FC2ブログ

♦♦♦♦♦♦♦♦♦ 国際結婚で台湾在住、柴犬3匹との台湾生活を綴っています。あっという間に台湾11年。  ♦♦♦♦♦♦♦

寒さも本番、道路はますます雪や凍結で渋滞しやすくなりがちですね。
また天候悪以外に、冬眠できず食物不足で出てきた動物との接触が原因の事故もあるかもしれません。

ずっと前、山から高速道路に間違って降りてしまった鹿の接触事故を見たことがあります。
あれは悲惨でしたわ。道路がまっかに染まって・・・。
大きいから、処理が必要だけど、小動物などになると、轢かれたままでも多少は影響しないので
実際はもっと沢山の動物が事故で死んでいるのかな・・・。

ここ台湾でも、特に山間部は小動物がゴロゴロ。うちの近所や台北市内でさえ野生リスがいるしね。

南国なので冬も暖かで湿度も高く、きっと小動物が住みやすいのね。

あるニュースによると、中部にある嘉義県の高速道路では、
食物をとりにいくため、高速を挟んだ向こう側へと山越えする小動物が後を絶たず、
毎日沢山の小動物が事故に遭って死んでいたようです。

この辺りで特に多いのが、白鼻心(ハクビシン)と穿山甲(センザンコウ)ということですが、


ハクビシンはどんな動物かというと、
SARSの時に大騒ぎになったあれ

疑惑だけで中国で大虐殺されたが、実はSARSとは関係なかった?といわれる可哀想な小動物。 

ハクビシン

1_cute8.jpg
可愛いですよ~。


一方、センザンコウは、アルマジロやアリクイと風貌は似ていますが、
全く別のもののようです。

名前を聞いただけでは思い浮かばないので、画像を探してきましたが
どんな風貌かというと、


センザンコウ

Img222267073.jpg

なんか怖いのか、可愛いのか微妙w

しかし後ろの子供はかなりの可愛さですね。

触ってみたくなる背中をしていますが、ウロコはブレードのように鋭いらしいです。
そういえば、楳図かずお氏の蛇女もこんなウロコしてましたね。懐かしい。笑
この他にも野兎、アライグマ、リス等など・・・・。

長距離の高速や新幹線が開通し、台湾がどんどん便利になるにつれ、
従来の土地に生息するこれらの小動物は生き難い時代に突入しており、
車両との接触事故も激増し、この高速道路の下で動物専用道路が作られたのです。

20110115.jpg

台湾は陽明山などの国家公園に猿専用の道路があるとは聞いていましたが、高速道路の下に作られた地下道はこれが初めてみたいですよ。ちょっと意外でした。
(前見た日本の動物用トンネルと似ていたので日本が関与しているのかな?)

生態を観察するためか、中に赤外線カメラを設置しているので、何が通ったのか分かるようになっています。

20110119.jpg
二匹でじゃれて遊ぶハクビシン。

20110117.jpg
何もなかったように普通に通り過ぎる猫。

動物達、適応が早いね。見習いたいわ。笑

当初予想していたセンザンコウやハクビシン以外にも、野良猫や犬、こうもりや蛇までも利用しているようで、
こういった動物の特性を利用した、賢い共存方法だと思います。

この地下道路を設置して一年が経つそうですが、ハクビシンなどの小動物の事故死亡率が25%に減

生態は一度壊れると中々もとには戻りません。
台湾料理や果物だけがもてはやされる台湾ですが、こういった小動物や珍しい昆虫、野鳥も多いので、
インフラ強化は大事だけど、こういった整備もどんどん考えていってほしいですね。


2011.01.11 / Top↑
拾金不昧という台湾の言い回しがあります。

拾金=金銭・物品を拾う
昧 =隠す 隠蔽する

つまり「何か物品を拾っても自分のものにしない」って当たり前のことです。
でも、この厳しい世の中、出来ない人もやっぱり増えてるんですよね。

つい先週、台湾の世論を賑わせた事件がありました。ことの始まりはその「拾金・落し物」です。

まずはこちらの動画をご覧下さい。(CGの表情がすっごく偏見に満ちてますけど)





日記の続きはここをクリックしてね
2010.12.23 / Top↑
日本国内のデパートの売り上げ低迷が続く中、
台湾では、国内18店舗もある三越や、SOGO(実質ライセンスのみ使用)が
毎年これでもかというほどのセールを行いにぎわっています。
その中でも三越は、この前の周年セールで

100億元を超える業績(約300億円)を記録したそうです。
島国台湾の消費力、凄いものがあります。

そんな日系デパートの売り上げ競争が激しい台湾で、
数年前から待ちに待たされ、
ユニクロ効果もあって半ば鳴り物入り状態でオープンしたのが統一阪急。

2364967079.jpg
~オープンセレモニー時の様子~


高雄の阪急には一度行ったことがあり、結構値段も高くて客入りも少ないと思っていましたが
さすが台北人というか、オープン当初はユニクロに行列が出来て入場2時間待ちだったりと、
何処もかしこも人人人だらけで本当に凄かったです。
しかもオープンに並んだユニクロ行列は6800人

私なんて見ただけでもう入る気力をなくしましたから。

その統一阪急が開幕して一ヶ月経ちますが、阪急デパートの売り上げ業績が
当初の業績目標だった7億元をゆうに超えた10億元を突破したようです。

ちなみにこの統一阪急、台湾ユニクロの当月の営利は2億元越え。
台湾も例年に比べて早く寒くなったので、バイク乗りも多いし
ユニクロのフリースやヒートテック系、ダウンなどこれから更に人気がでそう。
ウホウホだね。

以前テレビで建築家の安藤忠雄さんが
「景気が悪い悪いってみないってるけどな、景気が悪いところがあれば、世界のどこかには景気のいい場所は必ずある。 そこへいったらいいんや!」
と言ってたのを思い出します。
台湾は決して景気がいいとは言えませんが、
よりワイドに、そしてもっと単純に考えろという事なのかもしれません。

私も景気がよければ阪急で思い切り買い物したいわ。w


ところで話は飛びますが、
安藤忠雄さんの設計した家、いいですよねえ。
最終的にはああいう家に住むのが夫婦の夢です。


2010.11.04 / Top↑
DSC_1488.jpg

DSC_14119.jpg
 



虎頭山の麓にひっそりとたたずむ「桃園県忠烈祠」
意外とそれほど広く知られてないようで、いつ行っても人もあまり居らず静かです。
周囲もちょっと辺鄙。

私は5年前に一度友達とここを訪れたっきりで、いつも素通りをしていました。
というのも、あの時は帰りの道路で友達のバイクのホイールが突然外れ、
あとちょっとで事故りそうになったから・・・^^;(今でも謎)

夫は初めてくるようで、二人して正面の長い階段をハアハア言いながら登りました。
ミルクだけは新しい匂いをかぎたいのか、元気に駆け上がります、ああ四本足が羨ましい。

金瓜山の神社にしても、宜蘭の神社跡にしても、神社跡地ってのは階段がやたら長いんですよね。
こういう階段を登っていると、毎回正月に参拝に行く地元のお寺を思い出します。


台湾には統治時代に200あまりもの日本の神社が作られていたのですが、1972年の国交断絶後に殆どの神社は撤去され、今もこうして残っているのは僅か。
日本に関わる意識を取り除き、「神社」から「忠烈祠」と敬称を変えた後も、一度1985年に政府から撤去されそうになったのですが、地元住民と歴史文化保存に関わる団体から猛烈な抗議をうけています。再度建築および芸術的価値を考慮して、腐敗部分に修復の手を加えて今に至ります。

日記の続きはここをクリックしてね
2009.11.16 / Top↑
mirumirumitiru.jpg

ひさびさのお外で満面の笑みのミルたん。

9月中旬から、みるくの頭に小さい禿げが出来まして・・・。
それがどんどん大きくなって、一円玉の大きさになった所でようやく治る兆しが見えました。
上の写真ではうまく加工して消しましたが、実際は結構目立ちます。

湿気も一因と言われたので、太陽に当てて乾燥すべく公園まで出てきました。

公園といっても、歩いて2分の場所にある近所の小さな公園ではなくて、
桃園県の虎頭山という山があるんですが、そのテッペンにある桃園を見渡せる景観公園。

夜は夜景が綺麗なので若いカップルが多いんですが、
早い時間だとワンコ連れか子供連れしかいないので爽やか。

日記の続きはここをクリックしてね
2009.11.10 / Top↑