていた。
もちろん捨てて綺麗に洗ったけど、
開封したまま数年も放置してたとはなあ。笑

とまあ、こんな感じで台湾新年の準備をしています。

今年はオーストラリアから帰ってきた叔母さん夫婦を筆頭に、
またピンコママの兄弟姉妹達がどんどん家に遊びにやってくる。
(なんか、我が家 親戚の子ども達に大人気らしい)

新年の来客時は、割といいお茶、お菓子&飴たっくさん、乾き物系や果物など置いておくのが常識のようで
茶葉とか茶杯など、色々とピンコママに譲ってもらった。

ちょっと大変だけど、毎年慣れるに連れてそのしんどさが減少してきたのも事実。
手を抜くところは抜いて、やるところはしっかりやってればいい、
そんな感じでリラックスしながら、台湾生活も旧暦新年を迎えると7年目。

このブログも始めてから6年が経過することになるんですね、
時間は早いなあ。

2011.01.31 / Top↑
庭の芝刈り後、芝生に水をやっていたら、ふと視界横で気配あり。


気配の箇所を、よーく見てみたら、もそもそ壁に動くもの発見。

ん??

「なっ、なんだこの虫は???!!!」


(虫が大丈夫な人だけクリック!)
日記の続きはここをクリックしてね
2010.09.15 / Top↑
ただ今、ゴッチャゴチャのグッタグッタで鳩ポッポです。
どういう意味かと申しますと、

家の中は梱包作業でぐちゃぐちゃ、
ミルクは発情が始まり、家中おしるしだらけで汚いのに掃除が出来ない。
ギリギリになって新居に問題を見つけてしまい、この段階で引越しが延期(汗)
そうかと思ったら、前にした仕事の駄目だしなど一気に事が集まり、
日本の誰かさんみたくアップアップしています。

そんなしっちゃかめっちゃかの中でも、
これブログに書きたいな~と思った内容は日々メモっているんですが、
今月も幾つかありました。


例えば随分前の母の日。

今年はピンコママに食事をご馳走することになっていたのですが、
新居のこともあるし、やはりちゃんとしたプレゼントを用意した方が受けがいいと思い、
ブランド物のシャツを購入しプレゼントすることにしました。

某デパートで台湾女性の好きそうなピンク色のシャツ
結構なお値段まで下がっていたのを目ざとく見つけた私は迷わず即買い。
しかし母の日用にと小姐に綺麗に包んでもらう段階になって、
まだシャツに値札が付いていることに気がついたのです。

定価どころか、セール価格までご丁寧に貼ってくれいます

私「あのー小姐、この値札とってくれませんか?」
小「え?値札取るの??どうして?!」


私「(どうしてと言われても^^;)だって値段がわかると、気まずいから・・・・」
「???逆に値段が分かった方がいいじゃないの

私「いや・・、^^;分からない方が都合がいいんですよ・・。」
小「だってプレゼントでしょ、なお更値段が見える方が相手も高いものだって喜ぶじゃないー。」


喜ぶ?いや値段がわかったら、なお更「無駄使いすんな(゜Д゜)ゴルァ 」
って怒るそれがピンコママ。^^;

っていうか、プレゼントって大体値札を隠すのが常じゃなかった

台湾友達から今まで値段の付いたものを頂いたことがないので、
個人の価値観ってことなのかしら。でも日系デパートなのにぃ^^;。

小姐に姑の性格を言うとひどく納得して、はさみでバシっと値札タグを切ってくれましたが、
値札を取る取らないの小さな事で、それぞれの価値観が見えてくる・・・・
久しぶりにそんなカルチャーショックをプチっと感じた一件でした。



ところで気になるピンコママのプレゼント反応ですが、


●渡す前

ピ「あ、reachia、帰ってきたの。・・・・・・・(`-_ゝ-) 。」
 
・・・シーーーーーン・・・・・

いつも変わらない雰囲気だったのが(苦笑)


●プレゼント渡した直後 


「え!ご飯ご馳走してくれる以外に、プレゼントも!!(・∀・ )ワクワク


●中身をあけて・・・

「おやまあ!!。+゚(*´∀`*)。+これ私の好きな色よ~!ありがとう~~」


値段も聞かれなかったし、(←これ重要)
それはもう、と~っても喜んでもらえました。やはり台湾でピンクははずれなし!


でもその後、一番下の弟を捕まえて一言、

「アナタの兄さんはこんなに良くしてくれたよ!・・・で、あんたは?」

これが無かったらよかったのに。^^;
姑らしいっちゃ、らしいけど。

2010.05.20 / Top↑
最近見た台湾ドラマのこと。

非常~~~~にシリアスな場面にも関わらず、
思わず お腹抱えて大笑いしたシーンがありまして。

台湾語ドラマって時々、オーバーだったり、そのシーンのあとで、そうくるか?!と突っ込む展開が多いんですが、これは今まで見た中でダントツかも。

問題のシーンは民視テレビの台湾語ドラマ『夜市人生』からなんですが、
日本の動画サイトでも話題になってました

悪い意味じゃなく「台湾面白い~!」といういい意味でですが。

とりあえず、百聞は一見にしかず、まずは見てください。↓↓↓↓↓↓




マイコーよ、どこまで飛んでいく..・・・。^^;

台湾人の方がこれを面白く編集し、
日本のニコ○コ動画に投稿して火がついたみたいです。



その後、更にトリビアと一緒に合わせて編集されてますね・・・。
(シリアスなのに大笑いしてしまいました)


ちなみにびゅ~~んと飛ばされている役者さん、

前の台湾ドラマ「娘家」でも殺される役でした・・・(´・д・`)o。

ほんまにお疲れ様です・・・。でもこれをきっかけに知名度アップに繋がったりしてね。^^;

2010.03.20 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。